まつむら正秀/泉佐野市議会議員選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う大阪府泉佐野市議会議員選挙(2022年5月8日告示、5月15日投開票)に新人のまつむら正秀氏が当選を目指して立候補する意向を表明されていますので、まつむら氏に関する情報をまとめています。

まつむら正秀氏の

    ・経歴
    ・学歴
    ・ご家族
    ・年収
    ・実績や評判
    ・公約
    ・その他

などについて記事をまとめていこうと思います。

まつむら正秀/泉佐野市議会議員選挙の経歴や家族は?

名前 まつむら正秀(まつむらまさひで)
生年月日 63歳
出身地 大阪市
最終学歴 近畿大学卒業
職業(前職) 泉州警備保障株式会社
趣味 (不明)

まつむら正秀氏は大阪市の出身です。

出身地の南隣の新設校だった大阪府立松原高等学校から近畿大学に進学します。

学齢期は健康面で不安続きだった模様です。

大学卒業後、約38年間飲食業界に従事し、店舗のオーナーも務めました。

前職は「泉州警備保障株式会社」とのことなので、新型コロナの影響で店じまいをして、警備員に転職後約3年間というところかも知れません。

今回の選挙には公明党の候補として立候補されています。

まつむら正秀氏 FACEBOOK

泉佐野市議選公明党予定候補者紹介

まつむら正秀/泉佐野市議会議員選挙の学歴は?

まつむら正秀氏の学歴は、大阪府立松原高等学校卒業、近畿大学卒業です。

出身高校は?

大阪府立松原高等学校は、大阪市の南隣の大阪府松原市の高等学校で、1974年の開校です。

まつむら正秀氏は同校の一期生でした。

みんなの高校情報

出身大学は?

近畿大学は大阪府東大阪市に本部を置く私立大学です。

1925年創立の大阪専門学校と、1943年創立の大阪理工科大学を母体として、1949年、新学制により設立されました。

日本有数の学部・大学院のスケールを誇る総合大学です。併設病院、研究所等、通信教育部、短期大学部・高等専門学校、専修学校、高等学校、中学校、小学校、幼稚園まで擁しています。

学部については、2022年度には以下のとおりになります。
・情報学部 …2022年度開設
・法学部(法律学科)
・経済学部(経済学科、国際経済学科、総合経済政策学科)
・経営学部(経営学科、商学科、会計学科、キャリア・マネジメント学科)
・理工学部(理学科、生命科学科、応用化学科、機械工学科、電気電子工学科、情報学科、社会環境工学科)
・建築学部(建築学科)
・薬学部(医療薬学科(6年制)、創薬科学科(4年制))
・文芸学部(文学科、芸術学科、文化・歴史学科、文化デザイン学科)
・総合社会学部(総合社会学科)
・国際学部(国際学科)
・農学部(農業生産科学科、水産学科、応用生命化学科、食品栄養学科、環境管理学科、生物機能科学科)
・医学部(医学科)
・生物理工学部(生物工学科、遺伝子工学科、食品安全工学科、生命情報工学科、人間環境デザイン工学科、医用工学科)
・工学部(化学生命工学科、機械工学科、ロボティクス学科、電子情報工学科、情報学科、建築学科)
・産業理工学部(生物環境化学科、電気電子工学科、建築・デザイン学科、情報学科、経営ビジネス学科)

世界初となるマグロの完全養殖に成功した「近大マグロ」は特に有名で『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』でも取り上げられました。

みんなの大学情報

スポンサーリンク

まつむら正秀/泉佐野市議会議員選挙の家族は?

まつむら正秀氏の家族については詳しい情報はございませんが、「泉佐野市議選公明党予定候補者紹介」には、妻子ある身の旨記されています。

まつむら正秀/泉佐野市議会議員選挙の年収は?

まつむら正秀氏の前職は「泉州警備保障株式会社」とありました。最近は警備員をされていたものと思われます。

警備員の平均年収は正社員で333万円との情報があります。

飲食店のオーナーもされていたとのことですが、元々収入の予想が困難な上に、このコロナ禍で経営不振のところも多い業界です。閉店されたことも考えられます。

【参考】飲食業界で独立して年収はどれぐらいなのか?

以上を総合すると、まつむら氏の現在の年収は、300万円ほどと想定することが妥当と思われます。

スポンサーリンク

まつむら正秀/泉佐野市議会議員選挙の実績や評判は?

まつむら正秀氏は、今回が政治家への初挑戦なので、政治家としての実績は、まだありません。

泉佐野市議選公明党予定候補者紹介」には、「明朗快活。約38年間飲食業界に従事。店舗のオーナーも務め、顧客や従業員一人一人と真剣に向き合う姿に厚い信頼が寄せられる。」と記されています。

まつむら正秀/泉佐野市議会議員選挙の公約は?

泉佐野市議選公明党予定候補者紹介」では、まつむら正秀の抱負は「教育施設の充実も押し進め、誰もが住みやすい街づくりに挑む。」である旨、記されています。

まつむら正秀/泉佐野市議会議員選挙の立候補した理由は?

泉佐野市議選公明党予定候補者紹介」には、まつむら正秀氏は「幼少期に胸膜炎を患い入退院を繰り返したり、妻子の病を看病してきた経験から、身近な医療や福祉の支援の重要性を実感した。」とあります。

これが立候補の理由といえそうです。

まつむら正秀/泉佐野市議会議員選挙の選挙結果は?

まつむら正秀氏の国・地方公共団体への立候補は今回が初めての模様です。

まつむら正秀/泉佐野市議会議員選挙の引退の可能性は?

まつむら正秀氏にとって、今回の選挙が政治家としての最初の関門になります。

当選できれば、今後10年間の展望は開けるのではないかと思われます。

まとめ

まつむら正秀氏は、自身や身内の病に悩まされる中、厳しい飲食業界で38年間生きてきて評判を確立されました。

その姿勢が公明党に見いだされたことになります。

苦労の多い中で市井の人々に寄り添って培われた経験・知識は、一般の政治家の方々にも得難い資質と思われます。