黒木あきみつ/日向市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

2024年3月10日告示、同年3月17日に投票が実施される日向市長選挙に、黒木あきみつ氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、黒木あきみつ氏の
・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

黒木あきみつ/日向市長選挙の経歴は?

黒木あきみつ氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 黒木あきみつ(くろき あきみつ)
生年月日 1957年(月日は不明)
出身地 宮崎県日向市
最終学歴 学習院大学
職業 民間企業代表
趣味 非公表

黒木あきみつ氏は、生年月日は不明ですが、2024年2月現在67歳の候補者です。

選挙地の日向市で育ち、大学は学習院大学を卒業しています。

卒業後は民間企業に就職して実務を経験した後、地元でIT企業の株式会社リマークコーポレーションの代表として活躍しています。

黒木あきみつ/日向市長選挙の学歴は?

黒木あきみつ氏は、卒業した高校は不明で、学習院大学に進学しています。

出身高校は?

黒木あきみつの出身高校の情報はありません。

出身大学は?

学習院大学は、1877年に創設された伝統ある私立大学です。

皇族関係者が入学・卒業する大学としても有名で、これまで多くの著名人が卒業をしてきました。

学生と教職員が対等な立場で議論をして同じ興味を追求する伸びやかな校風が創設当初から息づいています。

5学部17学科がある総合大学です。

黒木あきみつ/日向市長選挙の家族は?

黒木あきみつ氏の家族に関する情報は公開されていません。

黒木あきみつ/日向市長選挙の年収は?

黒木あきみつ氏は、IT企業の株式会社リマークコーポレーション代表取締役を担っています。

民間企業の取締役の年収は公開されていないため詳細は不明ですが、安定した高収入を得ていることが予想されます。

黒木あきみつ/日向市長選挙の実績や評判は?

黒木あきみつ氏は、大学卒業後に民間企業に就職した後、現企業の運営に従事しています。

政治の世界での活動経験はなく、目立った評判もありません。

黒木あきみつ/日向市長選挙の公約は?

黒木あきみつ氏が日向市長選挙における公約は明言されていませんが、各種取材に対して以下のような施策目標を掲げています。

・行政サービスの改革
・延岡市・門川町と連携した経済振興

黒木あきみつ/日向市長選挙の立候補した理由は?

黒木あきみつ氏が日向市長選挙に立候補した理由としては、公開された情報はありませんが、新体育館整備に関する論点が注目されています。

各立候補者の新体育館整備に対する考え方が選挙結果に影響を及ぼすかもしれません。

黒木あきみつ/日向市長選挙の選挙結果は?

黒木あきみつ氏は、2019年の宮崎県議会議員選挙に立候補し、落選した経歴があります。

投票日:2019年4月7日
投票率:39.36%
得票数:2,908票

黒木あきみつ/日向市長選挙の引退の可能性は?

黒木あきみつ氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

民間企業に身を置き政治に関連した行動をしていないため、将来のことは予想が難しいです。

しかし、地元で常に活動をしてきた同氏は、地元に対する貢献愛を強く持っていることが予想されるため、選挙に当選できなかったとしても何らかの形で地元に貢献するのではないかと思っています。

まとめ

以上、黒木あきみつ氏について日向市長選挙との関連で紹介してきました。

同氏は、大学卒業後民間企業就職及び経営者の経験を持っています。

政治手腕に関しては未知数ですが、日向市を地元として長年活動をしているため、地元の町の改善や向上に関する意気込みは強いと考えられます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長