久喜邦康/秩父市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果についても!

スポンサーリンク

埼玉県秩父市長選挙が2021年4月11日公示、同月18日投開票の予定で行われます。現市長の久喜邦康さんの他に、北堀篤さんと保泉昌広さんも立候補されています。

今回の記事では秩父市長選挙に立候補されている3名の内の1人、現市長の久喜邦康さんに情報をまとめています。

・経歴
・家族
・年収
・選挙

について記事をまとめていこうと思います。

 
 

スポンサーリンク

久喜邦康/秩父市長選挙の経歴は?

久喜邦康さんのプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 久喜邦康(くきくにやす)
生年月日 1954年5月30日
出身地 埼玉県秩父市
学歴 日本医科大学医学部卒業、同大学院修了
職業(前職) 秩父市長(3期目)
趣味 写真、サイクリング

久喜邦康さんは、1954年生まれで秩父市出身です。

久喜邦康さんのお父さんは秩父市議、祖父が秩父市長という政治に関わりのある一家で育っています。

 

久喜邦康/秩父市長選挙の学歴は?

久喜邦康さんはどのような学歴でしょうか?確認してみました。

出身大学は?

久喜邦康さんの出身大学は日本医科大学医学部卒業同大学院修了されています。

日本医科大学医学部は現在の偏差値は70であり、非常に優秀な大学を修了されています。

医学部を卒業後に医師免許を取得し、1988年には医院を開業。秩父市長になって以降は久喜邦康さんはその医院の経営からは離れられています。

 
 

久喜邦康/秩父市長選挙の家族は?

久喜邦康さんの家族としては奥様がいらっしゃいます。開業した医院の医院長をされています。

またお子さんがいらっしゃるとの情報はみつかりませんでした。

年齢を考えるとお孫さんがいらっしゃってもおかしくはないかと思います。

久喜邦康/秩父市長選挙の年収は?

次に久喜邦康さんの年収を調査してみました。

秩父市のホームページには給与の状況を確認できます。

月収は880,000円となり、期末手当(4.4月分)も含めると1400万円強と推定されいます。

久喜邦康/秩父市長選挙の選挙の実績や評判は?

久喜邦康さんの選挙の実績について確認してみました。

2009年以降秩父市長選に出馬し3回にわたり当選しています。初回の選挙戦では2位以降を大きく突き放して当選しています。

直近の選挙戦(2017年)についても接戦をものにして当選しています。

立候補者を大きく突き放すこともできますして、接戦をものにすることもできますし、選挙が強い人ではないかと考えます。

久喜邦康/秩父市長選挙の選挙の公約は?

今回(2021年4月18日投開票)の選挙戦の久喜邦康さんの公約は数多くありますが、大きくまとめると以下の通りです。

・コロナから市民を守る
・町の賑わいを守る

コロナ禍が落ちつきを見せない昨今、コロナに関するテーマがでてくるのは必然かと思います。

また、高齢化に伴い秩父市自身も人口減少をしており、より活気のある市としたいというのが公約とした意図ではないでしょうか。

久喜邦康/秩父市長選挙の立候補した理由は?

久喜邦康さんが今回の秩父市長選挙に立候補した理由について明確に書かれているページはありませんでした。

久喜邦康さんは、今まで秩父市長を長い間勤められていたこともあり、まだやり残していることがあるのかと思います。

コロナ禍ということもあり、新たに市民を守るということも立候補に至った理由かと思います。

久喜邦康/秩父市長選挙の選挙結果は?

今回の選挙戦は2021年4月18日投開票のため、選挙結果は判明していません。

今回の選挙戦では、前回の秩父市長選にも出馬され接戦となった、北堀篤さんも立候補されます。

また若い保泉昌広さんも立候補され、前回同様に接戦となるのではと思います。今回も誰が当選してもおかしくはない情勢かと思います。

久喜邦康/秩父市長選挙の引退の可能性は?

久喜邦康さんが今回の秩父市長選挙で落選し、これを機に引退する可能性があるか調べてみました。

今回の秩父市長選挙戦は、前回同様に接戦が想定されており誰が当選してもわからない状況です。

久喜邦康さんの年齢を考えると、2021年の次の選挙に出てきてもおかしくはないかと思います。

一方、首長の多選があまり評価されない現在の状況を踏まえると、落選した場合には引退される可能性もあるのもしれません。

まとめ

秩父市長選挙を中心に久喜邦康さんの情報をまとめてみました。

久喜邦康さんは秩父市長として長きにわたり市長として多くの実績を残されています。この実績を元に選挙戦を争うことになります。

前回同様に接戦となると想定されます。選挙戦が接戦となることで選挙自身に注目が集まりますが、きちんと公約を確認して投票したいものですね。

市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所