丸山幸治/犬山市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う犬山市長選挙が2022年11月20日に告示され、以下の3名が立候補しました。

原欣伸氏 新人 元愛知県議会議員
田中志典氏 元市長 
丸山幸治氏 新人 元犬山市議会議員

今回はその一人である、丸山幸治氏について

  • 経歴
  • 家族
  • 年収
  • 選挙結果

について書いていきます。

丸山幸治/犬山市長選挙の経歴は?

丸山幸治氏のプロフィールについて簡単にまとめました。

名前 丸山幸治(まるやまこうじ)
生年月日 1978年1月生まれ
出身地 東京都大田区
最終学歴 慶應義塾大学経済学部
職業(前職) 犬山市議会議員
趣味 小学校で剣道、サッカー 中学高校はテニス部

丸山幸治氏は、東京都大田区で生まれ、両親の離婚で犬山市に転居し、楽田県営住宅で育ちました。

母子家庭のため苦学生だった丸山幸治氏は、奨学金を借りて慶應義塾大学に進学しますが、その際の奨学金は39歳の時に完済しています。

大学卒業後、農林中央金庫秀英予備校東春信用金庫犬山市役所に勤め、2019年に犬山市議会議員選挙に初当選します。

スポンサーリンク

丸山幸治/犬山市長選挙の学歴は?

丸山幸治氏は、楽田小学校犬山南部中学校県立中村高校を卒業後、慶應義塾大学経済学部に進学し、卒業しています。

出身高校は?

愛知県立中村高校は、1953年に開校した名古屋市中村区に所在する公立の高等学校です。

1年生から進路を決定するためのプログラムが充実しており、合格実績は地域に限らず私立、国公立の大学など多彩です。

出身の有名人には川島なお美さんがいます。

出身大学は?

慶應義塾大学は、福澤諭吉が1858年に開校した蘭学塾を起源に持つ大学です。

創立から160年を超え、現在では小学校から大学院までを擁する、日本で最も長い歴史を持つ総合学塾です。

医学部、法学部、文学部、経済学部、商学部、総合政策学部、環境情報学部、理工学部、薬学部、看護医療学部

の10学部があります。

創立以来、日本のトップをけん引するリーダーを多く輩出しています。

丸山幸治/犬山市長選挙の家族は?

丸山幸治氏は、妻と3人のお子様がいるそうです。

また、チロという名前のシーズーを飼っています。

スポンサーリンク

丸山幸治/犬山市長選挙の年収は?

丸山幸治氏の前職である犬山市議会議員の年収は以下の通りです。

47万2000円(月収)×12ヶ月=566万4000円
566万4000円+賞与229万2740円=795万6740円

犬山市議会議員としての年収は795万6740円です。

そのほかにも、中小企業診断士行政書士丸山事務所をかまえており、そちらの収入があると思われますが、詳しい金額はわかりませんでした。

丸山幸治/犬山市長選挙の実績や評判は?

 
丸山幸治氏は、以下の役職をつとめており、地域での人脈は広いとおもわれます。

建設経済委員会
犬山市PTA連合会 会長
犬山市通学路安全対策連絡協議会 会長
愛北広域事務組合 監査委員
犬山市国民健康保険運営協議会

丸山幸治氏の地元での評判はかなりいいのではないでしょうか。

丸山幸治/犬山市長選挙の公約は?

丸山幸治氏は選挙の公約として以下の内容を挙げています。

大型温泉施設の誘致
シルバー人材派遣センターの業務の拡大
環境美化の予算を増加
保育園民営化の見直しと保育士増員
給食費と保育料の無償化
計画道路の整備と上下水道の整備
固定経費の見直し
防犯カメラを市内に設置
市と旧統一協会との関係を断ち、被害者相談窓口を設置する

丸山幸治/犬山市長選挙の立候補した理由は?

インタビューでは、

市議会議員として市政にかかわるなかで、犬山市の発展を阻害する要素が見えその内容が具体的に固まったことと、山田市長の任期満了のタイミングで自分が市長として問題解決をしたいと立候補した。

というように語っています。

>>丸山幸治氏のインタビュー

丸山幸治/犬山市長選挙の選挙結果は?

丸山幸治氏が当選した2019年4月に行われた犬山市議会議員選挙の結果は以下の通りです。

投票率 50.17%
得票数 1,183票

丸山幸治/犬山市長選挙の引退の可能性は?

丸山幸治氏は、この市長選に落選した場合の進退については言及しておりません。

ですが、年齢もまだ若く、市議会議員も1期しかつとめていないことから、今後も犬山市の市政に携わっていこうと考えていると思われます。

今回惜しくも市長になれなかった場合でも、2023年4月に任期満了に伴う犬山市議会議員選挙が行われるので、そちらに出馬する可能性が高いのではないでしょうか。

まとめ

任期満了に伴い行われる犬山市長選挙は、現市長である山田拓朗氏が出馬しないことから、元市長の田中志典氏、新人の原欣伸氏、同じく新人の丸山幸治氏の3名で争われることになりました。

市議会議員1期目の若手の丸山幸治氏がどの程度票を伸ばすことができるのか、大変気になるところです。

2022年11月27日に行われる投開票では、だれが新しい市長にえらばれるのか、大変注目されております。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所