真山仁/小説家の妻や家族は?評判や経歴も!

スポンサーリンク

今回の記事では「ハゲタカ」シリーズを執筆した小説家の真山仁氏について記事をまとめていこうと思います。

真山仁氏の

・経歴
・学歴
・年収
・家族

などについて記事をまとめていきます。

真山仁の経歴や学歴は?

真山仁氏の経歴や学歴についてまとめていきます。

真山仁の経歴は?

名前 真山仁(まやまじん)
生年月日 1962年7月4日
身長 不明
出身地 大阪府堺市
最終学歴 同志社大学法学部政治学科卒業
職業 小説家

真山仁氏は、1962年7月4日に大阪府堺市に生まれ幼少期を過ごし、その後、新金岡で生活していました。

小学校の頃から学校で納得いかないルールがあると、教師に意見することがありました。

幼い頃から、意志が強く、問題意識の高い子どもだったようです。

小学校の時には、世の中を変えるためにどんな職業が良いか考え、小説家になることを決意しました。

小説家になりたいと思うのではなく、小説家になる決めていたそうです。

非常に強い意志を感じますね。

桃山学院高等学校に進学し、小説を読み漁り、ポリティカル・フィクションというジャンルの小説を書きたいと思うようになりました。

ポリティカル・フィクションとは、ストーリーを通して政治的な表現をする小説です。

1987年に中部読売新聞(後の読売新聞中部支社)に入社
し、新聞記者をして経験を積みました。

1989年に中部読売新聞を退職
し、1991年フリーライターに転身しました。

2004年に「連鎖破綻 ダブルギアリング」を出版し小説家デビューしています。

代表作の「ハゲタカ」シリーズは、NHKでドラマ化もされている話題作です。

真山仁氏 ツイッター

真山仁の本名は?

真山仁氏は、本名で活動されているようです。

2003年頃のペンネームは「香住 究(かずみ きわむ)」でした。

デビューした年の2004年から、本名の「真山仁」として執筆しているようです。

真山仁の学歴は?

真山仁氏の学歴ですが、桃山学院高等学校卒、同志社大学法学部政治学科卒になります。

真山仁の出身高校は?

真山仁の出身高校は、桃山学院高等学校です。

桃山学院高等学校は、1884年設立の大阪府にあるキリスト教主義の学校です。

「自由と愛の精神」のもと教育が行われて、互いを尊重し、社会貢献できる人材育成を目指しています。

ICT教育の他に、いのちの教育も取り入れています。

参考:桃山学院高等学校 ホームページ

真山仁の出身大学は?

真山仁の出身大学は、同志社大学です。

同志社大学は、1875年設立の京都府にあるキリスト教主義の学校です。

キリスト教の考えから、「良心」を大切にした教育がされています。

行動力のある人材育成のため、対面形式の授業も重視されています。

参考:同志社大学 ホームページ

スポンサーリンク

真山仁の仕事は?

真山仁氏は、経済小説を執筆している小説家です。

 

真山仁氏の小説で特に有名なのが、経済小説の「ハゲタカ」シリーズです。

2004年にダイヤモンド社で「ハゲタカ」が出版され、その後、人気が出てシリーズ化されています。

バブル崩壊後の日本が舞台となっていて、ハゲタカファンドについて書かれた小説です。

2007年には、NHKで「ハゲタカ」がドラマ化されています。

2009年には、「レッドゾーン」が映画化されています。

真山仁氏は東日本大震災を経験し、死を覚悟した事をきっかけに、2015年に「雨に泣いている」を出版しました。

真山仁氏は、小説を通じで経済問題を読者に伝えているようです。

真山仁の家族は?

真山仁氏の家族に関する情報は見当たりませんでした。

家族に関する情報は公表していないようですので、がいるのかわかりませんでした。

真山仁氏は、50代ですので結婚しいてがいる可能性がありそうです。

スポンサーリンク

真山仁の年収や月収は?

真山仁氏の年収は、およそ5,000〜6,000万円と予想しました。

有名小説家の年収は、600〜1,000万円ほどのようです。

日本でトップクラスの小説家だと、数十億円稼いでいる人もいますので、年収の幅はかなり広いようです。

真山仁氏の小説は、ドラマ化・映画化もされていて話題になっていますので、年収はおよそ5,000〜6,000万円と予想しました。

参考:新人小説家や売れっ子の平均年収|漫画家の年収の方が高い?

真山仁の評判は?

真山仁氏は、小説家として実力が高いと評判です。

読者の声としては、

「ハゲタカがおすすめ」
「面白い!」
「読み出すと止まらない!」

などのレビューが多かったです。

 

作品の中で人気があるのは以下の通りです。

1位 ハゲタカ(講談社文庫)
2位 ハゲタカ2(講談社文庫)
3位 レッドゾーン(講談社文庫)

1番評価の高い作品は、「ハゲタカ」でした。

やはりハゲタカシリーズは、代表作であり人気があるようですね。

参考:真山仁のおすすめ本 ランキング一覧

まとめ

今回の記事では、真山仁氏について記事をまとめてみました。

真山仁氏は経済小説を通して、社会問題を訴えているようです。

より多くの人々に、作品が読まれると良いですね。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
人物
選挙立候補者研究所