松崎晃治/小浜市長選挙の経歴や家族は?年収についても!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

任期満了に伴う小浜市市長選挙が7月19日に開催されます。

投票日1週間前の7月12日が告示日になりますが、今のところ現職で4期目を目指す松崎晃治さんのみが出馬を表明している状況です。

このまま他に立候補者がいなければ、無投票で松崎晃治さんの市長就任が決まります。

松崎晃治さんは、初当選から3期目まで、なんと全て無投票で市長に就任しています。

今回は、そんな松崎晃治さんについて書いてみたいと思います。

松崎晃治さんの

・経歴
・家族
・年収など

について記事をまとめてみたいと思います。

 
 

スポンサーリンク

松崎晃治/小浜市市長選挙の経歴は?

小浜市長選挙候補の松崎晃治さんの経歴は以下の通りです。

名前:松崎 晃治(まつざき こうじ)
 生年月日:1958年1月22日
  出身地:小浜市
  出身校:鳴門教育大学大学院学校教育研究科
   趣味:バレーボール

バレーボールについては、高校大学時代に部活で頑張っていたようで国体の代表選手になるなど、かなり真剣に取り組んでいたようです。

大学卒業後、小中学校の教諭をしながら鳴門教育大学の大学院を修了し、修了後は福井県教育研究所に勤務しました。

その後、福井県の県会議員に当選(この時は自民党に所属していました)、県議を4期務めたあと、無所属で市長に立候補。

無投票での当選をはたし、その後3期市長を務めあげ現在に至ります。

 
 

松崎晃治/小浜市長選挙の家族は?

奥さん 息子さんが2人いるようです。次男の雄城さんが、県議会議員選挙に立候補する事がニュースになっていましたのでお兄さんもいる、という事でしょう。

松崎晃治さんは、お父さんも政治家だったようなので、松崎晃治さん雄城さんがそれぞれ当選すれば、親子3代政治家、ということになりますね。

松崎晃治/小浜市市長選挙の年収は?

給与 850,000円(月収)×12ヶ月=10,200,000円

賞与 850,000円 × 3.25ヶ月分×1.65=2,762,500円

合計額 12,962,500円が年収となります。

ちなみに退職金は、任期ごとに 1836万円だそうです。

まとめ

松崎晃治さんが市長を務める小浜市は、非常にバランスの難しい市のような気がします。

原発もありますから、松崎晃治さんは、原子力特別委員会の委員長も務めています。

北朝鮮の拉致被害を受けて日本に帰国した方々も小浜市に住んでいます。

他方、「市長サンタ」として毎年どこかの保育園1つを選んでサンタに扮して登場したり、上方落語協会と提携し、落語を軸とした地域振興をはかる協定を結んだり、なかなかユニークな所もあります。

市民の為に力を尽くして3期、1度も選挙時に対立候補が現れたことがない、という事自体はあまり良いこととは言えませんが、工夫を凝らして市に貢献している姿を市民の皆さんはきっとわかっているのでしょう。

対立候補が現れるのか、選挙の結果に注目です。

市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所