前田晋太郎/下関市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

任期満了に伴う山口県下関市長選挙(2021年3月7日告示、2021年3月14日投開票)に現職の前田晋太郎氏が再選を目指して立候補する意向を表明されましたので、前田氏に関する情報を記事にしていきます。

前田晋太郎氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

 
 

スポンサーリンク

前田晋太郎/下関市長選挙の経歴は?

名前:前田晋太郎(まえだしんたろう)
生年月日:1976年6月30日
出身地:下関市新地西町
出身校:下関市立桜山小学校 卒業
    下関市立文洋中学校 卒業
    山口県立下関西高等学校 卒業
    長崎大学水産学部 卒業
趣味:不明

前田氏の趣味や特技についての調査結果は不明でしたが、ベーシックサーフライフセーバーの資格を取得されていることから、海が好きでスポーツマンであると思われます。

 
 

前田晋太郎氏/下関市長選挙の家族は?

前田氏の家族構成についてはご夫人ご子息がいらっしゃいます。

前田氏の過去のTwitterからご子息は小学生ではないかなと思われます。

前田晋太郎氏/下関市長選挙の年収は?

前田氏の年収は以下の情報が参考になると思われます。

・議員報酬1,060,000円×(12ヶ月)=12,720,000円
・期末手当1,060,000円×(4.5ヶ月分)=4,770,000円

現在、前田氏の市長としての年収は上記合計の17,490,000円です。

前田晋太郎氏/下関市長の選挙結果や得票率は?

ここでは前田氏の選挙結果について書いていきます。

新人として初出馬された2017年3月12日執行の下関市長選挙で48,896票を獲得して初当選。全体の投票率は47.09%でした。

過去の選挙でも40%台の投票率が続いていることから、今回の選挙でも同じ程度の投票率が見込まれます。

まとめ

再選を目指す前田氏の選挙戦で掲げる公約は102項目にも上ります。

新型コロナウイルス対策を筆頭として、老朽化した市社会福祉センターの建て替え、火の山公園の再整備、ウオーターフロント開発の本格化、旧豊浦郡4町の活性化、子育て支援を柱として4年の実績を踏まえ有権者に猛アピールされています。

市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所