きど陽二/妙高市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴い、2022年10月23日公示、30日投開票でおこなわれる新潟県妙高市長選挙に前市観光商工課長のきど陽二氏と、市議会議員の宮沢一照氏が出馬を表明しております。

この記事では、その一人である、きど陽二氏の

・経歴
・家族
・年収
・公約

などについて記事を書いていきます。

きど陽二/妙高市長選挙の経歴は?

きど陽二氏についてプロフィールをまとめてみました。

名前 城戸陽二(きどようじ)
生年月日 1967年4月6日
出身地 新潟県妙高市
学歴 千葉大学法経学部法学科卒業
職業(前職) 妙高市観光商工課長

きど陽二氏について調査をしたところ、趣味についての情報は見つかりませんでした。

32年間行政職員として市民のために尽力してきた経験を地域の役に立てるべく、今回市長選挙に立候補したとのことです。

きど陽二/妙高市長選挙の学歴は?

高田高等学校卒千葉大学法経学部法学科卒になります。

出身高校は?

新潟県立高田高等学校は、新潟県上越市にある県立の高等学校で、卒業生の多くが国立大学に進学している上越地方有数の進学校です。

出身大学は?

千葉大学は千葉県千葉市稲毛区に本部を置く国立大学です。

数多くの学部をそろえた総合大学であり城戸陽二氏が卒業した法経学部は4つのコースに分かれる社会科学の複合学部です。

スポンサーリンク

きど陽二/妙高市長選挙の家族は?

きど陽二氏の家族構成ですが、奥様はいらっしゃるようですがそのほかについては情報はありませんでした。

また奥様は公務員のようです。

きど陽二/妙高市長選挙の年収は?

きど陽二氏年収についてまとめてみました。

市の公式な発表によると、妙高市の一般行政職の年収は以下の通りになります。

35万5656円(月収)×12ヶ月=426万7980円
4267万7980円+賞与148万3500円=575万1480円

前職の妙高市の職員の頃の年収は575万1480円と予想されます。

そのほかの収入に関しては情報はありませんでした。

スポンサーリンク

きど陽二/妙高市長選挙の実績や評判は?

きど陽二氏の実績や評判については、情報はありませんでした。

しかし32年間妙高市の職員として尽力してきたこともあり、地元での信頼は厚いようです。

また、きど陽二氏の公式ホームページでは、新潟県知事より激励もうけていることから評判はよいことが想像できますね。

きど陽二/妙高市長選挙の公約は?

これまでの市政を受け継ぎながら、以下の6つの政策の柱を掲げています。

安全で快適なまちづくり
暮らしをささえるまちづくり
人を育てるまちづくり
個性あふれるまちづくり
活力満ちた躍進するまちづくり
協働によるまちづくり

この中でも、人口減少対策で子育て支援に力点をおくとのことです。

私個人的には、やはり長年、市の行政に携わってきたこともあり市民に寄り添った政策、街づくりを目指していることが伝わってくると思いました。

きど陽二/妙高市長選挙の立候補した理由は?

事務所開きのあいさつにて、32年間の行政経験を経て、一公務員としてではできることに限界があると感じたことが立候補の理由だと述べています。

きど陽二/妙高市長選挙の選挙結果は?

きど陽二氏は今回初出馬ということもあり、過去の選挙に関する情報はありません。

ですので、ここでは前回の妙高市長選挙の結果についてまとめてみたいと思います。

2018年に行われ、投票率は62.61%で前回の投票率が61.16%に対して少し投票率は上がりました。

現職で今回任期満了となる入村明氏が9451票で当選しています。

きど陽二/妙高市長選挙の引退の可能性は?

きど陽二氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報はありませんでした。

長年、妙高市の職員として尽力してきたこともあり、市政へ熱い思いを抱いておられるようなので、引退の可能性はないと思います。

まとめ

32年間、妙高市の行政職員として地域に貢献してきたきど陽二氏。

一公務員としての限界を感じ、今回次のステージへ進むことを決意したとのことです。

新潟県知事、現職の入村市長、地域の支援をうけ、あつい期待を受けての今回の出馬となります。

ともに新人で市長選には初出馬になる、市議会議員である宮沢一照氏ときど陽二氏がどこまで得票数を競うことになるのか、注目されます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所