河島大紀/小竹町長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う小竹町長選挙(2022年12月6日告示、11日投開票)に、新人で町議の河島大紀氏が立候補する意思を表明されましたので、河島氏に関する情報をまとめています。

河島大紀氏の

経歴
家族
年収
選挙結果

などについて記事を書いていきます。

河島大紀/小竹町長選挙の経歴は?

河島大紀氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 河島大紀(かわしまたいき)
生年月日 1986年
出身地 福岡県北九州市
学歴 小竹中学校卒業
職業(前職) 小竹町議会議員1期(不動産会社経営)
趣味 ジムで運動

河島大紀氏は、1986年福岡県北九州市で生まれ鞍手郡小竹町で育ちました。

小学校は不明ですが小竹中学校に入学し、野球少年から非行少年になって児童自立支援施設・少年鑑別所に入所し、中等少年院・特別少年院に入院されていました。

少年院退院後「宅建建物取引士」の資格を取得され、建設作業員・司法書士事務所不動産会社勤務を経て、2017年不動産会社を設立

2018年小竹町議会議員一般選挙で初当選され、現在は小竹町議1期目になります。

河島大紀/小竹町長選挙の学歴は?

河島大紀氏の学歴は以下の通りになります。

小竹中学校卒業

出身高校は?

河島大紀氏は高等学校に進学されていません。

出身大学は?

河島大紀氏は大学に進学されていません。

スポンサーリンク

河島大紀/小竹長選挙の家族は?

河島大紀氏の家族について調べてみましたが、家族についての詳しい情報は得られませんでした

河島氏が経営する不動産会社の社員に「河島沙耶香さん」という女性スタッフがおられます。

奥様かご兄弟かもしれないですね。

ご実家なども気になります。

河島大紀/小竹町長選挙の年収は?

河島大紀氏の年収について情報をまとめてみました。

小竹町の公式サイトの情報によると、小竹町議会議員の年収は以下の通りになります

月収:22万5千円x12か月=270万円
期末手当:100万1250円
年収:270万円+100万1250円=370万1250円

不動産会社代表の平均年収は600万円前後になります。

他に収入あると思いますが、、その他の収入に関する情報は得られませんでした。

スポンサーリンク

河島大紀/小竹町長選挙の実績や評判は?

河島大紀氏の実績についてですが、中学校入学を機に非行少年になりましたが、少年院退院後「宅建建物取引士」の資格を取得されて不動産会社を設立し、小竹町議会議員一般選挙で初当選されました。

そして「非行少年、議員になる」を出版されました。

議会では、総務産建常任委員会委員・議会広報編集委員会委員・小竹町土地開発公社理事を務められて、小竹町のための活動をされてこられました。

評判についての情報は得られませんでした…

個人的な予想になりますが、町議選挙を3位で初当選されたことから、評判のいい方という印象を受けます。

河島大紀/小竹町長選挙の公約は?

河島大紀氏の公約は以下の通りになります。

・赤字続きの町立病院の経営再建
・小竹駅西口の開発
・3小学校の1校への統廃合による合理化
・給食費無料化
・高齢者福祉の充実

など小竹町民に負担をかけないための公約という印象を受けますね。

個人的にも、町の財政改革で町民に負担をかけない町になれば、人も集まりいいなと思います。

河島大紀/小竹町長選挙の立候補した理由は?

河島大紀氏が今回の小竹町長選挙に立候補した理由ですが、以下の通り述べられています。

若さと経営者の視点から、町民の声を生かす町政をしたい

町議を務められて、自分たちの世代が中心となって取り組み次の世代に受け渡す責任を感じ、今回の小竹町長選挙に立候補されたのだと思います。

河島大紀/小竹町長選挙の選挙結果は?

河島大紀氏の選挙結果は以下の通りになります。

2018年 小竹町議会議員選挙 402票の3位で初当選。立候補は62.11%でした。

最近の小竹町長選挙の結果は以下の通りになります。

2006年 当時現職の山本氏が無投票で当選。他に立候補者はいませんでした。
2010年 新人の松尾氏が無投票で初当選。他に立候補者はいませんでした。
2014年 現職の松尾氏が無投票で当選。他に立候補者はいませんでした。
2018年 現職の松尾氏が無投票で当選。他に立候補者はいませんでした。
 
今回の小竹町長選挙は現在、河島大紀氏と新人の山下氏、井上氏が立候補する意志を表明しています。

現職の松尾氏は今回の小竹町長選挙に立候補しない意志を表明されています。

無投票での結果が長く続いてましたが、今回は新人2名と町議の戦いで期待出来るかもですね。

河島大紀/小竹町長選挙の引退の可能性は?

河島大紀氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした…

個人的な予想になりますが、まだ年齢も若く小竹町を思う気持ちは強いと思うので、引退の可能性はないと思います。

まとめ

河島大紀氏は、1986年福岡県北九州市で生まれ鞍手郡小竹町で育ちました。

小学校は不明で小竹中学校に入学し野球少年から非行少年になりました。

少年院で法律書を愛読する人や夢をイキイキと語る人と出会い、少年院退院後「宅建建物取引士」の資格を取得され、建設作業員・司法書士事務所不動産会社勤務を経て2017年不動産会社を設立、2018年小竹町議会議員一般選挙で初当選され、現在は小竹町議1期目になります。

小竹町議会で小竹町の様々なことを知り「もっと良い町にしたい」と今回の小竹町長選挙に立候補されました。

まだ年齢も若く自分の信じた道を突き進んでいる河島大紀氏のこれからの活動を、個人的にも楽しみに応援したく思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。