増田博美/えびの市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴うえびの市長選(9月5日告知、同12日投開)を前に無所属で新人の増田博美氏が立候補する意思を表明されましたので増田博美氏に関する情報をまとめてみました。

増田博美氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

 
 

スポンサーリンク

増田博美/えびの市長選挙の経歴は?

増田博美氏の経歴について調査した結果、高校卒業後、明治大学法学部法律学科進学、無事に卒業されました。

その後1982年野村證券株式会社に入社年、1988年に退職されモルガンスタンレー証券株式会社に入社、2000年に株式会社グローバルハートを設立されます。

2011年「世代党」を創る会設立、2013年ケイ素研究開始、2020年日本大学国際関係学部企業論非常勤講師と色々な活動されております。

増田博美氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 増田博美(ますだひろみ)
生年月日 1959年10月28日
出身地 鹿児島県曾於市
最終学歴 明治大学法学部法律学科卒業
職業(前職) 株式会社グローバルハート代表取締役など
趣味 読書、水泳

増田博美氏は大学を卒業されて、企業年金制度改革コンサルタント、株式会社グローバルハート創立代表取締役社長に就任。

他にも沢山の活動されて、非常に行動的な方であることが容易に予想されます。

趣味が「読書」ということから勉強熱心な事も予想されます。どんな本を読まれてるのか気になりますね。

増田博美/えびの市長選挙の学歴は?

増田博美氏の学歴は宮城県立都城西高等学校卒業明治大学法学部法律学科卒業になります。

出身高校は?

宮城県立都城西高等学校卒業は都城市にある公立校で「普通科」と「フロンティア科」の2学科があり、ともに大学進学を目標に掲げています。

フロンティア科は少人数学級が特徴でレベルの高い授業が行われております。偏差値も高く宮城県で14位、宮城県公立校で9位にはいります。

出身大学は?

 
明治大学は1881年に明治法律学校として開校され、法学部は学内で最も長い歴史を持つ学科です。

ビジネスロー、国際関係法、法と情報、公共法務、法曹コースがあり、豊かな法学要素を学び、幅広い教養を学びます。

法曹はハードルが高いですが、法律の知識はどの業界でも役に立ちます。

スポンサーリンク

増田博美/えびの市長選挙の家族は?

増田博美氏の家族についての情報ですが、妻、義母、長女、次女5人家族、黒の柴犬(ダンくん)と一緒に暮らしてるようです。

実母は82歳で別居生活、長女は会社員とのことです。

娘さんたちとペットに囲まれ明るい家族が想像されますね。

 
 

増田博美/えびの市長選挙の年収は?

増田博美氏の年収についての情報ですが、2000万円~2400万円程になります。(コンサル業代表取締役社長)

それ以上の収入あるかもですが、詳しい情報は得られませんでした…

増田博美/えびの市長選挙の実績や評判は?

増田博美氏の実績は、ご自身の公式サイト、株式会社グローバルハートの公式サイトに活動ごとにまとめられています。

販売から会社創設、資産運用などのアドバイス、コンサルタント、ケイ素研究など沢山の実績があり、これからの日本の新しい産業、資金調達方法、などをすごく大事に活動されている印象を受けます。

増田博美氏の評判についての情報は見当たらなかったのですが「情熱社長」に掲載されてることから、かなり評判のいい方という印象を受けますね。

増田博美/えびの市長選挙の公約は?

増田博美氏は会見で「人口減少で財政破綻や行政サービスの低下が懸念される。えびの市は南九州の中心という位置で水や温泉などの資源をうまく活用すれば人口流出が止められる。経験や知識、人脈を生かしたい」と述べられています。

公約についてはっきりとした情報は得られませんでしたが、えびの市の地域経済対策を考えた公約という印象を受けますね。

個人的にも、どこも人口減少がなくなれば日本の経済も良くなると思います。

増田博美/えびの市長選挙の立候補した理由は?

増田博美氏がえびの市長選挙に立候補した理由を検索したのですが、理由についての情報は得られませんでした…

個人的な予想になりますが、会見で述べられた「えびの市の資源をうまく活用し人口流出を止め、地域経済対策を行うため」に今回のえびの市長選挙に立候補されたのかなと思います。

増田博美/えびの市長選挙の選挙結果は?

増田博美氏は今回が初の立候補となります。

前回のえびの市長選挙は2017年に行われ、その際も立候補者は2名でした。

投票率は69.63%で、当時、新人の加藤氏を破り、現職であり今回も立候補されている村岡氏が当選しました。

加藤氏が2186票に対し、村岡氏が9395票と、圧倒的な結果になりました。

今回のえびの市長選挙も立候補者は2名、前回と同じく現職の市長に対し、新人の増田博美氏が挑む形になります。

過去の選挙の情報を見ても、投票率はかなり高く、ずっと同じ方が続けられてるようなので、今回は交代するかもしれませんね。

増田博美/えびの市長選挙の引退の可能性は?

増田博美氏のえびの市長選挙の引退の可能性を検索したのですが、引退についての情報は得られませんでした…

こちらも個人的な予想になりますが、増田氏は現在、会社経営・コンサルなどいろいろな分野で活動されているため、引退の可能性もあると思われますが、経済対策などの想いは強く行動力のある方なので、今後また立候補する可能性もあると思います。

まとめ

増田博美氏のえびの市長選挙について調査した結果、市長選挙についての情報はあまり得られませんでした…

増田博美氏の実績も豊富で「日本に新しい産業を興し、イノベーションをすすめるためには現在の未企業評価と資金調達の方法を根本的に変える必要があり、この度プレストックス市場を開設し大きく広げてまいります」と述べられています。

これからの日本の経済対策について、とても重要に活動されているという印象を受けました。

個人的にも、これからの日本の経済が良くなるように、増田博美氏のこれからの活躍を楽しみに期待したく思いました。