松本哲治/浦添市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う岐阜県知事選挙(2021年1月31日告示、2月7日投開票)に現職の松本哲治氏が3期目を目指して立候補する意向を表明されましたので松本氏に関する情報をまとめています。

松本哲治氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。
 
 

スポンサーリンク

松本哲治/浦添市長選挙の経歴は?

名前:松本 哲治(まつもと てつじ)
生年月日:1967年10月19日
出身地:浦添市宮城
出身校:カリフォルニア大学バークレー校卒業
趣味:野球、トライアスロン

 

琉球大学法文学部を卒業後、東京で英国系金融コンサルティング会社に勤務したのち、1996年にカリフォルニア大学バークレー校修士課程を修了し、社会福祉学の修士号を取得。

 

帰国後、浦添総合病院等に勤務したのち、2002年に福祉活動、まちづくり活動を主たる目的とするNPO法人を設立、代表理事に就任。

 

2013年に行われた浦添市長選挙で初当選。2017年に再選されています。

 
 

スポンサーリンク

松本哲治/浦添市長選挙の家族は?

松本氏には、ご両親奥様お二人の娘様(大学生・高校生)息子様(中学生)がいらっしゃるようです。

松本哲治/浦添市長選挙の年収は?

浦添市のホームページによると

90.4万円(月収)×12ヶ月=1084万円
1084万円+期末手当302万円(3.35ヶ月)=1386万円(年収)

さらに1期勤め上げる毎に退職金として1808万円が支給されます。

松本哲治/浦添市長選挙の選挙結果は?

詳細な情報が入り次第追記します。
ちなみに前回の浦添市長選挙は28.41%で松本氏の得票率は58.23%でした。

まとめ

浦添市長選挙には他に新人で浦添市議の伊礼悠記氏が立候補を表明しています。

 

松本氏は沖縄タイムス主催の座談会で那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添移設について、「県知事らが市に一貫して軍港受け入れを求めており、苦渋の決断として2度も公約を断念せざるを得なかった」と訴えられました。

西海岸開発については、「可能な限り埋め立て面積を小さくしてイノー(礁池)と海を生かすべきだ。キンザー跡地と一体的な開発を目指す」と主張されました。

さらに最も訴えたいことについては「8年間の判断をありのままに伝え、市民の皆さんに判断してほしい」と述べられました。

市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所