金子恵美の年収や本名は?父親や兄弟や旦那や子供についても!

スポンサーリンク

今回の記事ではタレントとして活躍中の元衆議院議員の金子恵美氏について記事をまとめていこうと思います。

金子恵美氏の

・経歴
・学歴
・年収
・家族

などについて記事をまとめていきます。

金子恵美の経歴や学歴は?

金子恵美氏の経歴や学歴についてまとめていきます。

金子恵美の経歴は?

名前 金子恵美(かねこめぐみ)
生年月日 1978年2月27日
身長 167cm
出身地 新潟県西蒲原郡月潟村(現・新潟市南区)
最終学歴 早稲田大学第一文学部文学科演劇専修卒業
職業 タレント
政治評論家
コメンテーター
元衆議院議員
元総務大臣政務官
元新潟県議会議員
元新潟市議会議員

金子恵美氏は、1978年2月27日に新潟県西蒲原郡月潟村に生まれました。

お父さんが月潟村長を務めていたため、幼い頃から政治を身近に感じていたようです。

新潟県立三条高等学校卒業後、早稲田大学に進学しました。

大学の時は、ネパールで近藤亨氏のの行う農業支援の体験をしました。

近藤亨氏はネパールで稲作を成功させた方で、ここでも政治が人々に与える影響を感じたようです。

政治に関心があった金子恵美氏は、議員になりたかったようですが民間の経験をしたかったため、一度就職しました。

2000年に早稲田大学を卒業後、新潟放送に1年間ほど勤務しています。

新潟放送を退職後は、フリーのライターとして活動しています。

 

金子恵美氏は美しい容姿から

・2002年 「新潟県きものの女王」
・2003年 ミス日本関東代表

に選ばれています。

 

その後、2007年から政治家として活動するようになります。

金子恵美氏の政治家としての経歴は以下の通りです。

2007年 新潟市議会議員 トップ当選
2010年 新潟県議会議員 当選
2011年 自民党新潟4区支部長 就任
2012年 衆議院議員 当選
2014年 衆議院議員 2期目当選
2016年 総務大臣政務官 就任

2015年5月に衆議院議員の宮崎謙介氏との結婚を発表しています。

2017年に衆議院議員選挙に出馬しましたが、落選しています。

現在は、タレント活動が中心で、テレビのコメンテーターとして政治について解説されています。

金子恵美の本名は?

金子恵美氏の本名は、「宮崎恵美」だと思われます。

テレビなどのお仕事では、旧姓の「金子恵美」として活動されているようです。

金子恵美の学歴は?

金子恵美氏の学歴ですが、新潟県立三条高等学校卒、早稲田大学第一文学部文学科演劇専修卒になります。

金子恵美の出身高校は?

金子恵美の出身高校は、新潟県立三条高等学校です。

新潟県立三条高等学校は、1901年設立の県立高校です。

自主自立の精神のもと、創造力を持った人材育成を目指しています。

2021年より文部科学省からワールド・ワイド・ラーニングの指定を受けています。

グローカル研究SDGs活動を行なっています。

参考:新潟県立三条高等学校 ホームページ

金子恵美の出身大学は?

金子恵美の出身大学は、早稲田大学です。

早稲田大学は、1882年設立の私立大学です。

グローバルな人材育成のため、留学プログラムや異文化交流が盛んです。

卒業生の活躍度を示すランキング(2023年)で世界27位を獲得しており、世界で活躍する優秀な人材を輩出しています。

参考:早稲田大学 ホームページ

スポンサーリンク

金子恵美の仕事は?

金子恵美氏は、これまでの議員としての経験を活かしてタレント活動をされています。

CBCテレビ「ゴゴスマ」では、コメンテーターを務めています。

 

講演活動もされていて、

・政治
・女性のキャリア
・子育て支援

などをテーマに講演をされています。

 

2020年に著書「許すチカラ」を出版しています。

また、企業顧問のお仕事もされているようです。

金子恵美の家族は?

金子恵美氏の家族は、父・姉2人・夫・子どもがいるようです。

お父さんの金子由征氏は、月潟村長を務めていました。

お父さんの姿を見て育った金子恵美氏は、将来政治家になりたいと思っていたようです。

お姉さんについては2人いることはわかりましたが、詳しい情報は見当たりませんでした。

夫は、元衆議院議員の宮崎謙介氏です。

金子恵美氏が初めて国会に行った日に宮崎謙介氏と出会ったようです。

宮崎謙介氏は、2006年に加藤鮎子氏と結婚していて、金子恵美氏とは再婚です。

身長188cmと高身長でイケメンで、女性にモテそうな方です。

宮崎謙介氏は、子育てに積極的で息子さんはパパっこに育ったようです。

夫婦でテレビに出演していますので、夫婦関係はうまくいっていると思われます。

宮崎謙介氏は、2016年4月に起業し、経営コンサルティング会社「8infinity」の社長を務めています。

お子さんは、2016年2月に生また男の子です。

息子さんは、小学校受験をして合格したと金子恵美氏が発言していました。

夫婦で協力しあって子育てされているようです。

息子さんがいたから夫婦関係が修復できたのかなと思います。

スポンサーリンク

金子恵美の年収や月収は?

金子恵美氏の年収はおよそ2,320万円と予想しました。

年収を予想した根拠について解説していきます。

 

金子恵美氏は、

・コメンテーター
・講師
・企業顧問

を務めています。

コメンテーターの出演料は、1回5万円ほどのようです。

金子恵美氏は、議員を務めた経歴もありますので、1回7万円・月10回ほど出演していると仮定して計算します。

月収 7万円×10回/月=70万円
年収 70万円×12ヶ月=840万円

金子恵美氏のコメンテーターとしての年収は840万円と予想しました。

 

講師の出演料は、1回40万円と予想しました。

月1回出演していると仮定して計算します。

年収 40万円×12ヶ月=480万円

金子恵美氏の講師としての年収は480万円と予想しました。

 

企業顧問の平均年収は1,000万円ほどのようです。

金子恵美氏の企業顧問としての年収は1,000万円と予想しました。

 

コメンテーター 840万円
講師 480万円
企業顧問 1,000万円
年収 840万円+480万円+1,000万円=2,320万円

以上の結果から、金子恵美氏の年収はおよそ2,320万円と予想しました。

 

参考:テレビコメンテーターのギャラの相場はいくら?

参考:講演料金の目安「あの講師はいくらで呼べる?」

参考:顧問ライフ

まとめ

今回の記事では、金子恵美氏について記事をまとめてみました。

金子恵美氏は、10年ほど議員を務めていました。

いろいろとあったようで、政治家として活動は難しくなったようです。

現在は、タレントや講演活動を通して政治に関わるお仕事をされています。

講演活動などで政治に関わり、世の中を良くしたいと考えているようです。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
人物
選挙立候補者研究所