益田大輔/高山市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う高山市長選(2022年08月21日告示、同28日投開票)で、須田病院の医師、益田大輔氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、益田大輔氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

益田大輔/高山市長選挙の経歴は?

益田大輔氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 益田大輔(ますだだいすけ)
生年月日 1974年10月21日
出身地 福岡県福岡市
最終学歴 愛媛大学医学部
職業(前職) 精神科医
趣味 演劇・ミュージカル・多文化交流

益田大輔氏は福岡県福岡市出身で、現在は岐阜県高山市の特定医療法人生仁会 須田病院に精神科医として勤務しています。

自身のブログである『ひだっちblog』をはじめ、TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSを頻繁に更新しています。

劇団の主宰やミッション型お化け屋敷の実行委員長を務めた経験があり、医療以外の分野でも幅広く活動しています。

益田大輔と未来をつくる会 HOME

益田大輔と未来をつくる会 Twitter

益田大輔と未来をつくる会-みらくるサポーター- Facebook

益田大輔と未来をつくる会 Instagram

出身高校は?

益田大輔氏の出身高校は、福岡県立修猷館高等学校になります。

福岡県の伝統ある公立高校で、毎年、東京大学や京都大学をはじめとする難関大学への合格者を多く輩出する名門校でもあります。

出身大学は?

益田大輔氏は、愛媛大学医学部を卒業しています。

愛媛大学は、愛媛県に位置する国立大学です。

本州からのアクセスが良くないためか、四国出身者が大半以上を占めています。

医学部に関しては、入試偏差値は中堅レベルながらも高い国家試験合格実績を誇っているため、人気の高い大学(学部)となっています。

スポンサーリンク

益田大輔/高山市長選挙の家族は?

益田大輔氏の家族についての情報は見当たりませんでした

独身の可能性も既婚の可能性もありそうですね。

益田大輔/高山市長選挙の年収は?

益田大輔氏の年収について情報をまとめてみました。

益田大輔氏は現在、岐阜県高山市の特定医療法人生仁会 須田病院に精神科医として勤務しています。

調査した結果、複数のデータが見つかりましたが、ここでは以下のデータを参考にして記述します。

45~49歳の精神科医の年収は13,440,000円となっています。
(参照:平均年収.JP 精神科医 年収

益田大輔氏は現在勤めている病院での勤続年数が長いため、これ以上の給与を得ている可能性もありそうですね。

スポンサーリンク

益田大輔/高山市長選挙の実績や評判は?

益田大輔氏の実績についてですが、ご自身の公式ブログにてまとめられています。

また、YouTubeに投稿されている記者会見動画の中でも、ご自身の口から今までの実績について語られています。

益田大輔氏の評判についての情報は見当たらないので個人的な予想になりますが、かなり評判のいい方という印象を受けます。

益田大輔/高山市長選挙の公約は?

益田大輔氏の公約についてですが、まとめられていなかったので、記者会見動画の中から公約になり得ると感じたキーワードを以下に抜き出しておきます。

コロナと共存した経済
観光・産業・医療・教育のトップセールス
教育最先端のまち

医師としての知識や経験を活かしてCOVID-19と共存しながら経済を回すこと、次世代が育つ教育への投資が必須だと強く訴えていました。

現状の問題解決だけでなく、これから先のことを考えているという印象を受けますね。

全国的にも課題となっている人口減少に対して、あらゆる側面からのトップセールスで解決の糸口を見つけられたら非常に面白いなと感じました。

益田大輔/高山市長選挙の立候補した理由は?

益田大輔氏が高山市長選挙に立候補した理由を記者会見内で語っていました。

「精神科の診療というと、なかなかこれは医療だけではない問題が多々あります。例えば社会的な問題に携わることが非常に多く、それを診察室だけで治すことになかなかジレンマというか、葛藤がある日々でした。(中略)本人の問題だけでなく、本人と社会との関係性で人はまいってしまう。」

多くの人を精神的に健康にするため、精神科医として医療の角度から解決するだけでなく、市長として様々な側面から解決しようとしているのだと思います。

益田大輔/高山市長選挙の選挙結果は?

さて、ここでは益田大輔氏の選挙結果について書いていきます。

2018年8月26日に新人として出馬した高山市長選挙で19,361票を獲得するも、落選。
全体の投票率は61.94%でした。

今回の市長選挙には、この4年前の市長選挙で落選した悔しさを胸に臨まれるのだと思います。

益田大輔/高山市長選挙の引退の可能性は?

益田大輔氏は精神科医として働きながらも、『社会活性化フォーラム』など、まちのための活動を続けています。

そのため、今回の選挙で落選したとしても、ご自身なりの高山市との関わり方を模索すると思われます。

まとめ

精神科医としての知識や経験を生かして、医師以外の角度から高山市のために活動してきた益田大輔氏。

4年前の市長選挙と比べて、どれだけ市民からの信頼と期待を得られたかが試される選挙となりそうですね。

現市長の国島芳明氏は立候補しないことを表明しましたが、益田大輔氏の他にも複数名の立候補者がいるようです。

非常に激しい選挙戦になることが予想されますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。