松嶋盛人/みやま市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴うみやま市長選挙(2022年10月9日告示、10月16日投開票)に現職の松嶋盛人氏が再選を目指して立候補する意向を表明されましたので、松嶋盛人氏に関する情報をまとめています。

松嶋盛人氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

松嶋盛人/みやま市長選挙の経歴は?

名前 松嶋盛人(まつしまもりと)
生年月日 1953年9月4日
出身地 福岡県瀬高町(現・みやま市)
最終学歴 明治大学農学部卒業
職業(前職) みやま市長
趣味 不明

松嶋盛人氏は1953年9月4日に福岡県瀬高町(現・みやま市)に生まれました。

2007年に瀬高町・山川町・三池郡高田町が合併してみやま市になっています。

松嶋盛人氏の実家はみかん農家で、幼い頃から自然に囲まれて育ちました。

大学は、明治大学農学部を卒業しています。

大学卒業後は、日本ハム株式会社に入社し1年半ほど務めたようです。

1980年から朝倉郡夜須町立東小田小学校の教員を務めました。

教員として、約38年間務めています。

教員を務めながら農業もされていたようです。

経歴については表にまとめています。

1978年4月 日本ハム株式会社 入社
1980年4月 朝倉郡夜須町立東小田小学校 教員
1983年4月 三池郡高田町立飯江小学校 教諭
1986年4月 山門郡瀬高町立東山中学校 教諭
1995年4月 山門郡三橋町立三橋中学校 教諭
1998年4月 山門郡瀬高町立南小学校 教頭
2001年4月 山門郡瀬高町立瀬高中学校 教頭
2004年4月 三池郡高田町立高田中学校 校長
2007年4月 八女郡立花町立筑南中学校 校長
2009年4月 筑後市立筑後北中学校 校長
2012年4月 みやま市立高田中学校 校長
2014年3月 みやま市立高田中学校 定年退職
2014年4月 八女学院中学・高等学校 教頭
2018年10月 みやま市長 当選

松嶋盛人/みやま市長選挙の学歴は?

松嶋盛人氏の学歴は、明治大学農学部卒業です。

出身高校は?

松嶋盛人氏の出身高校についての情報は得られませんでした。

松嶋盛人氏は、高校まで地元から通っていたようですので、地元の高校に通っていたのではないかと予想されます。

出身大学は?

松嶋盛人氏の出身大学は、明治大学です。

明治大学は、1881年に創設された私立大学です。

建学の精神は「権利自由、独立自治」で、個人の自由を尊重し、自立できる力を身につけることができます。

農学部では、農業の最新技術を身につけ、国際社会で活躍できる人材育成を目指しています。

大学附属農場の黒川農場で体験学習することができます。

農場を通じて、最先端技術を活かした生産システムを学ぶことができます。

参考:明治大学 ホームページ

スポンサーリンク

松嶋盛人/みやま市長選挙の家族は?

松嶋盛人氏の家族は、息子3人がいるようです。

2019年の情報によると、息子さん2人は福岡で、1人は熊本でお仕事されているようです。

松嶋盛人氏には、地元に戻って働いて欲しいという思いがあるようです。

松嶋盛人/みやま市長選挙の年収は?

松嶋盛人氏の年収について予想していきます。

松嶋盛人氏は、みやま市長を務めています。

みやま市長の報酬については、みやま市長、副市長及び教育長の給与等に関する条例に情報がありました。

月収 880,000円×12ヶ月=10,560,000円
期末手当 880,000円×(0.15+1.625)=1,562,000円
年収 10,560,000円+1,562,000円=12,122,000

以上の結果から、松嶋盛人氏の年収はおよそ1,212万円と予想されます。

参考:みやま市長、副市長及び教育長の給与等に関する条例

スポンサーリンク

松嶋盛人/みやま市長選挙の実績や評判は?

松嶋盛人氏は、天・地・人の利を基本理念としてみやま市の発展に努めてきました。

・天の利
自然災害が少なく自然環境に恵まれた土地を利用して、みやま市の発展に活かします。

・地の利
新幹線や高速道路など交通の便に恵まれた土地を利用して、企業誘致などにつなげます。

・人の利
みやま市の人々を最大の財産だと考え、市民が持つ技術などを伝承します。

以下のような計画を進行してきました。

「第2期みやま市まち・ひと・しごと創生総合戦略」
人口ビジョン作成
・仕事づくり
・移住定住
・結婚、出産、子育て支援

「みやま市国土強靭化地域計画」
自然災害の対策

「みやま市DX推進計画」
・自治体のデジタル化の推進

「ゼロカーボンシティみやま」
・2050年までに温室効果ガス排出量の実質ゼロを目指す

「みやま市地球温暖化対策実行計画」
・子どもたちの未来のための持続可能なまちづくり

松嶋盛人氏の評判についてまとめていきます。

2019年5月に、有権者に対して教育関連書籍を無料配布したため、公職選挙法違反の寄付行為にあたるとして書類送検されています。

公職選挙法に抵触するという認識が不十分だったため起こった事件のようです。

2019年8月には、職員研修の際に差別的文書を配布したことが問題となり謝罪しています。

「怠惰な無頼漢の子孫は精神や肉体を病む者や犯罪者が多い」など差別的な表現があったようです。

この不祥事により、辞職には至りませんでしたが、3ヶ月間の減給処分となりました。

不安に思った市民もいたかもしれませんが、信頼を回復しようとこれまで市長として務めてきたのだと思います。

参考:「無頼漢の家系は犯罪者生む」差別的文書、市長が謝罪

松嶋盛人/みやま市長選挙の公約は?

松嶋盛人氏の公約はまだ公表されていません。

就任当初からの目標である「子や孫が住みたいと思えるまちづくり」を引き続き目指していくと思われます。

市の施策などから、以下のような公約が予想されます。

交通
・西鉄開駅前道路の駅前駐車場整備

住宅環境
・空き家対策
・老朽家屋等の除去
公営住宅の安全管理

高度情報通信基盤の推進
・LINEによる情報発信

移住定住
・自然豊かなみやま市の情報発信

通勤定期補助制度
・補助の拡充

防災対策
・防災マップの作成

安全対策
・LED型防犯灯の設置
・カーブミラーの設置
・ガードレールの設置
・高齢者の運転免許返納に対する支援

農業
デジタルトランスフォーメーション化
・新規就農者支援
・耕作放棄地の利用
・農業者の所得向上

産業
・みやまブランド推進

健康
・がん検診の受診率向上
・がん患者への支援

教育
小中学校の統合

子育て
・産後ケア事業
・児童クラブの増設

松嶋盛人/みやま市長選挙の立候補した理由は?

松嶋盛人氏は、立候補した理由について以下のように語っています。

「2期目に挑戦し、2020年度に策定した市の国土強靱(きょうじん)化地域計画をしっかり進めていきたい。小中学校の統合や工業団地の整備、農業のデジタルトランスフォーメーション化などは道半ばだ。着実に前に進めたい」
引用元:みやま市長選、現職が再選出馬表明

松嶋盛人氏は、「子や孫が住みたいと思えるまちづくり」を引き続き進めたいと考えているようです。

松嶋盛人/みやま市長選挙の選挙結果は?

松嶋盛人氏は、2018年10月28日投開票のみやま市長選挙に初出馬しました。

松嶋盛人 8,770票(当選)
高野道生 8,546票
野田力 2,023票

新人3人による選挙戦でした。

高野道生氏は元副市長で、野田力氏は元市議会議員という経歴がありました。

松嶋盛人氏は教育者としての経験と人材育成を訴え、見事当選しています。

投票率は60.71%でした。

松嶋盛人/みやま市長選挙の引退の可能性は?

松嶋盛人氏の引退に関する情報は得られませんでした。

みやま市を住み続けたいと思えるまちにしたいという強い意志がありますので、引退の可能性は低いと思われます。

まとめ

松嶋盛人氏は、2018年にみやま市長に初当選しました。

2022年のみやま市長選挙に2期目を目指して立候補を表明しています。

松嶋盛人氏は天・地・人の利の理念の元、みやま市の強みを活かした政策を行ってきました。

再選を果たして、1期目でやり残したことに引き続き取り組んでほしいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所