木村聡史/勝央町長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
町長

今回の記事では2023年8月22日告示、8月27日投開票予定の岡山県勝央町長選挙に出馬予定の木村聡史氏について記事をまとめていきます。

木村聡史氏の

  • 経歴
  • 家族
  • 年収
  • 選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

木村聡史/勝央町長選挙の経歴は?

木村聡史氏のプロフィールを簡単にまとめて見ました。

名前 木村聡史(きむらさとし)
生年月日 1961年(月日非公表)
出身地 岡山県勝央町
学歴 横浜国立大学工学部土木工学科
職業(前職) 雑貨販売会社経営
趣味 不明(大学ではアメリカンフットボール部)

木村聡史氏はゼネコン社員、第三セクター研究員、インテリア雑貨販売会社役員など、様々な経験ののち、雑貨販売会社を創業しました。

一級建築士、宅地建物取引主任者、インテリアコーディネーター、商業施設士の資格を取得しています。

今回の町長選挙は、無所属での出馬となります。

木村聡史/勝央町長選挙の学歴は?

木村聡史氏は、岡山県立津山高等学校、横浜国立大学工学部土木工学科卒業となります。

出身高校は?

岡山県立津山高等学校は、岡山県津山市椿高下にある公立高等学校です

1895年に設立され、2015年から中高一貫校となりました。略称は「津高(つこう)」です。

校内には、6世紀のものと推定される十六夜山古墳があり、旧本館は、明治33年に建てられ、国宝・重要文化財に指定されています。

出身大学は?

木村聡史氏は横浜国立大学工学部土木工学科卒業と公表されていますが、現在横浜国立大学には工学部土木工学科はありませんでした。

しかし、横浜国立大学のホームページに横浜国立大学土木同窓会があることから、過去には工学部土木工学科があったようです。

土木工学科では、良質な生活空間の構築を目的とし、自然災害からの防御や社会的・経済的基盤の整備のための土木技術について学ぶそうです。

木村聡史/勝央町長選挙の家族は?

木村聡史氏の家族は、母・妻・息子と公表されています。

木村聡史/勝央町長選挙の年収は?

木村聡史氏は、現在雑貨販売会社経営をしています。

銀座マロニエゲート1に出店しているお店とのことですが、年収は調べましたが発見することができませんでした。

木村聡史/勝央町長選挙の実績や評判は?

木村聡史氏は、今回の選挙が初めての出馬のため、選挙実績はありません

木村聡史/勝央町長選挙の公約は?

木村聡史氏は、これからの想いとしてホームページにて下記のことを宣言しています。

  • 「護(まも)る」・・・子どもと高齢者を護ります。
  • 「育(はぐく)む」・・・未成年の子どもたちの可能性を最大化するために、共育・協育・郷育という3つの想いで育みます。
  • 「興(おこ)す」・・・1次産業に注力し、全国に通用する特産品にすることで、それらを加工する2次産業を創り出し、地域のコミュニティや雇用を生み出します。そして3次産業までの流れを創り出し将来に向けて広がりのある産業を興します。

木村さとし勝央−想いを紡ぐ 護る 育む 興す 町づくりにて詳しく書かれています。

木村聡史/勝央町長選挙の立候補した理由は?

木村聡史氏は以下のように立候補した理由を語っていたそうです。

町には大きな将来性があり、町長として発展に貢献したい。

民間の発想やノウハウ、国内外のネットワークを生かし、1次産業振興や、未利用町有地の開発、農業公園の集客向上、勝間田高のブランディングに取り組む。

木村聡史/勝央町長選挙の選挙結果は?

木村聡史氏の勝央町長選挙の選挙結果は、8月27日が投票日のためまだ出ていません

木村聡史/勝央町長選挙の引退の可能性は?

木村聡史氏の引退の可能性に関しての情報は得られませんでした。

仮に落選となったとしても、年齢的にもまだ若いので、再チャレンジするのではないでしょうか。

まとめ

木村聡史氏は、新人ですがSNSなどを利用してうまく広報活動をしていけば認知度も上がっていくのではないでしょうか。

勝央町長選挙には、現職の水嶋淳治氏が4選出馬を表明しており、選挙戦になれば12年ぶりとなります。

水嶋淳治氏は2011年の町長選で初当選、15、19年は無投票で選ばれているため、今回の選挙戦では、勝央町民の選択が注目です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
町長