松原耕二の経歴や学歴は?年収や家族についても!

スポンサーリンク

今回の記事では、「報道1930」のメインキャスターや「サンデーモーニング」のパネリストとして活躍中の松原耕二氏について記事をまとめていこうと思います。

松原耕二氏の

・経歴
・学歴
・年収

などについて記事をまとめていきます。

松原耕二の経歴や学歴は?

松原耕二氏の経歴や学歴についてまとめていきます。

松原耕二の経歴は?

名前 松原耕二(まつばらこうじ)
生年月日 1960年8月12日
身長 不明
出身地 山口県下関市
最終学歴 早稲田大学政治経済学部卒業
職業 ジャーナリスト
ニュースキャスター
作家
元TBSテレビ報道局社会部記者

松原耕二氏は、1960年8月12日山口県下関市に生まれました。

1979年に福岡県立修猷館高等学校を卒業しました。

1984年には早稲田大学政治経済学部を卒業しています。

早稲田大学卒業後は、東京放送(現在のTBSホールディングス)に入社し、TBSテレビ報道局社会部記者を務めました。

1991年には「JNNニュースコール」・1997年には「JNNニュースの森」メインキャスターに就任しています。

2004年からJNNニューヨーク支局長を4年間務めた実績もあります。

2020年TBSを定年退職していますが、「報道1930」のメインキャスターと「サンデーモーニング」のパネリストは現在も続けています。

「サンデーモーニング」では、手書きのパネルでニュースをわかりやすく解説されています。

2004年には放送文化基金優秀賞を受賞、2021年には橋田賞の受賞歴があります。

2022年7月22日の報道1930で、「激震・旧統一教会と日本政治 問われる政治との距離感は」が放送されました。

この回は、2022年7月ギャラクシー賞月刊賞を受賞しています。

7月8日安倍元首相が撃たれ死亡した事件後、旧統一教会について取り上げたことが評価されたようです。

松原耕二氏は、ニュースキャスターの傍ら作家としても活動されています。

著書には、

・「反骨~翁長家三代と沖縄のいま」
・「勝者もなく、敗者もなく」
・「インタビュー術入門」
・「ここを出ろ、そして生きろ」

などがあります。

プライベートでは、愛犬と一緒に過ごしているようです。

松原耕二氏はワインが好きなようで、フェイスブックでは愛犬とワインの写真が多く見られました。

松原耕二氏 ツイッター

松原耕二氏 フェイスブック

松原耕二の本名は?

松原耕二氏は本名で活動されているようです。

松原耕二の学歴は?

松原耕二氏の学歴は、早稲田大学政治経済学部卒業になります。

松原耕二の出身高校は?

松原耕二氏は、1979年に福岡県立修猷館高等学校を卒業しました。

福岡県立修猷館高等学校は、1784年設立の公立高等学校です。

世のため人のため」に尽すことができる人材育成を目指し、環境を整備しています。

教科センターを設置しており、生徒との対話を大切にしています。

卒業生には元内閣総理大臣の廣田弘毅氏など、政治・経済などの発展に貢献しています。

福岡県立修猷館高等学校 ホームページ

松原耕二の出身大学は?

松原耕二氏の出身大学は早稲田大学です。

早稲田大学は、1882年に大隈重信が東京専門学校として設立しました。

学問の独立」、「学問の活用」、「模範国民の造就」の理念に基づいて教育されています。

創立150周年を迎える2023年に向けた計画があり、社会で活躍できるグローバルリーダーの育成を目指しています。

早稲田大学 ホームページ

スポンサーリンク

松原耕二の仕事は?

松原耕二氏のキャスターの仕事についてまとめています。

1984年〜1989年 TBSテレビ報道局社会部記者
1991年〜1992年 「JNNニュースコール」メインキャスター
1997年〜2001年 「JNNニュースの森」メインキャスター
2004年〜2008年 JNNニューヨーク支局長
2010年〜2012年 「NEWS23X」メインキャスター
2018年〜現在 報道1930」メインキャスター

松原耕二氏の作家の仕事についてまとめています。

2000年8月1日
幻冬舎
2011年11月10日
幻冬舎文庫
勝者もなく、敗者もなく
2011年10月21日
新潮社
「ここを出ろ、そして生きろ」
2011年12月5日
プレジデント社
「ぼくは見ておこう ニュースな人たちが教えてくれた生きるヒント25」
2013年9月20日
新潮社
「ハードトーク」
2015年11月17日
河出書房新社
「聞く力 話す力 インタビュー術入門」
2016年2月10日
文春文庫
「記者の報い」
2016年7月7日
朝日新聞出版
反骨 翁長家三代と沖縄のいま
2018年6月6日
筑摩書房
「本質をつかむ聞く力」

どの著書も非常に評価が良いようです。

小説の「勝者もなく、敗者もなく」は懸命に生きる人々を描いた作品となっています。

「反骨 翁長家三代と沖縄のいま」は、元沖縄県知事の翁長雄志氏にインタビューしていて、翁長雄志氏の人柄がよくわかる内容となっています。

キャスターとしての実績があり、作家としても評価されているようです。

松原耕二の家族は?

松原耕二氏の家族に関する情報は見当たりませんでした。

1匹飼っています。

2013年頃に保護犬のソラくんを家族として迎えたようです。

保護犬のため誕生日がわからないため、松原耕二氏の誕生日に一緒にお祝いしているようです。

独身の可能性も既婚の可能性もありそうです。

スポンサーリンク

松原耕二の年収や月収は?

松原耕二氏の年収について予想していきます。

松原耕二氏は、ニュースキャスターと作家のお仕事をされています。

ニュースキャスターの平均給与は50万円で、平均年収は600万円ほどという情報がありました。

作家の平均年収は150万円〜300万円ほどという情報がありました。

以上の結果から、松原耕二氏の年収は750万円〜900万円ほどと予想されます。

参考:ニュースキャスターの給与・年収は?平均月収や支給される手当まとめ

参考:小説家の年収は150~300万円!小説家として生計を立てることは可能?

まとめ

今回の記事では、松原耕二氏について記事をまとめてみました。

松原耕二氏は、ニュースをわかりやすく解説を交えながら伝えてくれる方だと思います。

松原耕二氏はキャスターだけでなく作家としても活動しています。

これからも多くの分野で活躍してほしいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
人物
選挙立候補者研究所