松井孝治/京都市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

2024年1月21日告示、同年2月4日に投票が実施される京都市長選挙に、松井孝治氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、松井孝治氏の
・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

松井孝治/京都市長選挙の経歴は?

松井孝治氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 松井孝治(まつい こうじ)
生年月日 1960年6月
出身地 京都市中京区
最終学歴 東京大学教養学部卒業
職業 慶應義塾大学総合政策学部教授
趣味 居酒屋/喫茶めぐり・落語など伝統芸能・古典・音楽鑑賞

松井孝治氏は、1960年に京都市中京区で生まれ、旅館の一室で育ったとされています。洛星高等学校を卒業後、東京大学教養学部教養学科国際関係論分科で国際情勢を学び、その後通商産業省(現経済産業省)に入省します。

省庁においては、内閣副参事官通商産業省大臣官房総務課長補佐および行政改革会議(橋本行革)事務局などを歴任した経歴を持ちます。

松井孝治/京都市長選挙の学歴は?

松井孝治氏は、洛星高等学校を卒業後、東京大学教養学部教養学科国際関係論分科に進学しています。

出身高校は?

洛星高等学校は、1951年に設立した高等学校で、キリスト教カトリックの精神に基づく全人教育をモットーにしています。

学内には修道院があり、「宗教」の授業があるなど、キリスト教的志向が強い傾向があります。

卒業後は、多くの生徒が大学に進学しています。

周囲からの印象は、学力が高く進学校としての認識が一般的でしょう。

出身大学は?

東京大学は、近代的な大学としては日本初とされています。

1947年に東京大学の名称になり、現在に至ります。

あらゆる学部を持つ総合大学で、市政への道を目指す学生も多く在籍します。

松井孝治氏も、同大学を卒業した後は入省をして典型的なエリートコースを歩んでいます。

松井孝治/京都市長選挙の家族は?

松井孝治氏の家族は、妻・長男の3人家族という情報がサイト上に掲載されていました。

しかし、家族に関する情報は、以上のもの以外には公開されていませんでした。

松井孝治/京都市長選挙の年収は?

松井孝治氏は、現在慶應義塾大学総合政策学部教授として活躍しています。

大学教授の年収は、どの大学に所属しているのかにも左右されるため、一概に決めるのは難しいです。

大学教授の平均年収は、800万円~1100万円といわれています。

松井孝治/京都市長選挙の実績や評判は?

松井孝治氏は、これまで内閣副参事官・通商産業省大臣官房総務課長補佐・行政改革会議事務局・参議院議員(京都府選挙区2期)内閣官房副長官・参院内閣委員長などを歴任しています。

長年市政で活躍する中で、主だった悪評がない点を鑑みると、信頼できる人柄が伺えます。

松井孝治/京都市長選挙の公約は?

松井孝治氏が京都市長選挙において掲げる公約は、以下の通りです。

・市民あっての京都/人々から選ばれるまち京都を
・突き抜ける魅力のある文化首都・京都を創る
・文化首都を支えるつよい経済の復活を図る
・すべての人に「居場所」と「出番」のある京都へ

松井孝治/京都市長選挙の立候補した理由は?

松井孝治氏が京都市長選挙に立候補した理由としては、明確な情報はありませんが京都のすばらしさとともに危機感を感じているとのコメントがみられます。

また、生まれ育った京都への恩返しがしたいとのコメントもみられることから、京都への郷土愛が強く感じられます。

松井孝治/京都市長選挙の選挙結果は?

松井孝治氏は、2007年7月の京都市長選挙に立候補して当選した経験を持ちます。

投票日:2007年7月19日
投票率:53.99%
得票数:256,278票

松井孝治/京都市長選挙の引退の可能性は?

松井孝治氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

現在は、大学教授として活躍しており、京都市長選挙に落選した場合でもすぐに引退する可能性は低いと考えられます。

個人的には、次回の京都市長選挙にも出馬する可能性は十分にあると思っています。

まとめ

以上、松井孝治氏について京都市長選挙との関連で紹介してきました。

同氏は、京都市で生まれ育った経験があり、地元への恩返しの気持ちが強いのかもしれません。

省庁での経験が長く、大きなトラブルが見当たらないことから、京都市長となった場合は信頼感のある市政が展開されるのではないかと期待されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長