木津雅晟/三郷市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う三郷市長選挙(2022年10月16日告示、23日投開票)に、現職の木津雅晟氏が5選を目指して立候補する意思を表明されましたので、木津氏に関する情報をまとめています。

木津雅晟氏の

経歴
家族
年収
選挙結果

などについて記事を書いていきます。

木津雅晟/三郷市長選挙の経歴は?

木津雅晟氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 木津雅晟(きづまさあき)
生年月日 1946年7月13日
出身地 埼玉県北葛飾郡早稲田村(現 三郷市)

学歴 大賞大学文学部社会学科
職業(前職) 三郷市長4期(僧侶)
趣味 スポーツ観戦・空手6段

木津雅晟氏は、1946年7月13日埼玉県北葛飾郡早稲田村(現 三郷市)に生まれました。

小中学校は不明ですが足立学園高等学校卒業後、大正大学文学部社会学科に進学し無事に卒業されました。

大学卒業と同時に三郷町役場に入所され、1995年萬音寺(真言宗豊山派)の住職となり、1996年三郷市役所を退職されました。

1997年三郷市議会議員選挙で初当選し市議を3期務められ、2006年三郷市長選挙で初当選し2010年・2014年・2018年も当選され、現在三郷市長4期目になります。

木津雅晟/三郷市長選挙の学歴は?

木津雅晟氏の学歴は以下の通りになります。

足立学園高等学校卒業

1969年
大正大学文学部社会学科卒業

出身高校は?

足立学園高等学校は、東京都足立区にある中高一貫の私立男子校で、創立80年を超える伝統校になります。。

学校内で内部進学者と外部受験の生徒はクラスが分かれられています。

また勉学のレベルで文理科と普通科に分かれており、文理科は国公立や私立難関大学を目標としていて、。年々偏差値も上がり2022年の偏差値は55-65になります。

部活動も盛んで、柔道部は強豪として名高く全国総合体育大会では体重別で優勝の成績を収めており、卒業生には「柔道家」「プロ野球選手」「プロレスラー」など多数のスポーツ選手が輩出されています。

出身大学は?

大正大学は、東京都豊島区の本部を置く日本の私立大学で、1885年に創立され1926年に大学設置された伝統校になります。

1925年に仏教連合大学構想が提供され、これに天台宗・真言宗豊山派・浄土宗の各宗が賛同し天文宗大学・豊山大学・宗教大学が合併して発足され、後に真言宗智山派・真言宗豊山派・浄土宗・天台宗の4宗5派の連合大学になりました。

天台宗と最澄教学を専門的に研究できる唯一の大学になります。

文学部の偏差値は42.5-45で、ディプロマポリシー(学位授与方針)、カリキュラムポリシー(教育課程編成・実地の方針)、アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)の3つの方針があります。

スポンサーリンク

木津雅晟/三郷市長選挙の家族は?

木津雅晟氏の家族について調べてみましたが、家族についての情報は得られませんでした…

独身の可能性もありますね。

父親の木津三郎氏も元三郷市長(3期)でした。

ご兄弟なども気になります。

木津雅晟/三郷市長選挙の年収は?

木津雅晟氏の年収について情報をまとめてみました。

三郷市の公式サイトの情報によると三郷市長の年収は以下の通りになります。

月収:85万5千円x12か月=1026万円
期末手当:380万4750円
年収:1026万円+380万4750円=1406万4750円

僧侶の平均年収は542万8900円になります。

他にも収入あると思いますが、その他の収入に関する情報は得られませんでした。

スポンサーリンク

木津雅晟/三郷市長選挙の実績や評判は?

木津雅晟氏の実績については以下の通りになります。

三郷町役場に入所後、三郷市教育委員会社会教育課長・環境経済部次長・建設部次長兼治水土木課長・福祉保健部次長兼保育課長を離任され、三郷市議会議員に当選されてからも江戸川水防事務組合議会議員を務められました。

市長になられてからも常磐自動車道三郷町料金所スマートインターチェンジ機能拡充や企業誘致・人口増加などの実績があります。

三郷市のための活動を長くされていますね。

評判についての情報は得られませんでした…

個人的な予想になりますが、市長を4期務められてることから、評判のいい方という印象を受けます。

木津雅晟/三郷市長選挙の公約は?

木津雅晟氏の公約については以下の通りになります。

・常磐道三郷料金所のスマートインターチェンジのフル化
・手続き不要で本が借りられる「ふれあい文庫」の増設
・障がいの有無にかかわらず共に遊べる遊具の設置

など、三郷市民のための公約という印象を受けますね。

個人的にも、県内初のインクルーシブ公園が設置されモデルとなり、全国に広がればいいなと思います。

木津雅晟/三郷市長選挙の立候補した理由は?

木津雅晟氏が今回の三郷市長選挙に立候補した理由ですが、以下の通り述べられています。

市の個性などを活用しまちづくりをしてきた。市政運営の経験と実績を基に、更なる発展に全力を捧げていく

今までも三郷市のために活動をされてきましたが、更なるまちづくりのために立候補されたのだと思います。

木津雅晟/三郷市長選挙の選挙結果は?

木津雅晟氏の選挙結果は以下の通りになります。

1997年 三郷市議会議員選挙で初当選され、市議を3期務められました。3期とも投票率は不明です…

2006年 三郷市長選挙 当時現職の美田氏と新人を破り初当選。立候補者3名で投票率は39.48%でした。

2010年、2014年 三郷市長選挙 無投票で当選。他に立候補者はいませんでした。

2018年 三郷市長選挙 新人で元市議の西村氏を破り当選。立候補者は2名で投票率は25.11%でした。
 
今回の三郷市長選挙は現在、木津雅晟氏と前三郷市医師会長の青木氏が立候補する意志を表明しています。

今まで投票率は低く無投票の年もありますが、木津氏も市長を長くされているので、今回は期待できるかもですね。

木津雅晟/三郷市長選挙の引退の可能性は?

木津雅晟氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした…

個人的な予想になりますが、三郷市のための活動を長くされて、更に発展したまちをつくるために引退の可能性はないと思います。

まとめ

木津雅晟氏は、1946年7月13日埼玉県北葛飾郡早稲田村(現 三郷市)に生まれました。

大学卒業と同時に三郷市庁に入所され、その後も三郷市議会議員を3期務められ、市長を4期務められています。

父親も元三郷市長とのことで、長く三郷市政に関わり、ご本人も大学を卒業されてからずっと三郷市のための活動をされてこられました。

三郷市をよく知り、三郷市を想う気持ちは強く実績もありますので、これからも三郷市の発展のために、木津雅晟氏の活動を個人的にも応援したく思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。