小松政/武雄市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も! | 選挙立候補者研究所

小松政/武雄市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う佐賀県武雄市長選挙が2022年12月11日に告示、12月18日投開票にて行われます。

武雄市長選挙には、2人が立候補を表明しています。

元武雄市議会議員で新人の宮本栄八氏と、現職で3期目を目指す小松政氏です。

4年前の選挙は無投票だったため。2015年以来7年ぶりの選挙戦となります。

今回は、小松政氏について以下のことについてまとめました。

  • 経歴
  • 家族
  • 年収
  • 選挙結果

スポンサーリンク

小松政/武雄市長選挙の経歴は?

小松政氏のプロフィールを簡単にまとめました。

名前 小松政(こまつただし)
生年月日 1976年4月21日
出身地 京都府
最終学歴 東京大学法学部卒業
職業(前職) 武雄市長(2期)
趣味 学生時代は合唱部に所属

小松政氏は東京大学法学部卒業後、総務省に入省します。

その後、大分県庁内閣官房福岡市役所への出向を経て、2010年に総務省行政管理局副監理官を最後に退職します。

退職後、武雄市役所に入り、財政課企画課公益財団法人東日本大震災復興支援財団への出向を経て、秘書課長となります。

2015年、武雄市長選挙に出馬し、初当選をはたします。

スポンサーリンク

小松政/武雄市長選挙の学歴は?

小松政氏は、東京大学法学部を卒業しています。

出身大学は?

東京大学は、欧米諸国の諸制度に倣って設立された、日本国内初の近代的な大学です。

東京大学は、3つのキャンパスごとに教育内容や研究内容を分けています。

駒場キャンパスは教養課程、本郷キャンパスは専門教育、柏キャンパスは大学院課程の教育となっています。

日本では、学部ごとにキャンパスを分立することが多いため、珍しい形態といえます。

日本で最も有名な大学であり、学部ごとに差はあるが、日本の最難関大学といわれています。

東京大学 ホームページ

小松政/武雄市長選挙の家族は?

小松政氏の家族は、奥さんと長女、次女の4人家族です。

自身のブログで以下のように、家族について紹介していました。

今回のチャレンジにあたっては、家族の理解と協力が不可欠です。
妻は、最終的に「決めた、やるばい」と言ってくれました。最近髪をバッサリ切りました。てっきり決意の表れかと思っていたのですが、単に米倉涼子カットにしたかっただけのようです。まあ、私より男っぽい人です。

5歳の長女は、保育園の先生からも「誰とでも仲よくしてます」と言われていて、シャイですが、優しい。妹の面倒をよく見てくれています。

次女は写真のとおりのわんぱく。食べるのが大好きでいつも何か口に入れてます。なので、この体格なのですが、実はまだ3歳(笑)。ちなみに、よく鼻垂れてます。うちの家族のムードメーカー。
引用元:小松政氏 ブログ こまっちゃん、走ります! 2014-12-14の投稿より

スポンサーリンク

小松政/武雄市長選挙の年収は?

小松政氏の年収の詳細な情報は公表されていませんでした…

参考までに武雄市長の報酬から年収を予想してみます。

月額95万円×12か月=1140万円
1140万円+期末手当318万2500円(3.35か月分)=1458万2500円

小松政氏の武雄市長としての年収は1458万2500円と予想されます。

小松政/武雄市長選挙の実績や評判は?

小松政氏は、これまでの2期の実績として以下の項目を挙げています。

  • 2019年、2021年と2度の浸水被害を踏まえた治水対策
  • 西九州新幹線を活用した街づくり

小松政/武雄市長選挙の公約は?

小松政氏は、告示後の出陣式で以下のように述べています。

進み始めた治水事業を一気に進めて、床上浸水ゼロの道筋を必ずつける。
新幹線を生かして移住定住を増やし、観光客を呼び込み、雇用を生み出し、学校誘致にも挑戦したい。
スポーツや文化で、夢と感動のまちづくりをしたい。

小松政/武雄市長選挙の立候補した理由は?

小松政氏は、出馬表明にあたりこのように答えています。

「今やるべきことは市民の生命と暮らしを守ること。治水対策にしっかりと取り組み、新幹線開業を地域の活性化につなげたい。武雄市にはのびしろがある。これを徹底的に伸ばして、さらに活気ある武雄市をつくるため全身全霊で取り組みたい」

2期の間市長として進めてきた政策を引き続き進めていくべき立候補をしたようです。

小松政/武雄市長選挙の選挙結果は?

小松政氏が過去に出馬した選挙の結果は以下の通りです。

2015年 武雄市長選挙 投票率68.8% 得票数14081票 初当選
2018年 武雄市長選挙 無投票 当選

小松政/武雄市長選挙の引退の可能性は?

小松政氏は、今回の選挙後の進退については言及しておりません。

しかし、まだ46歳と政治家としては若手であることや、今後も自身の政策を進めていきたいと意欲的であることから、今後も市政に携わっていくのではないかと思われます。

まとめ

任期満了に伴う武雄市長選挙が12月11日告示され、現職の小松政氏が3期目を目指し立候補しました。

前回は、無投票であったため7年ぶりの選挙戦となります。

元市議の宮本栄八氏が立候補を表明したことから、一騎打ちになる模様です。

引き続き小松市政が支持され、今回も当選となるのか非常に気になるところです。

投開票は12月18日に行われます。

どのような結果になるのか大変注目されますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所