桐田まこと/滋賀県議会議員補欠選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

2022年7月1日告示、7月10日投開票予定の滋賀県議会議員補欠選挙に桐田まこと氏が出馬する意向を表明されましたので,桐田氏に関する情報をまとめています。

こちらのページでは,桐田氏の

・経歴
・家族
・年収
・公約

などについて調べてみました。

スポンサーリンク

桐田まこと/滋賀県議会議員補欠選挙の経歴は?

桐田まこと氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 桐田真人(きりたまこと)
生年月日 1977年3月19日
出身地 滋賀県大津市
最終学歴 立命館大学経済学部経済学科卒業
職業(前職) 大津市議会議員
趣味 不明

桐田まこと氏は1977年3月19日に滋賀県大津市に生まれました。滋賀県内の商業高校を卒業した後,立命館大学経済学部経済学科へと進学しています。

大学を卒業後は民間企業での勤務を経て,滋賀県選挙区選出元参議院議員の秘書を務めました。

そして子供のころからの政治家になりたいという夢をかなえ,2011年の滋賀県大津市議会議員選挙で初当選を果たしましす。

それから3期にわたり,市議としてまじめに丁寧な政治活動を心がけ、経験を積み、結果を重ねてくることができたとの事です。

2021年度には第95代大津市議会議長も務めています。

趣味についてはっきりとした情報は得られませんでしたが,Facebookのカバー写真にご本人がユニフォーム姿で野球を楽しんでいる写真が使われております。瀬田スポーツ少年団野球部のOBという事もあり,野球がお好きなようです。

ご自身のブログには「好きなスポーツの一つはアイスホッケー」という書き込みもあり,滋賀県ラグビーフットボール協会参与を務めている事から,スポーツ全般がお好きな方なのではないでしょうか?

スポンサーリンク

桐田まこと/滋賀県議会議員補欠選挙の学歴は?

桐田まこと氏の最終学歴は立命館大学経済学部経済学科卒業です。

出身高校は?

出身高校は滋賀県立大津商業高等学校です。

滋賀県立大津商業高校は滋賀県大津市に所在する公立の商業高等学校です。通称「大商(だいしょう)」。

現在では「総合ビジネス科」と「情報システム科」の2学科があります。

商業高校という事もあり,就職者数が普通科の高校に比べて高い傾向にあり,3割程度の生徒が卒業後就職の道を選んでいます。

部活動は,商業高校ならではのワープロ部,情報処理研究部,アーチェリー部などバラエティーに富んでおり,多くの部が県上位入賞や優勝をはじめ,毎年近畿大会や全国大会・インターハイに出場しています。

出身大学は?

出身大学は立命館大学です。

立命館大学は関関同立と呼ばれる関西の難関私立大学群の一校で,キャンパスは関西にありますが,全国各地から学生が集まってくる人気の大学です。

2018年には「食マネジメント学部」というめずらしい学部が新設されています。

桐田まこと/滋賀県議会議員補欠選挙の家族は?

家族構成についてですが,奥様2人の娘さんの4人で暮らしているそうです。

桐田まこと/滋賀県議会議員補欠選挙の年収は?

桐田まこと氏は大津市議会議員を務めています。

大津市議会議員の議員報酬等に関する条例によると,大津市の議員報酬は下記の通りです。

市議会議員 月額 563,000円
市議会議長 月額 657,000円

桐田氏は2022年5月に退任するまでは大津市議会の議長を務めておりましたので,月額は657,000円となります。

これに年2回(6月,12月)の期末手当が加わりますが,上記資料から計算すると期末手当の額は少なくとも788,400円となりますので,

657,000円×12か月+788,400円×2=9,460,800円

桐田氏の市議会議員議長時代の年収はおおむね 9,460,800円と推察されます。

桐田まこと/滋賀県議会議員補欠選挙の実績や評判は?

桐田まこと公式サイトによると,過去の活動実績は以下の通りです。

・ICE(国際会議・教育旅行等)誘致助成金制度の創設
・犯罪被害者支援の制度化(協定の締結)実現
・不妊治療助成制度の所得制限の撤廃
・幼稚園・小学校・中学校の大規模改修実現 自治会館の建設の実現(5自治会)
・オンラインによる委員会の実現
・オンライン出席による本会議の実現に向けた国への要望実現:解釈変更の実現
・生活道路・通学路の安全確保の実現
・児童クラブの保育時間の延長実現
・議会事務における押印の廃止実現
・感染症に対応した議会BCP(業務継続計画)の改訂を実現
・ラグビーワールドカップ2019日本大会公認チーム キャンプ地(ウェールズ・フィジー)誘致実現
・主権者教育の推進 : 高校生とのコラボレーション動画作成の実現

政治家としての評判などの詳細な記事は見当たりませんでしたが,桐田まこと氏は長きにわたり地元瀬田の駅前に立ち挨拶をする運動をされているそうで,Twitterでは毎朝駅前で挨拶してくれる桐田氏に感謝するツイートも見受けられました。

桐田まこと/滋賀県議会議員補欠選挙の公約は?

桐田まこと後援会リーフレットに,「桐田まことが目指す滋賀」として以下のような政策を掲げています。

・日常にAI(人口知能)技術活用。
・県民に安心を。
・いつまでもチャレンジできる日常をつくる。
・教育を日々頑張る。
・生活が便利と実感できる地域をつくる。
・犯罪に強いと実感できる地域をつくる。
・災害に強いと実感できる地域をつくる。

また,生まれ育った滋賀県が誇るびわ湖を育み守り続ける為,水草の除去や古城風力発電の研究,ため池を活かした発電に取り組む事などについても言及しています。

桐田まこと/滋賀県議会議員補欠選挙の立候補した理由は?

桐田まこと氏の立候補の理由について,詳細な記事は見つける事ができませんでしたが,ご自身の後援会リーフレットに次のように書かれています。

私が目指す「議員」は、住民の皆さんに近く、その輪の中に居るべき存在であります。民意をすべからく吸収し、政策に正しく反映し、課題を解決し、結果を積み重ね自治体の行政を力強く牽引して いかなければならないと考えます。

約10年,3期にわたって大津市議会議員を務め,およそ800件の住民要望に対応し住みよい大津市づくりに尽力した桐田氏。

次はさらに多くの住民の意見を聞き,大津市だけに留まらずよりよい滋賀県づくりを目指したい,そのような思いで今回の滋賀県議会議員補欠選挙に立候補されたのではないでしょうか?

桐田まこと/滋賀県議会議員補欠選挙の選挙結果は?

過去,桐田氏は大津市議会議員選挙に3回出馬しています。

過去出馬している選挙の結果は以下の通りです。

大津市議会議員選挙
(2011年04月24日投票)
投票率:46.23% 獲得票数:5035票  当選
大津市議会議員選挙
(2015年04月26日投票)
投票率:45.70% 獲得票数:4700票  当選
大津市議会議員選挙
(2019年04月21日投票)
投票率:42.17% 獲得票数:4130票  当選

桐田まこと/滋賀県議会議員補欠選挙の引退の可能性は?

桐田氏の引退について,詳しい情報は得られませんでした

しかしまだまだ若い桐田氏ですので,現時点で引退を考えている可能性は少ないのではないでしょうか?

まとめ

子供の頃からの政治家になりたいという夢をかなえた桐田氏は

地域が良くなれば,住民の皆様も笑顔になれる。
地域が良くなれば,国も良くなる。
地域なくして,国あらず。

(出典:ご自身のプロフィール)

という信念のもとに,子供からお年寄りまで,一人一人が納得のできる生活を実現することに全力を注いでいます。大津市議会議員として多くの住民要望に応えた桐田氏は,次は滋賀県民の皆さまの要望に応えるべく,新たな挑戦へ一歩踏み出しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。