こたき真里/福知山市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も! | 選挙立候補者研究所

こたき真里/福知山市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

任期満了にともなう京都府・福知山市長選挙に2度目の立候補を表明した小瀧真里氏。

この記事では、小瀧氏の

・経歴

・家族

・年収

・選挙結果

などについて書いていきます。

スポンサーリンク

こたき真里/福知山市長選挙の経歴は?

小瀧氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 小瀧真里(こたきまり)
生年月日 1959年生まれ(月日については不明)
出身地 福知山市
最終学歴 不明
職業(前職) 福知山市議会議員
趣味 不明

小瀧真里氏は、福知山市生まれの福知山市育ち。

そして福知山市の学校で36年間、教員として子どもたちやその保護者と関わってきました。

市議会議員になってからも対話型ミーティングを開いたりと、地域の親御さん方と積極的にコミュニケーションの場を設けているようです。

教育者から政治家へ転身された小瀧氏の市長選への再チャレンジに注目が集まっています。

こたき真里/福知山市長選挙の学歴は?

小瀧氏の学歴については情報がありませんでした

2020年に初めて福知山市長選挙に出馬した際、新聞社の取材に「一浪して大学に進学した」と述べているので、おそらく最終学歴は大学と予想できます。

出身高校は?

小瀧氏の出身高校についても、やはり公開されていませんでした

福知山市生まれの福知山市育ちということなので、あくまでも予想になりますが、おそらく京都府内の高校に進学されているのではないでしょうか。

出身大学は?

一浪して大学に進学したということ以外の情報は見当たりませんでした

教員として長きにわたり教壇に立ち、教頭職や校長職も経験されていることから、大学では教育についての勉強をされていたと思われます。

こたき真里/福知山市長選挙の家族は?

小瀧氏のご家族については、情報が公開されていませんでした

ご自身の経験として「仕事と子育ての両立に苦労した」と述べていることから、ご結婚されてお子さんもいらしたと考えられます。

現在64歳というご年齢から考えて、成人されたお子さんがいらっしゃるかもしれませんね。

こたき真里/福知山市長選挙の年収は?

小瀧氏の年収について調べてみました。

福知山市の公式サイトによると、福知山市議会議員の年収は以下の通りです。

月給:41万円×12ヶ月=492万円

小瀧氏の年収は492万円となります。

このほかに期末手当が加算されるので、実際にはこれ以上の年収であると予想できます。

こたき真里/福知山市長選挙の実績や評判は?

小瀧氏は36年間、福知山市内の学校に教員として勤務され、教頭職、校長職も経験されています。

教員を退職後は「子どもの居場所づくり」に力を注ぎながら、福知山市議会議員として政治の面からも「子育てが楽しい町づくり」を実現するために活躍されています。

現在も教育改革を目指し、社会活動家の方とともに「対話型ミーティング」を定期的に行っているようです。

対話型ミーティングの会場には子どもが過ごしやすいスペースも設けられており、小瀧氏が子育て世代の市民とリアルに対話をしようと考えていることがわかりますね。

小瀧氏のSNSを見ると、大きな震災があると居てもたってもいられず、誰にも何も告げずにボランティアに出向いたりと、行動力のある人柄が伝わってきます。

頼もしくてついて行きたくなる人、嘘をつけない正直な人という評判から、小瀧氏に対する市民の皆さんの期待は大きいのではないでしょうか。

こたき真里/福知山市長選挙の公約は?

小瀧氏の正式な公約は見当たりませんでしたが、公式サイトに掲載されている「3つのこたきビジョン」から小瀧氏の市政に対する考えが読み取れます。

・市政をひらく。みんなで変える!

・教育・子育て支援で誰もが住みたいまちへ。

・地域をリ・デザインする!

教育と政治、両面の経験を生かし、やさしさとワクワクがあふれる新たなまちづくりに挑戦する、と語っています。

小瀧氏の考える「新しいまちづくり」に期待したいですね。

こたき真里/福知山市長選挙の立候補した理由は?

小瀧氏にとって今回の福知山市長選への挑戦は2回目となります。

小瀧氏は出馬の理由を「私を議員にしてくださった方々の期待により一層応えるため、市長選に再度チャレンジする」と語っています。

「多くの市民の皆さまが市政の改革を熱望されている、その期待に応えていくことが私の使命」とも述べていることから、なによりも応援してくださる市民の皆さんの「声」に背中を押され、再チャレンジを決意されたのだと想像できます。

小瀧氏が多くの方から絶大な信頼を得ていることが伝わってきますね。

こたき真里/福知山市長選挙の選挙結果は?

小瀧氏のこれまでの選挙結果についてまとめました。

小瀧氏は2020年6月14日、福知山市長選挙に元市立小学校長として無所属で初めて立候補されますが、残念ながら落選されています。

その後、2023年4月23日、福知山市議会議員選挙に出馬し、見事に3位で当選

この時の獲得票数は1,605票、投票率は51.38%でした。

今回は市議会議員としての経験も積まれて、2度目の市長選への挑戦となります。

市民の声を届けるために、ぜひ頑張ってほしいですね。

こたき真里/福知山市長選挙の引退の可能性は?

小瀧氏が引退の可能性について言及している情報は見当たりませんでした

これまでの行動力あふれる人柄や人々からの厚い信頼を考えると、引退の可能性は低いのではないでしょうか。

まとめ

学校という場所で36年にわたり、子どもたちやその親たちと接してこられた小瀧氏。

教育現場の課題や今の子どもたちに必要なことを誰よりも本気で考えているからこそ、2度目の市長選に向けて行動されたのではないかと思います。

未来の子どもたち、そして親たちのためにも、小瀧氏の提唱する「みんなが育つ。みんなで育てる。優しさとワクワクのまちづくり」を、ぜひ実現してほしいですね。