黒田実/交野市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う交野市長選挙(2022年8月28日告示予定、9月4日投開票予定)に、立候補予定の現職で3期目を目指す黒田実氏に関する情報をまとめています。

黒田実氏の

・経歴
・年収
・家族など

について記事をまとめたいと思います。

黒田実/交野市長選挙の経歴は?

名前 黒田実(くろだみのる)
生年月日 1969年7月13日
出身地 奈良県奈良市
最終学歴 ヴィアトール学園洛星高等学校卒業
職業(前職) 交野市長
趣味 釣り、野球、ソフトボール、スキー

衆議院議員前原誠司氏の事務所勤務、衆議院議員樽床伸二氏の秘書を務め、2003年10月交野市議会議員に初当選し、2014年8月まで務めました。

2014年8月に交野市長選に出馬し、当選。2014年9月から市長として公務にあたっています。

2018年8月に2期目となる交野市長選に出馬し、当選を果たし現在に至ります。

スポンサーリンク

黒田実/交野市長選挙の学歴は?

ヴィアトール学園洛星高等学校卒、京都大学農学部中退です。

出身高校は?

ヴィアトール学園洛星高等学校は、京都市に所在する私立の中高一貫校です。また、キリスト教カトリック精神に基づいた教育を行っています。

生徒のほとんどが大学へ進学し、京都大学や東京大学などの国立大学、早稲田大学や慶応義塾大学などの私立大学にも合格者を出している進学校です。

黒田実/交野市長選挙の家族は?

黒田実氏の家族のについての情報は見当たりませんでした。

既婚、独身、どちらかも不明でした…

スポンサーリンク

黒田実/交野市長選挙の年収は?

黒田実氏の年収について情報をまとめてみました。

交野市の公式ホームページによると、下記のようになります。

74万2千円×12ヶ月=890万円
890万円+賞与290万円(4ヶ月)=1,180万円

黒田実氏の年収ですが、約1,180万円ほどと予想されます。

黒田実/交野市長選挙の実績や評判は?

黒田実氏は社会問題になっている、少子高齢化や人口減少に対する政策や、交野市の特性を活かした新しい雇用の創生の政策など、地方における問題解決に取り組んでいます。

また、パートナーシップ宣誓制度を実施しており、性的マイノリティのカップルがいきいき暮らせる町づくりにも取り組んでいます。

黒田実/交野市長選挙の公約は?

黒田実氏の公約はまだ公表されていませんが、現在進めている政策としてさまざまな政策があります。

教育、子育てでは、待機児童ゼロ、子育て環境、小中一貫教育の推進などに取り組んでいます。

次に健康、福祉では、健康寿命の延伸などの、人生100年時代に向けた取り組みなどに取り組んでいます。

防犯、防災では、IOTを活用した防犯システムの導入などを進めています。

最後に少子高齢化、子供の教育に対する政策に力を入れ取り組んでいるようです。

黒田実/交野市長選挙の立候補した理由は?

黒田実氏の立候補した理由ですが、出馬を表明されたときに以下のように話されていました。

先人が築いた素晴らしい交野を今後も活力あるまちとして維持し、さらに発展させたい」

というのが立候補した理由と思われます。

黒田実/交野市長選挙の選挙結果は?

黒田実氏が出馬した過去の選挙結果をふりかえります。

新人として出馬した2014年9月の市長選では、当時、現職の中田仁公氏との一騎打ちで、黒田実氏は、13,825票を獲得、中田仁公氏は、13,698票を獲得、わずか127票差で当選
投票率は、45.6%でした。

前回2018年9月の市長選では、16,009票を獲得し、新人2人に圧倒的な得票差で当選。投票率は46.9%で、2014年よりわずかに上昇しています。

黒田実/交野市長選挙の引退の可能性は?

まだ若く、市長になりまだ2期目ですので、引退の可能性はないでしょう。

まとめ

黒田実氏は、少子高齢化、人口減少など、日本が抱える問題に対して実直に政策を立て取り組んでおり、パートナーシップ宣誓制度も導入し、誰もが住みやすい町を目指していくことや、教育に対しても、小中一貫教育により、質の高い教育の提供できるように政策を進めているようです。

また、高齢者に対しても健康寿命延伸に向けた取り組み、交通機関の運賃補助などにも取り組みや、安心、安全に対しては、貯水池を整備し、大雨による浸水対策などに取り組みことで安全な町づくりにも取り組んでいます。