真部卓也/本部町長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う本部町長選挙(2022年9月6日告示、9月11日投開票)に、本部町議会議員の真部卓也氏が出馬する意向を表明されましたので、真部卓也氏に関する情報をまとめています。

真部卓也氏の

・経歴
・実績
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

真部卓也/本部町長選挙の経歴は?

名前 真部卓也(まぶたくや)
生年月日 1981年2月20日
出身地 本部町渡久地
最終学歴 愛知県刈谷准看護高等専修学校 卒業
職業(前職) 本部町議会議員
趣味 不明

真部卓也氏は、1981年2月20日に本部町渡久地に生まれました。

愛知県にある刈谷准看護高等専修学校に進学しました。

卒業後、2004年から2017年まで北山病院で准看護師として勤務しています。

2017年に本部町議会議員選挙に初当選しました。

2021年には2期目の当選を果たしました。

2022年に本部町長選挙に出馬する意向を表明しています。

趣味などの情報は得られませんでした。

個人的な予想になりますが、准看護師として勤務していた経験がありますので、気遣いができたり、人当たりのよい柔らかい雰囲気の方かなと思いました。

本部町長選挙では、医療・福祉に充実した政策を掲げてくれるのではないでしょうか。

真部卓也/本部町長選挙の学歴は?

真部卓也氏の学歴は、愛知県刈谷准看護高等専修学校卒業です。

出身高校は?

真部卓也氏の出身高校は、愛知県刈谷准看護高等専修学校です。

刈谷准看護高等専修学校は、共学で、医療法人豊田会が運営している学校です。

刈谷准看護高等専修学校に関する詳しい情報は得られませんでしたので、医療法人豊田会についてご紹介します。

医療法人豊田会の理念と基本方針は以下の通りです。

理念:保健・医療・福祉分野で社会に貢献します
方針:温かい思いを込めた、質の高い保健・医療・福祉サービスを提供します
引用元:医療法人豊田会について

質の高い医療を提供できるように、行動力のある人材の提供を目的としている医療法人のようです。

出身大学は?

真部卓也氏は、大学には進学していないようです。

准看護学校卒業後、北山病院に勤務しています。

スポンサーリンク

真部卓也/本部町長選挙の家族は?

真部卓也氏の、家族に関する情報は見当たりませんでした。

真部卓也氏は、40代ですので既婚の可能性も独身の可能性もありそうです。

真部卓也/本部町長選挙の年収は?

真部卓也氏の年収について予想していきます。

真部卓也氏は、本部町議会議員です。

本部町議会議員の報酬については、本部町議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例に情報がありました。

月収:250,000円×12ヶ月=3,000,000円
期末手当:250,000円×3.45ヶ月=862,500円
年収:3,862,500

以上の結果から、真部卓也氏の本部町議会議員としての年収はおよそ386万円と予想されます。

スポンサーリンク

真部卓也/本部町長選挙の実績や評判は?

真部卓也氏は、

・本部町議会議員(2期)
・産業建設常任委員副委員長
・議会運営委員
・本部町消防組合議員
・今帰仁村消防組合議員

を歴任しています。

真部卓也氏は本部町議会において、

・介護保険制度
・介護サービス
・配食サービス

の拡充について質問していました。

少子高齢化の中で、介護を家族だけでなく町がサポートできるような体制を作りたいと考えているのではないでしょうか。

元准看護師ですので、医療や福祉への関心が強い方のように思います。

参考:もとぶ議員だより令和2年12月1日

真部卓也氏は、本部町長選挙の立候補について、保守派という立場をとっています。

保守派の本部町議会議員からの支援を受けているようです。

また、自民党沖縄県支部連合会の幹事長を務める中川京貴氏も真部卓也氏を推薦しています。

真部卓也/本部町長選挙の公約は?

真部卓也氏の公約はまだ公表されていないようです。

真部卓也氏は、最大の課題は人口減少だと語っていました。

真部卓也氏は、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進しています。

デジタル技術を活用して、観光・教育・農業など町民の生活を発展させたいと考えているようです。

人口減少の課題解決やDXを踏まえて、以下のような公約が予想されます。

・マイナンバーカード推進
・行政手続きオンライン化
マイナンバーカード推進
・自然環境の保全・活用
・公園緑地等の充実
・交通整備
・住宅整備
・ICT教育
・歴史・文化財の活用
・災害対策(避難経路の確保)
・バリアフリー化
高齢者住宅の整備
町民・移住者が安心して暮らせる町づくり

真部卓也/本部町長選挙の立候補した理由は?

真部卓也氏は、立候補について以下のように語っていました。

「デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し、町民のニーズに応えられる新しい町づくりをしたい」
引用元:本部町長選 町議の真部卓也氏が立候補を表明

DXを活用して

・観光
・教育
・農業

多分野の発展につなげると語っていました。

真部卓也氏は、

「変えられない町政から、変える町政へ」

をキャッチフレーズに選挙活動を行なっています。

DXを推進し、町政を変え新しい町づくりをしたいことから立候補したと思われます。

真部卓也/本部町長選挙の選挙結果は?

真部卓也氏の選挙結果は以下の通りです。

本部町議会議員選挙
(2017年3月5日投開票)
投票率74.2% 635票(当選)
本部町議会議員選挙
(2021年2月28日投開票)
投票率69.33% 414票(当選)

真部卓也氏は、2017年に本部町議会議員に初当選しています。

現在まで本部町議会議員として2期務めています。

真部卓也/本部町長選挙の引退の可能性は?

真部卓也氏の引退に関する情報は得られませんでした。

真部卓也氏は、まだ40代ですので引退の可能性は低いと思われます。

まとめ

真部卓也氏は、2017年に本部町議会議員に当選し、現在2期目を務めています。

2022年には本部町長選挙に出馬する意向を表明しました。

元准看護師の経験を活かして、医療福祉の政策を掲げてくれると思われます。

また、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し、観光・教育・農業の発展を目指したいと発言しています。

若い力で本部町の町政を変えて欲しいと思います。

当選を期待しています。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
町長
選挙立候補者研究所