金剛一智/宇陀市長選挙の経歴や家族は?年収についても!

スポンサーリンク

2020年6月28日に奈良県宇陀市の市長選挙が行われます。
今回は宇陀市長選に出馬する金剛一智(こんごうかずとし)氏についてピックアップします。

 
 

スポンサーリンク

金剛一智/宇陀市長選挙の経歴は?

金剛かずとし プロフィール
金剛 一智 こんごう かずとし
  • 名前   金剛一智(こんごう かずとし)
  • 生年月日 1957年4月6日
  • 出身地  不明
  • 出身学校 京都大学大学院工学研究科
  • 趣味   不明
  • 特技   都市計画・基盤整備の専門家

1983年 奈良県庁入庁

吉野土木事務所長、河川課長、まちづくり局長、知事特命参与などを歴任

 
 

スポンサーリンク

金剛一智/宇陀市長選挙の家族は?

現在確認できる範囲の情報では、金剛氏の家族は

妻と子供2人です。

お孫さんもいるかもしれませんね。

金剛一智/宇陀市長選挙の年収は?

宇陀市長の給与は・・・

※賞与等は含みません

満額支給された場合
月額820,000×12ヶ月=984万円

平成30年度の給与(15%減額)
月額697,000×12ヶ月=約836万円

宇陀市は年度によって市長・副市長を含めた職員の給与を15%~30%の減額が行われています。

まとめ

金剛氏は、「宇陀市が奈良県東部の中心地であるというスタンスで政策を行っていく」と表明しており、将来に希望を持てるまちづくりを公約にしています。

現在の市政の刷新を主張しているので、これからの活躍が注目されますね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所