福山和人/京都市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

2024年1月21日告示、同年2月4日に投票が実施される京都市長選挙に、福山和人氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、福山和人氏の
・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

福山和人/京都市長選挙の経歴は?

福山和人氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 福山和人(ふくやま かずひと)
生年月日 1961年3月5日
出身地 京都市伏見区
最終学歴 立命館大学法学部卒業
職業 弁護士
趣味 音楽鑑賞・三線・読書・山歩き・土いじり

福山和人氏は、1961年に京都府伏見区で生まれ、同府の宇治市で育ちました。府立城南高校を卒業後、立命館大学法学部に入学し、法律の知識を身に着け弁護士への道を切り開きます。

2001年に弁護士登録を行い、2015年度に京都弁護士会副会長を務めるなど、法界での活躍が目を見張ります。

弁護士として、関西建設アスベ スト京都訴訟など様々な事件の弁護を担当してきました。

京都府知事や京都市長選挙に立候補した実績もありますが、当選の経験はありません。

福山和人/京都市長選挙の学歴は?

福山和人氏は、京都府立城南高等学校を卒業後、立命館大学法学部に進学しています。

出身高校は?

京都府立城南高等学校は、1943年に女学校として設立した、宇治市にある学校です。

2009年には統廃合があり、京都府立城南菱創高等学校という名称で再スタートを果たしています。

学力の高い進学校の側面が強く、卒業生のほとんどが大学や専門学校に進学をします。

京都大学を始めとした国公立への進学率が高く、学力の高さが伺えます。

出身大学は?

立命館大学は、1869年の私塾立命館を前身として、1900年に設立した伝統ある私立大学です。

文系から理系まで幅広い学部がある総合大学で、様々な目的を持つ学生が集まります。

福山和人は同大学で法学を学習し、弁護士への道に進みました。

福山和人/京都市長選挙の家族は?

福山和人氏の家族は、同氏の公式サイトによると、妻・長女・長男の4人家族という情報が掲載されていました。

しかし、家族に関する情報は、以上のもの以外には公開されていませんでした。

福山和人/京都市長選挙の年収は?

福山和人氏は、現在弁護士として活躍しています。

弁護士の年収は、事務所への所属の有無や受注している案件数により差が大きいと考えられます。

一般的な弁護士の平均年収は、950万円といわれています。

福山和人/京都市長選挙の実績や評判は?

福山和人氏は、これまで京都府知事選挙や京都市長選挙に立候補していますが、当選したことはありません。

そのため、市政における実績はありません。

しかし、京都弁護士会副会長を務めるなど、周囲からの人望が厚い点が伺えます。

福山和人/京都市長選挙の公約は?

福山和人氏が京都市長選挙において掲げる公約は、以下の通りです。

・削られた保育園の補助金を元にもどす
・ひき上げられた学童保育料をひき下げ
・中学校給食は巨大工場ではなく学校調理で
・値上げされた敬老乗車証の負担ひき下げ
・子どもの医療費を18歳まで無償化
・小中学校給食をまず半額無償化
・第2子以降の保育料無償化
・18歳まで国保料の均等割無償化
・返さなくてよい給付型奨学金の創設

福山和人/京都市長選挙の立候補した理由は?

福山和人氏が京都市長選挙に立候補した理由としては、明確な情報はありませんが郷土愛の強さと地域市民の生活向上への意気込みが感じられます。

現在の市長が実施した行財政改革に異を唱え、市民の生活をより快適にしようと考えるコメントからも、意識の高さが伺えます。

福山和人/京都市長選挙の選挙結果は?

福山和人氏は、2020年2月の京都市長選挙に立候補して落選した経験を持ちます。

投票日:2022年2月2日
投票率:40.71%
得票数:161,618票

福山和人/京都市長選挙の引退の可能性は?

福山和人氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

現在は現役の弁護士として活躍しており、年齢的には引退か継続するかを検討する段階に差し掛かっているといえます。

しかし、あくまで個人的な見解ですが、地元への愛が強い人と感じられるため、落選しても次回の選挙にも立候補する可能性は十分あり得ると思います。

まとめ

以上、福山和人氏について京都市長選挙との関連で紹介してきました。

同氏は、京都市で生まれ育った経験があり、地元への恩返しの気持ちが強いのかもしれません。

弁護士としての二足の草鞋を履いて活動をしている多忙な方ですが、周囲からの信頼も厚く安心感があります。

市民が生活しやすい環境づくりを目指している姿は本物であると個人的には感じています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長