国松誠/藤沢市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も! | 選挙立候補者研究所

国松誠/藤沢市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

2024年2月11日告示、同年2月18日に投票が実施される藤沢市長選挙に、国松誠氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、国松誠氏の
・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

国松誠/藤沢市長選挙の経歴は?

国松誠氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 国松誠(くにまつ まこと)
生年月日 1961年5月24日
出身地 神奈川県藤沢市
最終学歴 明治大学法学部
職業 元神奈川県議会議員
趣味 ゴルフ、犬の散歩、スポーツ観戦、旅行

国松誠氏は、1961年5月24日に神奈川県藤沢市で生まれました。

高等学校まで同市で過ごしているため、地元への貢献愛が強いと考えられます。

高校卒業後は明治大学法学部に進学し、法律関連の学習に尽力します。

大学時代からすでに政治家になることを目指していた同氏は、現役議員の秘書を経て1991年に藤沢市議会議員に当選します。

その後、神奈川県議会議員に当選し連続4期を経ています。

国松誠/藤沢市長選挙の学歴は?

国松誠氏は、神奈川県立藤沢西高等学校を卒業後、明治大学法学部に進学しています。

出身高校は?

神奈川県立藤沢西高等学校は、1974年に設立した公立学校です。

同校は、大学進学を前提とした教育課程を用意しており、3年生で文系・理系に分かれて大学受験の準備をします。

卒業後は、多くの生徒が関東近辺の私立大学に進学しています。

出身大学は?

明治大学は、フランス法学を教授する明治法律学校として1881年に創設された伝統ある私立大学です。

「権利自由」「独立自治」の建学の精神が今にも息づいており、「個」の確立を重視した教育を主眼としています。

同大学は、グローバルに活躍できる人材の育成に力を入れており、様々な国際交流関連のカリキュラムがあります。

さらに、就職活動支援を始めとしたキャリアデザインのサポート体制も充実しています。

国松誠/藤沢市長選挙の家族は?

国松誠氏の家族は、妻・長男・長女の4人家族であると公式サイトで掲載されています。

それ以外の家族に関する情報は公開されていません。

国松誠/藤沢市長選挙の年収は?

国松誠氏は、2023年まで神奈川県議会議員として活躍していました。

神奈川県議会議員の年収は、以下だと考えられます。

月額報酬 970,000円
年収 970,000円×12か月=10,800,000円

国松誠/藤沢市長選挙の実績や評判は?

国松誠氏は、藤沢市議会議員を4期、神奈川県議会議員を4期務めています。

その間、トラブルに関連する情報はありませんでした。

誠実に市政に尽くす同氏の姿勢が感じられます。

任期中は、第36代藤沢市議会議長、第56代全国市議会議長会会長を歴任しています。

国松誠/藤沢市長選挙の公約は?

国松誠氏が藤沢市長選挙における公約は、2024年1月27日現在公開されていません。

各種取材に対するコメントで、「国や県と連携しながらテンポアップして進めたい」とコメントしています。

また、公式サイトでは以下のような内容の主張を行っています。

・子育て、教育環境ナンバーワン
・医療、福祉、介護ナンバーワン
・利便性の高いまちづくりナンバーワン
・安心安全ナンバーワン
・藤沢ブランドナンバーワン
・雇用、中小企業活性化ナンバーワン
・文化・スポーツ・祭りナンバーワン

国松誠/藤沢市長選挙の立候補した理由は?

国松誠氏が藤沢市長選挙に立候補した理由としては、地元情報誌の取材に対し、「現在進められている街づくりを別の視点で進めたい」とコメントし、出馬への動機を説明しています。

すでに藤沢市に多くの貢献をしてきた同氏にとって、さらに地元を良くすることが至上命題となっているのかもしれません。

国松誠/藤沢市長選挙の選挙結果は?

国松誠氏は、過去に神奈川県議会議員に4期連続で当選しています。

投票日:2019年4月7日
投票率:38.07%
得票数:20,694票

国松誠/藤沢市長選挙の引退の可能性は?

国松誠氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

4期連続で務めた神奈川県議会議員への出馬をしなかったことから、藤沢市長選挙にかける意気込みが伝わってきます。

今回の市長選挙に当選しなかった場合も、完全に引退するのではなく何らかの形で地元への貢献を目指すのではないかと予想されます。

まとめ

以上、国松誠氏について藤沢市長選挙との関連で紹介してきました。

同氏は、大学で法学を学んだ後秘書としてすぐに市政に参加しています。

藤沢市・神奈川県の議会議員を歴任するなど、政治の世界で培った経験と実績を活かし、藤沢市長として活躍することを期待しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所