倉重良一/大川市長選挙の経歴や家族は?年収についても!

スポンサーリンク

現職の倉重良一市長が来月10月4日に投開票予定の大川市長選挙(9月27日告示)に2期目の再選を目指して立候補する意向を表明されているので倉重氏に関する情報をまとめています。

倉重良一さんの

・経歴
・家族
・年収

について記事を書いていきます。

 
 

スポンサーリンク

倉重良一/大川市長選挙の経歴は?

倉重良一氏の経歴は次の通りです。

名前:倉重 良一(くらしげ りょういち)
生年月日:1977年5月21日
出身地:福岡県大川市出身
出身校:早稲田大学卒業(政治経済学部)
趣味:落語(立川談志)を聞きながらのジョギング、
料理(炒飯、ドリア、パスタ等、炭水化物中心)

大学卒業後は父倉重博文氏が会長を務める、JA福岡中央会に就職。

2016年に前大川市長の鳩山二郎氏が福岡6区補欠選挙に出馬するために市長の辞職を表明。

その後、鳩山二郎氏の同席のもと記者会見を開き、大川市長選挙への立候補を表明した。

自由民主党大川市支部の推薦を受けて出馬し、元大川市長の江上均氏を破り、初当選を果たした。

 
 

スポンサーリンク

倉重良一/大川市長選挙の家族は?

倉重良一氏の現在の家族については記載は見当たりません…

重倉氏が40歳代ということを考えると、ご結婚されてお子さんがいらっしゃるかもしれません。

倉重良一/大川市長選挙の年収は?

大川市のホームページによると

81.9万円(月収)×12ヶ月=982.8万円
982.8万円+賞与274万円(3.35ヶ月)=1,256.8万円(年収)

さらに1期勤め上げる毎に退職金として1,572.5万円が支給されます。

まとめ

40代の若手市長は先のコロナ対策でも市長による専決処分という制度を使い、

4月24日の時点で休業店舗に10万円の支給を開始するというスピード感ある仕事ぶりが評価されています。

今期は前市長がまいた種に水をまくをスローガンに市政を進めてきましたが、

2期目となる今回はどのような独自政策を有権者にアピールするかに注目が集まります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所