加藤英樹/鴻巣市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

鴻巣市現市長の任期満了に伴い、2022年7月に市長選挙(告示日2022年7月17日、投開票7月24日)が行われます。

立候補者の中でも、特に現市長の後継者として期待されている有力候補の加藤英樹氏について、同氏の経歴や政策などの情報を取りまとめてみました。

スポンサーリンク

加藤英樹/鴻巣市長選挙の経歴は?

鴻巣市役所職員として27年、その後は鴻巣市議会議員を2年勤め、この度、市長選に立候補した加藤氏。

「継承と発展」をテーマに「老若男女問わず安心して暮らせる町づくり」、「未来の鴻巣市を担う子供たちが活躍できる町づくり」の目標を掲げ、自らが積極的に現政策の見直しなどを行い、活躍しています。

地元をこよなく愛する加藤氏、以下、同氏の経歴をまとめてみました。

名前 加藤英樹(かとうひでき)
生年月日 1963年生まれ 59歳
出身地 栃木県日光市
最終学歴 早稲田大学社会科学部卒業
職業(前職) 鴻巣市議会議員
趣味 ソフトテニス
スポンサーリンク

加藤英樹/鴻巣市長選挙の学歴は?

加藤英樹氏の学歴ですが、栃木県日光市鬼怒川にある小学校、中学校を卒業後は、創立120周年を迎える伝統的な進学校、栃木高校に入学します。

そして、同校を卒業後、早稲田大学社会科学部に入学、卒業しています。

出身高校は?

加藤氏が通った栃木高校ですが、創立120周年の伝統ある、栃木県内では有名な進学校です。

毎年東京大学や早稲田大学を始め、有名一流大学に多くの生徒を輩出しています。

出身大学は?

加藤氏の出身大学は、早稲田大学社会科学部です。

早稲田大学といえば知らない人はいないくらい有名な伝統校です。

その歴史も深く、初代学長は政治家の故大隈重信氏。日本一のマンモス大学として知られ、多くの政治家、著名人を輩出しています

加藤英樹/鴻巣市長選挙の家族は?

加藤氏の家族ですが、妻と2男1女の3人の子どもがいます。

子煩悩で、子どもの自立心を大切にする加藤氏、父親として、夫として、そして、政治家としても、妻や子供たちに慕われ、尊敬されています。

家族を愛し、鴻巣市民を愛する素晴らしい人柄です。

加藤英樹/鴻巣市長選挙の年収は?

加藤氏の前職は鴻巣市議会議員で、地方議員です。

鴻巣市議会議員の年収を検索したところ、こちらのサイトに参考になる情報がありました。

報酬年収+期末手当年額=6,537,180円

加藤氏の鴻巣市議会議員を辞職するまでの年収は約654万円程と思われます。

こちらの収入以外にも収入があるかもですが、その他の収入の情報は得られませんでした。

加藤英樹/鴻巣市長選挙の実績や評判は?

加藤氏は、現職の市長の後継者として期待されている有力候補。

鴻巣市役所職員を27年、市議会議員を2年勤め、積極的に地元市民とコミュニケーションを取り、市民に寄り添った政策を打ち出しているため、地元民に愛され、期待されています。

加藤英樹/鴻巣市長選挙の公約は?

加藤氏の鴻巣市長選挙の公約は以下の通りです。

・子育てしやすいまち鴻巣にします!
・教育は未来への投資!学校教育を充実させます!
・一人も取り残さない、福祉施策の充実させます!
・コロナを克服し、商工業の新たな未来を作ります!
・情報発信の徹底で、住み続けたいと思えるまちにします!
・公共事業の動きを止めず、早期実現をします!
・国・県と強固に連携し、公約実現します!

加藤氏の公約の詳細は公式サイトで紹介されています。

加藤氏は子育てや教育を公約に一番に掲げていることから、将来の世代をしっかりと育てていくことを重点にされている印象です。

加藤英樹/鴻巣市長選挙の立候補した理由は?

鴻巣市役所職員として働いている頃に社会福祉に携わったことがきっかけで、社会には様々な困難を抱えている人たちがいることを知ります。

一人一人がそれぞれの価値観で幸せを願っていることを身をもって知り、それぞれの価値観や幸せに寄り添い、その願いを叶えることができるのが政治だとし、政治家として生きていくとを決意、そして、立候補に至っています

加藤英樹/鴻巣市長選挙の選挙結果は?

今回が市長選初出馬になりますので、市長選挙の選挙結果はありません。

過去の鴻巣市議会議員選挙の結果は以下のとおりです。

2015年鴻巣市議会議員選挙:1,522票(当選)
2019年鴻巣市議会議員選挙:1,086票(当選)

加藤英樹/鴻巣市長選挙の引退の可能性は?

加藤氏は今回が市長選初出馬になりますので、引退の可能性は低いと思われます。

まとめ

現市長の後継者として期待されている有力候補の加藤英樹氏、勤勉家で家族愛と地元愛の強い同氏が起こす行政の改革、鴻巣市役所職員として働いた27年、そして、市議会議員として働いた2年の実績には、大いなる期待が持てます。

誰よりもこよなく地元を愛し、そして、鴻巣市の「継承と発展」というテーマを掲げ、市の未来を担う子供たちを育て上げること、そして、年代問わず暮らしやすい町づくりをすることに全力を注いでいます。

今後同氏が市長に当選した暁には、鴻巣市の明るい未来が存在していることは、間違いないでしょう。