込山洋/参議院議員選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も! | 選挙立候補者研究所

込山洋/参議院議員選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

第26回参議院議員選挙(2022年6月22日告示、7月10日投開票)に、スマイル党幹事長で会社員の込山洋氏が立候補を表明しました。
こちらのページでは、込山洋氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

込山洋/参議院議員選挙の経歴は?


込山洋氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 込山洋(こみやまひろし)
生年月日 1973年12月18日
出身地 神奈川県横浜市
最終学歴 横浜商科大学高等学校卒業
職業(前職) 金融会社⇒介護士
趣味 渋谷でのスマイル活動・ゴミ拾い活動

込山洋氏は1973年12月18日に神奈川県横浜市にて生まれたのち、高校・専門学校を卒業後、金融会社勤務ののちコンサルティング会社を設立しています。

その会社を閉鎖したのちは、2015年4月より渋谷ハチ公喫煙所にて1年間喫煙所の清掃、マナー啓蒙活動を行い、2016年4月よりスマイル党総裁のマック赤坂氏(現港区議会議員)の付き人、財団法人スマイルセラピー協会の公認インストラクターを務めました。

2019年5月よりマナー啓蒙・清掃活動を新橋SL広場喫煙所を中心に実施するようになり、その後は2020年東京都知事選挙の出馬を皮切りに政治活動に参加しています。

込山洋氏 後援会サイト
込山洋氏 Twitter
込山洋氏 Facebook
込山洋氏 公式Youtube

込山洋/参議院議員選挙の学歴は?

込山洋氏の卒業高校は横浜商科大学高等学校、その後専門学校の大原経理専門学校を卒業しています。

出身高校は?

横浜商科大学高等学校は神奈川県横浜市旭区に所在する私立高等学校であり、通称は「商大(しょうだい)」と地元で呼ばれています。

卒業生には兄弟で俳優である斉藤慶太さん・斉藤祥太さん、元プロ野球選手の木田勇さんなどがいらっしゃいます。

横浜商科大学より長い歴史を持つ高等学校となっており、この高校と商科大とは、お互いの設置者がそれぞれ異なる「姉妹校」とされています。

スポンサーリンク

込山洋/参議院議員選挙の家族は?

家族構成についてですが、込山洋氏は2016年1月30日放送のTV「家、ついて行っていいですか?」に出演しており、九州に妻と2人の子供がいるとインタビューで答えています。

その後ですが、2020年の取材で、奥さんとは離婚したと話しています。現在は独身のようですね。

込山洋/参議院議員選挙の年収は?

現在の込山氏の収入に関して詳細を調べましたが、情報は得られませんでした

込山氏は過去金融会社の勤務やコンサルティング会社の起業など、様々な職を勤めておりますが、年収に関する情報は明かしていません。詳細が気になります。

スポンサーリンク

込山洋/参議院議員選挙の実績や評判は?

込山氏は先述の通り、過去渋谷ハチ公喫煙所などの清掃活動・マナー啓蒙活動や、マック赤坂氏(現港区議会議員)の付き人をしていました。

清掃活動については政治活動を実施する以前から何度かメディアの取材を受けており、込山氏は以下のように語っています。

――なぜハチ公前であのような活動をしているのですか。

込山 私は昔からハチ公が大好きだったんですね。でも15年ぶりに東京で見たハチ公前は、ゴミと吸い殻であふれていて、とても汚かったんです。今は世界から日本に観光客が押し寄せて、渋谷にも外国人の方がたくさんいらっしゃっているじゃないですか。キレイでクリーンな日本のイメージを持っていただきたいと思い、活動しています。

(引用:渋谷駅ハチ公前に「叫び続ける男」が出現中! 一体何者なのか、直撃インタビュー!! (2015年8月29日) – エキサイトニュース)

また、各メディア・自身の選挙ポスター等では込山氏はマック赤坂の弟子・後継者として多く取り上げられています。

マック赤坂氏といえば、独特な政見放送・政治活動で注目を浴び、スマイル党の代表者として国政選挙や地方選挙に多く出馬した政治家であり、現在は2019年4月の港区議会議員選挙で晴れて当選し、港区議会議員として活動しています。

込山氏は、清掃活動の様子を見ていたマック氏から運転手にスカウトされた経緯があり、マック氏を「命の恩人」と語っています。

込山氏はそのマック氏の政治活動を継承する形で、込山氏自身もスーパーマンの格好で選挙演説を実施するなど、独自路線の政治活動にも力を入れており、それらの様子をSNSなどにも公開しています。

マック氏が港区議会議員になった後は、スマイル党推薦を受けてマック氏に代わり国政選挙に立候補していることからも、マック赤坂氏・スマイル党の支持者の他、その独自の政治活動を応援する都民からの支持も厚いものであると思われます。

込山洋/参議院議員選挙の公約は?

込山氏は自身のホームページに「東京美しい心大改革22」と称したビジョン・政策を掲げています。

【実体経済の成長!!】

1. 所得税、社会保険の負担減

2. 徹底した少子化対策

3. 国立大学の無償化

4. インフラ老朽化への徹底対策

込山氏は、国政の現況に対し、「既得権益を断ち切る改革」と訴え、改革案を示しています。

また、今回の参議院選挙では特に、日米地位協定の見直し・日米合同委員会の見直しを前面に掲げた政策提案を行っています。

その他、ベーシックインカム導入やうつ病自殺対策に関わる施策など、多くの政策を掲げていますので、多様な世代の東京都民にそれらがどう支持されるのかが期待されます。

込山洋/参議院議員選挙の立候補した理由は?

込山氏は今回の立候補の理由について、出馬会見で以下のように語っています。

「東京選挙区は歴史的な大激戦区。都知事選以上に全国の人が注目するんじゃないか。スマイル党歴7年、マック赤坂が党を立ち上げたのが15年前。スマイルは世界共通のもの。お金がない方でも弱者救済、スマイル党のコンセプトです」

「安倍さんは『強い日本を取り戻す』と言ったが、強いどころか弱くなっている。70年間、自民党は何をしていたんだ! 2世、3世議員、もういい加減にしてください」

(参照:マック赤坂氏の後継者・込山洋氏 参院選東京選挙区に参戦「自民党にはスマイルがない!」 | 東スポの社会に関するニュースを掲載)

込山氏の選挙出馬は今回で4回目であり、継続して先述した国政の課題・問題改善を国民に訴えかけていきたいという思いを持って出馬を決意したのではないでしょうか。

込山洋/参議院議員選挙の選挙結果は?

過去、込山氏は衆議院議員選に1回・東京都議選に1回・東京都知事選に1回出馬しています。

過去出馬している各選挙の結果は以下の通りです。

東京都知事選挙
(2020年07月05日投票)
10,935.582 票(落選)
東京都議会議員選挙
(2021年07月04日投票)
渋谷区 3,010 票(落選)
第49回衆議院議員選挙
(2017年10月22日投票)
東京7区 5,665 票(落選)

込山洋/参議院議員選挙の引退の可能性は?

込山洋氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

「師匠」であるマック赤坂氏は、かつて14回も選挙に出馬し、12年もの活動の末ようやく議員となりました。

込山氏もそのマック赤坂氏の後継者となって今回の参議院選に挑戦することを表明している以上、政治への思いの強さも考えると、現時点で引退を考えている可能性はないと思います。

まとめ

前回出馬の第49回衆議院議員選挙では、長妻昭氏他4名と争うものの得票が及びませんでしたが、今回も引き続き参議院選挙へ挑戦する込山氏。

現段階で東京選挙区で出馬する顔ぶれには込山氏を含め、34名の候補が6人の枠を争い立候補を表明しています。

そのため、激戦の選挙区であり苦戦も強いられる選挙活動であるかと思われますが、かつて選挙のたびに話題性を集めたマック赤坂氏の後継者として活動している込山氏が、どのような選挙活動をもって自身の政策を訴えていくのかが期待されます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
参議院議員
選挙立候補者研究所