小林幹夫/鹿沼市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も! | 選挙立候補者研究所

小林幹夫/鹿沼市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

今回の記事では2024年6月2日告示、6月9日投開票予定の鹿沼市長選挙に出馬予定の小林幹夫氏について記事をまとめていきます。

小林幹夫氏の

  • 経歴
  • 家族
  • 年収
  • 選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

小林幹夫/鹿沼市長選挙の経歴は?

小林幹夫氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 小林幹夫(こばやしみきお)
生年月日 1954年1月22日
出身地 栃木県鹿沼市
最終学歴 日本歯科大学
職業(前職) 歯科医師
趣味 不明

小林幹夫氏は、1954年、栃木県鹿沼市に生まれました。

日本歯科大学を卒業後、歯科医師としてのキャリアをスタートさせ、その後政治の道に進みました。

鹿沼市議会議員を経て2003年に栃木県議会議員に初当選。

県議会議長や自民党県連の政調会長を務め、地方政治での貢献を続けてきました。

小林幹夫/鹿沼市長選挙の学歴は?

小林幹夫氏は栃木県立宇都宮高等学校を卒業後、日本歯科大学で歯科医学を学びました。

出身高校は?

小林幹夫氏は栃木県立宇都宮高等学校の出身です。

栃木県内で学問に厳しい教育環境の高等学校で知られているようです。

小林氏をはじめ、多くの優れた学生を輩出するようで、進学校といえるでしょう。

出身大学は?

小林幹夫氏は日本歯科大学を卒業しました。

日本歯科大学は、日本で最も歴史ある歯科医学の教育機関の一つです。

歯科医学の研究と技術革新に積極的に取り組んでいます。

小林幹夫/鹿沼市長選挙の家族は?

小林幹夫氏の家族に関しては、情報が見当たりませんでした。

小林幹夫/鹿沼市長選挙の年収は?

小林幹夫氏の具体的な年収情報は公開されていません。

栃木県の公式サイトによると、県議会議員の年収は以下の通りです。

83万円(月収)×12ヶ月=996万円

小林幹夫/鹿沼市長選挙の実績や評判は?

小林幹夫氏は鹿沼市議を経て、2003年に県議会議員に初当選。その後県議会議長や自民党県連の政調会長などを務めました。

小林幹夫氏は地元ではとてもまじめで信頼されている政治家のようです。

小林氏の政策やリーダーシップが多くの市民から支持されているのだと思いました。

小林幹夫/鹿沼市長選挙の公約は?

小林幹夫氏は、

・景気対策
・子育て支援
・高齢者対策

を公約としています。

さらに、鹿沼市内への次世代型路面電車(LRT)の延伸計画にも目を向けていて、当選したらしっかりと進めたいと話されています。

地域交通の改善は、生活の利便性が向上して市民からも喜ばれそうですね。

小林幹夫/鹿沼市長選挙の立候補した理由は?

小林幹夫氏が鹿沼市長選に立候補する理由は、「36年間の地方政治で培ったものを生かして街の発展につなげることが使命」と話されています。

また、市民からの「鹿沼を明るく元気にしてほしい」という声を数多く聞いた」とも話されていました。

市をよりよくするために市民からの声にも耳を傾け、街のために貢献したいという使命感を強く感じました。

小林幹夫/鹿沼市長選挙の選挙結果は?

小林幹夫氏は、2003年に栃木県議会議員に初当選し、その後も複数期にわたって再選されています。

2019年の県議選では、得票数 8875票、投票率 46.22%で当選されています。

その後2023年の県議選では残念ながら落選されています。

小林幹夫/鹿沼市長選挙の引退の可能性は?

小林幹夫氏は引退の意向を現時点では示していません。

現在70歳なので、選挙結果次第では引退の可能性もあるのではないかと思います。

まとめ

小林幹夫氏は、「景気対策」、「子育て支援」、「高齢者対策」を公約に掲げ、

市の発展に貢献することを使命として立候補を決意しました。

その豊富な経験と地元への深い愛着を活かして、鹿沼市の未来を明るく、元気にしてくれるでしょう。