黒川伊保子の夫や息子の大学は?年収や経歴も!

スポンサーリンク
人物

今回の記事では、株式会社「感性リサーチ」の代表取締役社長で、脳科学・人工知能研究者として活躍中の黒川伊保子氏について記事をまとめていこうと思います。

黒川伊保子氏の

・経歴
・学歴
・年収
・家族

などについて記事をまとめていきます。

スポンサーリンク

黒川伊保子の経歴や学歴は?

黒川伊保子氏の経歴や学歴についてまとめていきます。

黒川伊保子の経歴は?

名前 黒川伊保子(くろかわいほこ)
生年月日 1959年
身長 不明
出身地 栃木県
最終学歴 奈良女子大学理学部物理学科卒業
職業 脳科学・人工知能研究者
株式会社「感性リサーチ」代表取締役
日本ネーミング協会理事

黒川伊保子氏は、長野県に生まれ、栃木県で育ちました。

高校は、國學院大学栃木高等学校を卒業しています。

1983年に奈良女子大学理学部物理学科を卒業しています。

大学卒業後、富士通ソーシアルラボラトリに入社し、14年ほど勤めています。

富士通ソーシアルラボラトリでAI開発の仕事をしたことをきっかけに、男女間で脳の使い方に違いがあることを発見しました。

後に、著書「妻のトリセツ」を出版し40万部を超えるベストセラーとなっています。

2003年に株式会社「感性リサーチ」を設立し、代表取締役に就任しています。

2005年から倉敷芸術科学大学の非常勤講師を務めています。

エッセイストや脳科学・人工知能研究者として話題になり、テレビやラジオでも活躍中です。

黒川伊保子の本名は?

黒川伊保子氏は、本名で活動されているようです。

黒川伊保子の学歴は?

黒川伊保子氏の学歴ですが、國學院大学栃木高等学校卒、奈良女子大学理学部物理学科卒になります。

黒川伊保子の出身高校は?

黒川伊保子氏の出身高校は、國學院大学栃木高等学校です。

國學院大学栃木高等学校は、1960年設立の私立学校です。

國學院大学の精神を受け継いで、「たくましく 直く 明るく さわやかに」を校訓としています。

KTベクトルプロジェクトが特徴的で、國學院(K)から東大(T)を目指すため、生徒のやる気を引き出すような教育が行われています。

参考:國學院大学栃木高等学校 ホームページ

黒川伊保子の出身大学は?

黒川伊保子氏の出身大学は、奈良女子大学です。

奈良女子大学は、1949年設立の国立大学です。

女性の能力を高め、社会のリーダーとなる人材育成をめざしています。

教員1人あたり生徒10人ほどの少人数教育で、教員と生徒の距離が近い教育が特徴的です。

参考:奈良女子大学 ホームページ

黒川伊保子の仕事は?

黒川伊保子氏は、脳科学・人工知能研究者です。

 

株式会社「感性リサーチ」では、代表取締役を務めています。

企業の商品のネーミングやセミナーなどを行っている会社です。

大塚製薬の「SOYJOY(ソイジョイ)」を名付けたのは黒川伊保子氏です。

コンビニなどでよく見かける「SOYJOY(ソイジョイ)」を名付けた方だったなんてすごいですね。

 

エッセイストのお仕事では、2018年に出版した「妻のトリセツ」は40万部以上売り上げています。

男女の脳の働きの違いから、妻への対応を解説した本です。

人間は、「共感型」「問題解決型」に分かれるようで、子育ての時期には男女の考え方の違いが顕著に現れるようです。

夫婦のすれ違いを解説し、夫婦間が上手くいくような手助けとなるような本です。

研究者であるため、黒川伊保子氏の言葉には説得力がありますね。

 

テレビやラジオなどのメディアにも出演していて、過去には「世界一受けたい授業」に出演し、話題となっています。

2023年4月7日からNHKラジオ「ふんわり」に出演、金曜日のメインパーソナリティーを務めています。

子どもに寄り添うような、やさしいパーソナリティを目指しているようです。

黒川伊保子の家族は?

黒川伊保子氏の家族は、父・夫・息子・孫がいるようです。

 

お父さんは、教育関係の仕事をしていたようです。

学校の先生だったのでしょうか。

お父さんの教育も黒川伊保子氏に影響しているのでしょうね。

 

旦那さんについての詳しい情報は得られませんでした。

黒川伊保子氏は、脳科学・人工知能研究者ですし、男女の脳の使い方にも詳しいので、旦那さんとも良好な関係を築いているのでしょうね。

 

息子さんは、黒川伊保子氏が31歳の時の子どもで、2023年現在は32歳のようです。

「母も惚れるいい男」になるように子育てされたようで、素敵な息子さんなんでしょうね。

小学校に入るまで、数字や文字を教えないで、息子さんが興味のあることを自由にさせていたようです。

理系の大学を卒業していて、
エンジニアになったようです。

 

お孫さんは、2022年ごろに生まれたようです。

黒川伊保子氏は、今はお孫さんの教育に熱心なのかもしれませんね。

黒川伊保子の息子の大学は?

黒川伊保子氏の息子さんの大学について調べたところ情報は得られませんでした。

息子さんは一般の方ですので、詳しい情報は公開していないようですね。

黒川伊保子氏のインタビューによると、理系の大学院を卒業しているようです。

大学名はわかりませんでしたが、大学院を卒業していますので、優秀な方なのでしょうね。

黒川伊保子の年収や月収は?

黒川伊保子氏の年収は、およそ1,890万円と予想しました。

 

黒川伊保子氏は、

・株式会社感性リサーチの代表取締役
・エッセイスト
・講師

などから収入があると思われます。

 

株式会社「感性リサーチ」は資本金2,500万円ほどのようです。

国税庁の令和3年の情報によると、資本金2,000万円以上の株式会社の役員は、賞与69万円、給与922万円ほどのようです。

この情報を参考にして計算していきます。

月収 922÷12ヵ月=約77万円
賞与 69万円
年収 922万円+69万円=991万円

黒川伊保子氏の株式会社「感性リサーチ」の代表取締役としての年収はおよそ990万円と予想しました。

 

エッセイストの平均年収は100~300万円ほどのようです。

黒川伊保子氏は、著書「妻のトリセツ」は50万分以上売上ている人気がある方です。

黒川伊保子氏のエッセイストとしての年収はおよそ300万円と予想しました。

 

講師の出演料を参考にすると、黒川伊保子氏の講演は31万円~60万円の出演料だと思われます。

出演回数を月1回、出演料を50万円と仮定して計算します。

月収 50万円×1回/月=50万円
年収 50万円×12回/年=600万円

黒川伊保子氏の講師としての年収はおよそ600万円と予想しました。

 

株式会社感性リサーチの代表取締役 990万円
エッセイスト 300万円
講師 600万円
年収 990万円+300万円+600万円=1,890万円

以上の結果から、黒川伊保子氏の年収はおよそ1,890万円と予想しました。

 

参考:第7表 企業規模別及び給与階級別の給与所得者数・給与額(役員)(続)

参考:エッセイストの給与・年収は?現実問題として専業で生計を立てられるのは一握りの存在

参考:講演料金の目安「あの講師はいくらで呼べる?」

まとめ

今回の記事では、黒川伊保子氏について記事をまとめてみました。

黒川伊保子氏は、株式会社「感性リサーチ」の代表取締役を務めています。

脳科学・人工知能研究者でもあり、男女の脳の使い方の違いに気づき、著書「妻のトリセツ」がベストセラーとなっています。

講演会では、コミュニケーションやマーケティングなどのアドバイスを行っています。

これからも多くの人に役立つような情報を発信してほしいですね。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物