北川嗣雄/羽曳野市長選挙の経歴や家族は?年収や引退の可能性についても!

スポンサーリンク

任期満了に伴う羽曳野市市長選挙が7月12日に開催されます。

7月5日の告示日に向けて、現段階で5人の立候補が予想されています。

激戦になりそうな選挙戦ですが今回はそのうちの1人、現職市長の

北川嗣雄さんについて書いてみたいと思います。

北川嗣雄さんの

・経歴
・家族
・年収など

について記事をまとめてみたいと思います。

 
 

スポンサーリンク

北川嗣雄/羽曳野市市長選挙の経歴は?

羽曳野市長選挙候補の北川嗣雄さんの経歴は以下の通りです。

名前:北川 嗣雄(きたがわ つぐお)
生年月日:1943年3月24日
出身地:大阪府羽曳野市
出身校:大阪府立河南高等学校 松原分校定時制課程(普通科)
趣味:旅行、美術鑑賞、ワイン

高校卒業後はサントリー(株)に入社します。無類のワイン好きとの事なので、サントリーという会社は北川嗣雄さんには合っていたかも知れませんね。

今は、羽曳野市内に3つあるワイナリーのワインがお気に入りだそうです。

時間のある時には旅行に出かけ、世界文化遺産を楽しむ事もお好きなようです。

スポンサーリンク

北川嗣雄/羽曳野市市長選挙の家族(息子)は?

北川嗣雄さんの奥さんは25年前に病気で亡くなっているそうです。

そこからずっと1人暮らしということなので、お子さんはいたとしても奥さんが亡くなった時点ですでに独立しているのかも知れません。

 
 

北川嗣雄/羽曳野市市長選挙の年収は?

給与 742,500円(月収)×12ヶ月=8,910,000円

賞与 6月期 742,500 × 2.125月分=約1,577,000円

   12月期 742,500 × 2.275月分=約1,689,000円

合計額 12,176,000円 が年収となります。

ちなみに平成25年1月1日から市長は25%減額の措置がとられているそうです。

北川嗣雄/羽曳野市市長選挙の引退の可能性は?

北川嗣雄さんは、5期目の市政のテーマとして「若者が明るい未来を描くことができる環境づくり」を掲げています。

これから結婚し、出産や子育てをしていく若者世代の不安をなくし、将来を夢見ることのできる環境を作るための施策に取り組むという事です。

この5期目を集大成として、若者が暮らしやすい環境を整え、次世代にバトンタッチする・・・というシナリオも、可能性としてはありえるかも知れませんね。

まとめ

今回の羽曳野市長選は、北川嗣雄さんを始め5人で戦う事になりそうですが、立候補者が多いという事は、現在の市政に何かしら一石を投じたい思いを持つ人が多いという事なのかもしれません。

しかも、予想される候補者のうち2名は現職の羽曳野市議会議員。北川嗣雄さんの長期政権に引導を渡すことになるのかどうか。

また別に、現職の大阪府議会議員も大阪維新の会の公認を得て立候補しており、維新の会の強力なバックアップを受けてにぎやかな前哨戦をすでに繰り広げています。

北川嗣雄さんの選挙戦は少々苦戦を強いられるかも知れません。

選挙の結果に注目です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所