北門勇気/大和郡山市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果についても!

スポンサーリンク

2021年06月20日に奈良県大和郡山市で市長選挙が開催されます。

2021年大和郡山市長選挙では現職の上田清市長が再戦を目指しているのと、新たに元大和郡山市会議員の北門勇気氏が対立候補として立候補されるそうです。

今回の記事では、北門勇気氏について記事をまとめていこうと思います。

北門勇気氏の

・経歴
・学歴
・家族
・年収
・実績
・公約
・引退の可能性

などについて記事をまとめていきます。

 

北門勇気/大和郡山市長選挙の経歴は?

名前 北門勇気(きたもんゆうき)
生年月日 1980年生
出身地 奈良県大和郡山市
最終学歴 私立駒澤大学法学部法律学科卒業後
中国蘇州大学文学部入学
職業(前職) 大和国際日本語学院副理事長
趣味 不明

北門勇気氏の経歴ですが、中国蘇州大学文学部に留学後に奈良県技能研究・開発協同組合に入社されます。

入社から1年ほどで、同会社の専務理事に就任されたのと同時に株式会社北門の取締役にも就任します。会社の名前から想像するにご自身で起業したのか、ご家族の会社の可能性が高そうです。

2011年に大和郡山市議会議員に初当選され、2期目の途中まで市議を務めて、大和郡山市超選挙に挑みますが、結果は落選という結果になります。

2021年に2度目の大和郡山市長選挙に挑むことになります。

北門勇気/大和郡山市長選挙の学歴は?

北門勇気氏の学歴は日生学園第一高等学校卒私立駒澤大学法学部法律学科卒業となります。

出身高校は?

三重県にある日生学園第一高等学校(現在は桜丘高等学校)は進学コースから、名古屋大学や京都府立大学などの国公立大学や早稲田大学、法政大学といった私立大学にを目指せる学校だったようです。

現在の桜丘高等学校へなってからも、国公立難関私大コースや医歯薬コース、総合進学コースがある進学校のようです。

出身大学は?

私立駒澤大学は麻布北日ヶ窪に近代的な大学として開校されてから130年余りに及ぶ長い歴史と豊かな伝統を持つ私立大学です。

テレビでも取り上げられることもある有名な学校ですね。

スポンサーリンク

北門勇気/大和郡山市長選挙の家族は?

北門勇気氏の家族に関する情報ですが、奥さんお子さんがいるようですね。

ご家族の詳細な情報は見当たりませんでした…お子さんが増えている可能性があるかもしれませんね。
 

北門勇気/大和郡山市長選挙の年収は?

北門勇気氏の年収について情報をまとめてみました。

大和郡山市の公式サイトの情報によると、大和郡山市議会議員の年収は以下の通りになります。

月収:56万円×12ヶ月=672万円
期末手当:136万円+140万円=276万円
年収:672+276万円=948万円

北門勇気氏の予想される年収は約948万円となります。

その他にも収入があるかもしれませんが、情報は見当たりませんでした。

スポンサーリンク

北門勇気/大和郡山市長選挙の選挙の実績や評判は?

北門勇気氏の実績ですが、ご自身の公式サイトに活動等がまとめられています。

北門勇気氏はなんとYouTubeチャンネルを立ち上げていて、大和郡山市の活性化のために熱く語っています。

YouTubeチャンネルはこちらです。

北門勇気氏の評価についての情報は見当たりませんでしたが、YouTubeなどをみた個人的な感想としては、大和郡山市の為に一生懸命力を注いでおり、とても良い印象を受けました。

北門勇気/大和郡山市長選挙の選挙の公約は?

選挙公約としては以下の項目に重点を置いているようです。

・「いのち」を大切にするまちづくり
・市民が参加できるまじづくり
・子どもを大切にするまちづくり
・女性や高齢者が頑張れるまちづくり
・次の世代に引き継いでいけるまちづくり

大和郡山市で住む人のことを先まで考えている公約といった印象を受けますね。

個人的には、学童保育の運営を民営へ委託すること、子ども食堂の開設が上手くいき子どももたちが住みやすいまちになってほしいと思いました。

北門勇気/大和郡山市長選挙の選挙の立候補した理由は?

北門勇気氏が大和郡山市長選挙に立候補をした理由について詳しい情報を見つけることはできませんでしたが、個人的な意見としては、この一文の決意と覚悟が大きな理由なのかなと思います。

県との信頼関係を回復し、少子化となっている大和郡山市の現状を変えていきたいという思いがあるからではないかと思いました。
 

北門勇気/大和郡山市長選挙の選挙結果は?

さてここでは、北門勇気さんの選挙結果について書いていきます。

まず、2011年4月24日に新人として初めて出馬した市議会議員選挙では、1,159票を獲得して当選でした。

次に、2015年4月26日の市議会議員選挙では、投票数1,083票当選

投票率は下がっていましたが、見事当選しています。

2017年6月18日の市長選挙では、7,931票を獲得しましたが敗れてしまいます。

しかし、市議会副議長として2年間勤めていました。

今回の出馬では、大和郡山市をより良くしたい、変えていきたいという思いが強いので期待が高まりますね。

北門勇気/大和郡山市長選挙の引退の可能性は?

北門勇気氏の引退の可能性については情報がありませんでしたが、40歳と若く、これからも大和郡山市の為に様々なことを考え市民と協力して変化をもたらしていく方だと思うので、万が一落選したとしても、諦めずに自分の思いを突き進んでいくのではないかと思います。

まとめ

北門勇気氏は、子どもから高齢者までの幅広い世代の方が過ごしやすいまちづくりを目指し、医療の充実、市民の意見反映、子どもの学習環境の整備と学童保育の民間委託、高齢者や観光客のことを考えたコミュニティーバスの配備などを進めていくことに重点をおいています。

そのために県との信頼回復を目指し、近鉄郡山駅周辺地区に関する包括協定の計画や平端バイパスの計画、近鉄平端駅前開発、24号線沿いの活用など、県と協力して進めるべきだと考えています。

そして、1つひとつの公約をクリアしていき、その先の世代にまで引き継いでいける豊かで活気に満ち溢れるまちづくりを目標にしているとのことです。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所