松井正一/鹿沼市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

任期満了に伴う鹿沼市長選挙(2024年6月2日告示、同年6月9日投開票)に、栃木県議会議員の松井正一氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、松井正一氏の
・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

松井正一/鹿沼市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!の経歴は?

松井正一氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 松井正一(まつい しょういち)
生年月日 1965年9月12日
出身地 栃木県鹿沼市
最終学歴 栃木県立鹿沼高等学校卒業
職業 栃木県議会議員
趣味 卓球、スキー、ゴルフ、お囃子

松井正一氏は、1965年に栃木県鹿沼市で生まれ、1984年に栃木県立鹿沼高等学校を卒業し、同年に鹿沼氏役所に入庁しています。

2003年に、鹿沼市議会議員選挙に初出馬、初当選し、2期連続で鹿沼市議会議員を務めています。

2008年には、栃木県議会議員選挙に初出馬、初当選し、4期連続で栃木県議会議員で務めています。

栃木県議会議員松井正一事務所の公式ホームページ

松井正一(まっちゃん) X(旧Twitter)

松井正一ブログ Gooブログ

松井正一(栃木県議会議員)Facebook

松井正一 Instagram

松井正一/鹿沼市長選挙の学歴は?

松井正一氏は、1984年に栃木県立鹿沼高等学校を卒業しています。

出身高校は?

栃木県立鹿沼高等学校は、栃木県鹿沼市に所在する公立の高等学校です。

栃木県立鹿沼高等学校は、1925年に栃木県立鹿沼高等女学校として認可されています。

1948年に男女共学の鹿沼高等学校となり、1951年に栃木県立鹿沼高等学校に改称されました。

卒業生の進路としては、関東を中心とした国公立大学、私立大学への進学が中心になっています。

栃木県立鹿沼高等学校ホームページ

松井正一/鹿沼市長選挙の家族は?

松井正一氏のプロフィールには、鹿沼市立中央小学校のPTA会長、鹿沼市立西中学校のPTA会長を歴任していることから、奥様とお子様がいることがわかります。

ただし、年齢やお子さまの数等の家族に関する詳細な情報については得ることができませんでした。

松井正一/鹿沼市長選挙の年収は?

松井正一氏は、現栃木県議会議員です。

栃木県が公表している「2023年度 栃木県の人事行政の運営等の状況」内の「特別職の給料月額などの状況(2023年4月1日現在)」によると、県議会議員の給料は月830,000円になっています。

また、2022年度の期末手当の支給実績は、3.30月になっています。

この資料から、現栃木県議会議員である松井正一氏の給料年額は、830,000円 ✕ 12ヶ月 = 9,960,000円になります。

期末手当は830,000円×3.3月の2,739,000円であるため、合計で12,699,000円であると考えられます。

松井正一/鹿沼市長選挙の実績や評判は?

松井正一氏は、これまで鹿沼市議会議員を2期連続、栃木県議会議員を4期連続で務めた実績があります。

これらの20年におよぶ議員としての実績や経験から、松井正一氏の支持者を中心とした市民や県民からの期待は厚いものがあると思われます。

松井正一/鹿沼市長選挙の公約は?

現段階では松井正一氏の公約は公表されていませんが、出馬会見の席上では「市民が主役で、市のポテンシャルを生かした未来につながる政治を目指す」と述べ、子育て・教育施策の充実や産業振興などに取り組む考えを示しています。

松井正一氏の事務所の公式ホームページでは、2023年~2027年までの4年間に向けて、「つながる鹿沼プロジェクト2023」として、7つの重点政策と具体的な努力目標がまとめられています。

この「つながる鹿沼プロジェクト2023」を中心として公約が掲げられていくと考えられます。

松井正一/鹿沼市長選挙の立候補した理由は?

松井正一氏は、2月21日に県庁で記者会見を開き、鹿沼市長選に立候補することを正式に表明ししました。

表明会見の中では、「市民が主役の、鹿沼のさまざまなポテンシャルを生かしたまちづくりに向け、微力ではあるがふるさと鹿沼に恩返しする一心でまい進したい。」と立候補の理由を説明しています。

現市長である佐藤信市長の実績を評価しつつも「継承にこだわらず、さらに進化、発展させる視点で市議会議員の方々と議論している」と述べています。

これまでの市議会議員、県議会議員の経験をベースにして、地元である鹿沼市のために、鹿沼市の可能性を生かしたまちづくりを行うために、自身がやるんだという強い決意から出馬に至ったと考えられます。

松井正一/鹿沼市長選挙の選挙結果は?

松井正一氏は、これまで鹿沼市議会議員を2期、栃木県議会議員を4期務めています。

これまでの松井正一氏の選挙での結果は以下の通りです。

なお、松井正一氏の市議会議員1期目にあたる2003年の選挙結果については情報を得ることができませんでした。

鹿沼市議会議員選挙
(1999年4月11日投票)
投票率62.85% 3,285.8票(当選)
栃木県議会議員補欠選挙
(2008年11月16日投票)
無投票(当選)
栃木県議会議員選挙
(2011年4月10日投票)
投票率45.15% 13,532票(鹿沼市・西方町選挙区)(当選)
栃木県議会議員選挙
(2015年4月12日投票)
投票率47.25% 10,877票(鹿沼市選挙区)(当選)
栃木県議会議員選挙
(2019年4月7日投票)
投票率46.22% 10,961票(鹿沼市選挙区)(当選)

松井正一/鹿沼市長選挙の引退の可能性は?

松井正一氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

これまでの鹿沼市政、栃木県政という政治の世界で長い間に培ってきた経験や実績をもって、今回の地元である鹿沼市長選挙への出馬であると考えられます。

現段階では引退という考えはなく、鹿沼市の未来のために貢献したいという考えでの出馬であると思われます。

まとめ

松井正一氏は、これまで鹿沼市議、栃木県議として、市政、県政に取り組んできた豊富な経験と実績を有しています。

2003年の市議会議員初当選から約20年間の選挙での実績、政治の経験からも、多くの支持者が存在していると考えられます。

これまでの、実績や経験、人脈などの力を動員して、鹿沼市長として市民と一緒に将来の鹿沼市を作っていくための立候補になります。

現段階では、松井正一氏以外には、出馬を表明している人はいないようです。

鹿沼市の未来のための選挙、市民ならずとも注目すべきものになりそうです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長