勝間田幹也/御殿場市長選の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

御殿場市長選挙(2021年9月26日告示、10月3日投開票)に勝間田幹也氏が立候補する意向を表明されましたので、勝間田氏に関する情報をまとめています。

勝間田幹也氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

 
 

スポンサーリンク

勝間田幹也/御殿場市長選の経歴は?

勝間田幹也氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 勝間田幹也(かつまたみきや)
生年月日 不明、現63歳
出身地 静岡県御殿場市
最終学歴 東海大学卒業
職業(前職) 元御殿場西高勤務、御殿場市議会議員
趣味 バレーボール、インディアカ

勝間田幹也氏は静岡県御殿場市に生まれ、高校の教員等を経て市議会議員に挑戦。

現在まで3期にわたり議員を務め、また議長にも任命された経歴の持ち主です。

「勝間田」という姓は珍しいように思いますが、静岡に多くいらっしゃるようですね。

今回、現在の御殿場市長が国政に挑戦するための辞任に伴う市長選挙となります。

12年半ぶりの新リーダーとして勝間田市長が誕生するのかどうかが注目されます。

勝間田幹也/御殿場市長選の学歴は?

勝間田幹也氏の学歴は、東海大学卒業になります。

出身高校については調査するも情報が出てきませんでした。

出身大学は?

勝間田幹也氏は、東海大学を卒業しています。

東海大学は神奈川県を本部とする私立大学です。

歴史は古く、航空科学専門学校及び電波科学専門学校が前身。

科学技術の発展を目的として設立された大学ですが、工学部や海洋学部の他にも、観光学部や法学部等文系の学部も多く有し、その学部数は18学部と日本一です。

キャンパスも札幌や湘南、清水等沢山あり、また海外にも大学の拠点も多く留学もしやすいのが魅力ですね。

偏差値はそこまで高くはありませんが、専門分野を極めたい学生からは人気が高い大学です。

スポンサーリンク

勝間田幹也/御殿場市長選の家族は?

勝間田幹也氏は既婚です。

こちらの地元のラジオ番組のブログに、夫婦そろってバレーボールやインディアカを楽しんでいる、との記事がありますね。

ちなみにインディアカとは羽根のついた特殊なボールを手で打ち合うというバレーボールに似たスポーツ。

ご夫婦の仲も良さそうです。お子様がいるのかについては、調査するも情報が出てきませんでした。

 
 

勝間田幹也/御殿場市長選の年収は?

勝間田幹也氏の年収について情報をまとめてみました。

勝間田幹也氏は3期にわたり市議を務め、議長も務めた経験があります。

議長の月額報酬は月々45万円ですから、

45万円(月収)×12カ月=540万円
540万円+賞与180万円=720万円

等でしょうか。

静岡県の平均年収は469万円ですから、平均年収と比べると高収入です。

勝間田幹也/御殿場市長選の実績や評判は?

勝間田幹也氏の実績をまとめたページ等は調査するも出てきませんでした。

ですが市議会便りには、市議会議員としての一般質問が登載されています。

2021年2月の市議会便りでは、御殿場市の環境保全に配慮した土地対策として、富士山のふもととして美しいまちを目指すべきである、との意見を述べています。

また人口減少が著しい御殿場市の今後のまちづくりの展望についても質問をしておられ、まちづくりに対する高い意識がみえます。

また議長を務めたことのある勝間田氏。通常、議長も議員内での投票によって決まるものですから、議会内での信頼が厚いことがうかがえますね。

勝間田幹也/御殿場市長選の公約は?

勝間田幹也氏の政策について、地元ではリーフレット等を配布されているようですが、インターネットやSNSでの発信はあまりされていないようです。

こちらの地元新聞の記事では、公約として、コロナ対策や市民の命・生活の安定、そして市全体の発展を訴えています。

具体的な政策については調査するも情報が出てきませんでしたが、市民目線をアピールした政策を述べているようですね。

勝間田幹也/御殿場市長選の立候補した理由は?

勝間田幹也氏はこちらの出馬会見にて、「市民一人一人が御殿場市を良くしてもらいたいという思いで一票を投じて市長を選ぶ、民意が反映されなければならない」と述べています。

3期にわたって議員、また議長を歴任してこられた勝間田氏だからこそ、御殿場市を変えたい、より良くしたいという想いが強いのでしょう。

勝間田幹也/御殿場市長選の選挙結果は?

勝間田幹也氏は2012年に市議会議員に初出馬します。

有権者数69,486人、投票率61,08%という状況の中、2306票を得票し見事当選しています。

1位当選の方が2889票の得票ですから、初出馬、無所属での出馬ながら圧倒的な得票数です。

続く2016年の市議会議員選挙では、定数と立候補者数が同一のため無投票で当選。

2020年、勝間田氏の3期目を見据えた市議会議員選挙では、得票数では4位とはなりますが、2202票を得票し当選しており、衰えない勢いを見せています。

勝間田幹也/御殿場市長選の引退の可能性は?

勝間田幹也氏が今回の選挙で万一落選したとしても、引退することは考えにくいでしょう。

というのも、勝間田幹也氏は現在63歳。政治家としてはまだまだチャレンジし続けることが出来る年齢です。

万一今回落選してしまい、次の任期満了に伴う市長選に立候補するとなると、勝間田氏は67歳になられていますが、政治家には定年はありません。

3期に渡り市議会議員を務め、議長も経験されたベテラン市議ですので、まだまだ市政に携わることは出来るでしょう。

万一今回の選挙で落選されたとしても諦めずにチャレンジし続けられるのではないでしょうか。

まとめ

任期満了ではなく、現市長の国政挑戦による辞職という形で始まった御殿場市の市長選。

約12年半ぶりの新リーダー誕生となるため、御殿場市民の方の期待も大きいでしょう。

現在のところ、副市長の勝又氏との一騎打ちになる可能性が高い勝間田氏。

コロナ渦での選挙戦となり苦労する場面も多いと思われますが、実効的な政策をアピールして頑張っていただきたいですね。

市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所