小城せいすけ/斑鳩町長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う、奈良県斑鳩町の斑鳩町長選挙(選挙期日告示日令和3年12月12日)に立候補されました、小城世督(こじょうせいすけ)さんについて書いてみたいと思います。

小城世督さんの

・経歴
・学歴
・家族
・年収
・実績や評判

などについて、記事をまとめていきたいと思います。

 
 

スポンサーリンク

小城せいすけ/斑鳩町長選挙の経歴は?

プロフィール | 斑鳩町長候補 小城世督(こじょうせいすけ)オフィシャルサイト
名前 小城世督
生年月日 1987年4月6日
出身地 奈良県生駒郡斑鳩町
最終学歴 立命館大学 文学部卒業
職業(前職) 百貨店勤務(店長)
趣味 野球

小城せいすけさんは、奈良県斑鳩町に生まれ育ち、大学卒業後は百貨店に勤務され、こつこつと努力を重ね、実力を認められると、店長にまで栄進されます。

27歳の時に勤めていた百貨店を退職し、政治の世界へ入ることを決意すると、28歳で奈良県議会議員選挙に出馬、惜しくも落選。

しかし、地元のために、数々の政治活動を行い、4年の月日を経て、斑鳩町議会議員に立候補し、1位で当選されました。「一番動ける男」とのキャッチフレーズとともに、強い思いを持ち続け、今回は斑鳩町長選挙に挑みます。

小城せいすけ/斑鳩町長選挙の学歴は?

小城せいすけさんの学歴は京都府にある立命館宇治高校卒立命館大学卒です。

立命館大学といえば、「関関同立」と言われる近畿地方の、難関私立大学(関=関西大学)(関=関西学院大学)(同=同志社大学)(立=立命館大学)を示す通称の一つの大学です。

難関私立大学を卒業された小城さんは、とても優秀な方なんだろうと想像できますね。

出身高校は?

宇治市にある、立命館宇治高等学校が母校です。学校法人立命館が設置している中高一貫高校のようです。

立命館宇治高等学校は、立命館系列の高校の中で最も帰国生徒の受け入れに積極的な学校であり、国際入試や国際編入試験も行っているとのことです。

また、部活動については陸上競技部は全国屈指の強豪校であり、多くのプロスポーツ選手を輩出しています。

小城さんの政策の一つに、「運動やスポーツを楽しめる環境つくり」のルーツは、高校時代に将来のプロスポーツ選手たちの影響を受けたのかもしれませんね。

出身大学は?

卒業された立命館大学では、文学部で「人文総合科学インスティテュート総合プログラム」というグローバルな視野と語学力を身につけるための国際教育を専門的に学ばれました。

耳慣れない言葉ですが、複雑な現代社会とそこに生きる人間を総合的にとらえるため、単一の学問手法を身につけるのでなく、複数の学際的な学問手法と視点を身につけることを目的としています。

アメリカの大学は入学してから専攻を決めず、3回生になる頃に選考を決めるそうです。

大学で広い範囲の事を学びながら、自分のやりたい事を見つける。アメリカの大学の方式と似ているようです。

スポンサーリンク

小城せいすけ/斑鳩町長選挙の家族は?

小城せいすけさんの家族については情報は得られませんでした。

まだお若いので、もしかすると独身なのかもしれませんね。

小城せいすけ/選挙の年収は?

小城せいすけさんの個人の収入に関して情報は得られませんでした…

参考までにですが、斑鳩町議会議員の報酬は284,000円だそうです。

年収の予想ですが、以下の通りになります。

月収284,000円×12ヶ月=年収3,408,000円

これ以外にも、期末手当やその他の手当があるかもです。

 
 

小城せいすけ/斑鳩町長選挙の実績や評判は?

斑鳩町長選挙には初出馬です。

生駒郡PTA 協議会会長、斑鳩東小学校PTA 副会長、奈良県商工会青年部連合会委員長、少林寺拳法斑鳩道院顧問、一般社団法人法隆寺青年会議所理事などの役職を担っておられ、学校、スポーツ、歴史などの分野に精力的に活動されているのがうかがえますね。

斑鳩町には歴史的建造物である、法隆寺が建立されています。世界遺産を活用した観光や、サービスの充実を行うことで、斑鳩町を活性させようと、精力的に活動をされています。

また、斑鳩町を流れる「竜田川」にちなんでつけられた「竜田揚げ」を斑鳩町の名物として全国へPRしたいと、自身も「日本竜田揚げ協会」に所属するなど、町内外23店舗の飲食店と共に観光客へのおもてなし、町内外の様々なイベントに啓蒙活動を続けられています。

小城せいすけ/斑鳩町長選挙の公約は?

小城せいすけさんは以下のような公約を掲げられています。

「防災・減災」
水害に対する治水対策
町と町民が協働できる仕組み
自主防災に対する意識の向上

「子供の教育・安全」
歴史文化に沿ったカリキュラムの提案
文化体験のできる授業を
通学路の安全確保。ブロック塀の補修やガードレール等の整備

「観光」
恵まれた農業資源や地域産業を活用
観光客が来町しやすい環境づくりとITの活用
今ある法隆寺周辺の資源を有効活用

「福祉」
インフォーマルサービスの拡充
介護予防サービスの整備
地域包括ケアの推進

小城せいすけ/斑鳩町長選挙の立候補した理由は?

地元に対する思いが人一倍強い小城せいすけさんです。

公約にも掲げられているように、暮らしが豊かになり、地域の人たちが、住み慣れた地域で生き生きと暮らせるようにと、立候補されたのではないでしょうか。

小城せいすけ/斑鳩町長選挙の選挙結果は?

小城せいすけさんは、2回の出馬経験があります。

28歳の時、初めての出馬となる2015年の奈良県議会選挙では得票数は6986票という得票数でしたが、3位当選の候補者のわずか300票の差で落選しています。

4年後の2019年の斑鳩町議会選挙にて1位で初当選されています。

4年の間に政治活動をこつこつと積み上げ、知名度も上がったことの結果でしょう。

今回立候補した斑鳩町長選挙では、さらに士気を高められ出馬されることでしょう。

小城せいすけ/斑鳩町長選挙の引退の可能性は?

27歳という若さで地方政治の場に飛び込まれた小城せいすけさんなので、「継続は力なり」その言葉にある通り、引退の可能性はまだ低いと考えられます。

まとめ

「希望に満ち溢れた斑鳩町の実現」、地元を愛してやまない小城さん。

若い力で10年、20年先の未来を見据えて、安心して暮らせるような街づくりに活動的に取り組んでいかれることでしょう。頑張ってください!