岸田文雄/自民党総裁選の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

菅総理の任期満了に伴う自民党総裁選が9月17日告示、29日投開票で行われます。

現在立候補を表明しているのは元政調会長の岸田文雄さんと、他4名です。

今回は元政調会長の岸田文雄さんに関する情報をまとめていきたいと思います。

元政調会長の岸田文雄さんの

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

 
 

岸田文雄/自民党総裁選の経歴は?

名前 岸田文雄(きしだふみお)
生年月日 1957年7月29日
出身地 東京都渋谷区
最終学歴 早稲田大学法学部卒業
職業(前職) 元政調会長
趣味 囲碁

岸田文雄さんは東京都渋谷区出身で、開成高等学校卒業後は2年間の浪人生活を経て早稲田大学法学部へ進学しました。

大学卒業後は日本長期信用銀行(現在の新生銀行)に入行し、5年間の勤務を経て、1987年に父・衆議院議員岸田文武さんの秘書になります。

1993年に第40回衆議院議員総選挙に旧広島1区から自由民主党公認で出馬し、初当選を果たした後は、広島1区で連続8選します。

衆議院議員在任中は、内閣府特命担当大臣外務大臣防衛大臣政調会長などを歴任し、2020年9月に自民党総裁選に初出馬するも、惜しくも落選しました。

そして2021年8月26日、菅総理の任期満了にともない再び自民党総裁選に出馬することを発表しました。

政界の中心人物として、数々の政府要職を歴任してきた岸田文雄さん。

2015年の外務大臣任期中に、オバマ大統領の広島訪問の実現に携わったことは記憶に新しいですね。

岸田文雄/自民党総裁選の学歴は?

岸田文雄さんの最終学歴は早稲田大学法学部卒業になります。

出身高校は?

岸田文雄さんの出身高校は開成高等学校 です。

開成高等学校は東京都荒川区西日暮に所在する、中高一貫制の私立男子高校です。

全国トップクラスの圧倒的な進学実績を誇り、東京大学には毎年100名前後が進学しています。

東京大学以外にも、早稲田大学や慶応大学を始めとし、国公立大学や難関私立大、医大へと毎年多くの生徒が進学しており、全国的に非常に知名度のある高校です。

そんな進学実績がありながら厳しい校則は一切なく、生徒は自由な校風の中でお互いを高め合う高校生活を送っています。

部活動も盛んで、運動部のほかにも文化部では「俳句部」「囲碁部」「弁論部」などが全国大会で良い成績を収めています。

調べてみると、開成高校の偏差値は78でした。

これは日本全国の高校中の中で、2位になります。

岸田文雄さんは開成高校時代に野球部で活躍していました。

自由な校風の中で、勉強に部活に充実した高校生活を謳歌していたのではないでしょうか。

出身大学は?

岸田文雄さんの出身大学は早稲田大学法学部です。

慶応大学と並ぶ、言わずと知れた日本トップの私立大学です。

法学部の偏差値調べてみると、 67.5でした。

岸田文雄さんは高校卒業後、東京大学を目指して2浪した後、早稲田大学法学部に入学しています。

東京大学を卒業し官僚になるという夢を持っていたそうですが、今の岸田文雄さんの活躍を見ると、どこの学校に入ったかではなく「何を成し遂げた」かで人生は決まっていくのではないかと感じます。

スポンサーリンク

岸田文雄さん/自民党総裁選の家族は?

岸田文雄さんの家族を調べたところ、奥さんと3人の息子さんがいらっしゃいます。

長男は岸田文雄さんの議員秘書をしているそうです。

 
 

岸田文雄さん/自民党総裁選の年収は?

岸田文雄さんの年収を調べたところ、1657万円でした。

現役の国会議員の中では一般的なため、政調会長時代の年収を調べてみました。

ところが、政調会長を含めた党4役(党幹事長、総務会長、選挙対策委員長)については無報酬だそうです。

政務調査会は国会に提出する前の法案を審査するという、重要な任務を担う政策部会です。

その政務調査会の長である政調会長が無報酬とは意外でした。

党4役は極めて重要なポジションのため、報酬が無くても担う価値があるということでしょうか。

スポンサーリンク

岸田文雄/自民党総裁選の実績や評判は?

岸田文雄さんの実績は以下になります。

・衆議院議員9回連続当選
・宏池会会長
・自民党 政務調査会長
・外務大臣
・防衛大臣
・内閣府特命担当大臣

並べてみると、そうそうたる実績ですね。

これだけの要職に就いた実績があるため、政府や自民党にとってはなくてはならない人物と言っても過言ではないかもしれません。

岸田文雄/自民党総裁選の公約は?

岸田文雄さんの公約は自身の公式サイトで以下のように3つの政策を掲げています。

①新型コロナ対策
・徹底した人流の抑制
・病床・医療人材の確保
・経済対策

②新しい日本型の資本主義
・成長と分配の好循環による「新しい日本型の資本主義」を構築
・先端科学技術の研究開発に大胆に投資
・中間層の拡大に向け、分配機能を強化し、所得を引き上げる、「令和版所得倍増」

③外交・安保における3つの覚悟
・自由、民主主義、人権、法の支配といった基本的価値を守り抜く覚悟
・我が国の領土・領海・領空を守リ抜く覚悟
・地球規模課題において世界を主導し人類に貢献する覚悟

出展:https://kishida.gr.jp/activity/7653

やはり新型コロナウイルス対策については一番に掲げています。

特に注目するのは②の経済対対策です。
ここ10年間、異次元の金融緩和や法人税減税により、大企業の利益や株価は上昇していますが、経済格差は拡大していると言われています。

コロナによる経済的打撃は計り知れませんが、どのような対策で経済を立て直し、我々庶民の生活にどう豊かさをもたらすのか、注目していきたいです。

岸田文雄/自民党総裁選の立候補した理由は?

岸田文雄さんの立候補した理由は、自身の公式サイトで以下のように語っています。

(~上略)国民の間には、

政治が、自分たちの声、現場の声に応えてくれない。
政治に、自分たちの悩み、苦しみが届いていない。
政治は、信頼できない、期待しても仕方ない。
こうした切実な声があふれています。

国民政党であったはずの自民党に声が届いていないと国民が感じている。

「信無くば立たず」。

政治の根幹である国民の信頼が大きく崩れ、我が国の民主主義が危機に瀕しています。私は、自民党が国民の声を聞き幅広い選択肢を持つ政党であることを示し、もってこの国の民主主義を守るために、自民党総裁選に立候補します。

出典:https://kishida.gr.jp/activity/7653

国民の声に応えたい、自民党を国民の声に応えられる政党にしたいという強い思いが伝わってきますね。

岸田文雄さん/自民党総裁選の選挙結果は?

岸田文雄さんの自民党総裁選の過去の結果は以下になります。

2020年自由民主党総裁選結果
石破茂候補 68票
菅義偉候補 377票
岸田文雄候補 89票

岸田文雄さんは2020年の自民党総裁選に立候補していますが、得票数2位で落選しています。

岸田文雄さん/自民党総裁選の引退の可能性は?

岸田文雄さんの引退の可能性ですが、現在64歳とまだお若いため、仮に今回の自民党総裁選に落選したとしても再チャレンジされるのではないでしょうか。

まとめ

本記事では岸田文雄さんの経歴、家族、年収、選挙結果などについて触れてきました。

政府の要職を多数歴任し、重大な政策決定に関わってきた岸田文雄さん。

2020年の総裁選に出馬し惜しくも落選しているため、リベンジとなる今回の総裁選にかける思いは並々ならぬものではないでしょうか。

そんな岸田文雄さんは総裁選で悲願の当選を果たし、第100代内閣総理大臣に就任するのか、自民党総裁選の結果に注目したいです。