唐沢理恵/大垣市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果についても!

スポンサーリンク

任期満了に伴う岐阜県大垣市長選挙が2021年4月11日公示、4月18日投開票で行われます。

現職の小川敏市長が不出馬を表明した為、新人4人が立候補する選挙となります。

その中でも人材育成コンサルティング会社社長の唐沢理恵さんに関する情報をまとめています。

唐沢理恵さんの

 ・経歴
 ・家族
 ・年収
 ・選挙結果

を調べてみました。


スポンサーリンク

唐沢理恵/大垣市長選挙の経歴は?

名前:唐沢理恵(からさわりえ)
生年月日:1962年生まれ
出身地:岐阜県大垣市
出身校:岐阜高校→お茶の水女子大
趣味:不明
特技:不明

唐沢理恵さんは、1962年大垣市出身です。現在人材育成コンサルティング会社社長をされています。

岐阜高校を卒業し、お茶の水女子大へ入学、卒業後に「ノエビア」に就職しています。

その後2000年に人材育成コンサルティング会社「パーソナルデザイン」を起業され、現在に至っています。

また早稲田大学大学院にてMBAを取得されています。

現在はご両親の介護のため大垣市に住まわれているとのことです。

スポンサーリンク

唐沢理恵/大垣市長選挙の家族は?

唐沢理恵さんの家族構成が直接分かるサイト等は発見できませんでした。

しかし、唐沢理恵さんご本人が書いているブログ上ではご両親の介護をされているとの事、お姉さんがいらっしゃることは判明しました。

唐沢理恵さんご自身に配偶者がいらっしゃるのか?/いたのかまではわかりませんでした。

年齢を考えると配偶者がいらっしゃる方かと思いますが、いらっしゃらない可能性も高いです。

昔と違い、選挙で投票を行う上で被選挙人の配偶者の有無はあまり問題にはならないかと思います。

唐沢理恵/大垣市長選挙の年収は?

唐沢理恵さんの年収について調べてみましたが、直接わかる情報はありませんでした。

唐沢理恵さんは人材育成コンサルティング会社を経営されていることも有り、経営者として様々なメディアにも取り上げられてます。また多くの本を執筆されております。

経営されている人材育成コンサルティング会社の会社規模はわからない為、一般的な中小企業の社長の年収を元に検討しました。

一般的な中小企業の社長の年収は1200万程度であるといわれています。

唐沢理恵さんは多くの本を出版されていることも有り、一般的な中小企業の社長よりも多くの年収があるのではないかと思われます。

唐沢理恵/大垣市長選挙の選挙結果は?

岐阜県大垣市長選挙は4月18日投開票となっており現在では結果はでておりません。

今までの大垣市長選挙ではすべて男性となっており、女性はおりません。

また、新人4人が立候補が市議の方も立候補されている中もあり、激戦が予定されています。

皆フレッシュな顔ぶれということもあり、誰が当選してもおかしくない選挙かと思います。

まとめ

ここまで、岐阜県大垣市長選挙に立候補される、唐沢理恵さんの経歴・家族・年収等をまとめて記載しました。

岐阜県大垣市長選挙に立候補された時の思いとして、「進化のための一石を投じたい」と話をしており、非常に面白い選挙戦となるのではないかと思います。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所