金子勝寿/塩尻市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う塩尻市長選挙(2022年9月18日告示、9月25日投開票)で、市議会議員の金子勝寿氏が立候補する意向を表明しましたので、金子勝寿氏に関する情報をまとめています。

金子勝寿氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについつて記事を書いていきます。

金子勝寿/塩尻市長選挙の経歴は?

名前 金子勝寿(かねこかつとし)
生年月日 1977年5月18日
出身地 塩尻市
最終学歴 信州大学経済学部大学院修士課程修了
職業(前職) 塩尻市議会議員
日本内航海組合総連合会 第二事業部
趣味 不明

金子勝寿氏は、1977年5月18日に長野県塩尻市に生まれました。

学歴は以下の通りです。

1990年 塩尻市立塩尻東小学校 卒業
1993年 塩尻市立塩尻中学校 卒業
1996年 田川高等学校普通科 卒業
2000年 拓殖大学政経学部政治学科 卒業
2010年 信州大学経済学部大学院 修士課程修了

拓殖大学卒業後、2001年から日本内航海運組合総連合会の第二事業部に勤務しています。

2007年に塩尻市議会議員に初当選しました。

塩尻市議会議員を務めながら、2010年に拓殖大学大学院に通っていたようです。

塩尻市長選挙に立候補するため、2022年7月31日に塩尻市議会議員を辞職しています。

金子勝寿氏は、塩尻市議会議員として4期15年と4ヶ月ほど務めました。

趣味についての情報は得られませんでしたが、自転車で選挙の挨拶回りをしているようです。

体力には自信があるのかなと思いました。

学生時代は、何かスポーツをされていたのかもしれませんね。

金子勝寿氏 Twitter

金子勝寿氏 Facebook

金子勝寿氏 ホームページ

金子勝寿氏 YouTube

金子勝寿/塩尻市長選挙の学歴は?

金子勝寿氏の学歴は、拓殖大学政経学部政治学科卒業、信州大学経済学部大学院修士課程修了です。

出身高校は?

金子勝寿氏の出身高校は、田川高等学校です。

田川高等学校は、「質実剛健、尚学共立」の校風と、知徳体の調和のとれた学びの場を目指す学校です。

ICT(情報通信技術)を活用した教育を推進しており、Wi-Fiを完備し、電子黒板を使用しています。

生徒総会や文化祭の会議はウェブ上で行うことで、コロナ対策もされています。

生徒の進路指導として、キャリア指導計画を立てています。

生徒を主体として進路を設定し、実現できる支援をしています。

参考:長野県田川高等学校 ホームページ

出身大学は?

金子勝寿氏の出身大学は、拓殖大学信州大学です。

2000年に拓殖大学政経学部政治学科を卒業し、2010年には信州大学経済学部大学院の修士課程を修了しています。

金子勝寿氏の出身大学、2校について紹介します。

拓殖大学は、1900年設立の東京都文京区にある大学です。

グローバルな人材育成を目指す学校で、アラビア語など14ヶ国語を学べる学校です。

国際交流留学生センターを設置し、学生の交流を支援しており、国際大学のパイオニアとして有名なようです。

参考:拓殖大学 ホームページ

信州大学は、1949年設立の長野県松本市にある大学です。

豊かな自然を活かした環境教育が特徴的です。

学位を与える基準に、環境マインドを掲げています。

経済学部では、身につけた専門性を能動的に発揮できる人材育成を目指しています。

参考:信州大学 ホームページ

スポンサーリンク

金子勝寿/塩尻市長選挙の家族は?

金子勝寿氏の、家族に関する情報は見つかりませんでした。

金子勝寿氏は、40代ですので既婚の可能性はありそうです。

金子勝寿/塩尻市長選挙の年収は?

金子勝寿氏の年収について予想していきます。

金子勝寿氏は、2022年7月31日まで塩尻市議会議員を務めていました。

塩尻市議会議員の報酬については、塩尻市のホームページに情報がありました。

月収:402,000円×12ヶ月=4,824,000円
期末手当:402,000円×3.35ヶ月=1,346,700円
年収:6,170,700

以上の結果から、金子勝寿氏の塩尻市議会議員時代の年収はおよそ617万円と予想されます。

参考:塩尻市 特別職給料、議員報酬の状況

スポンサーリンク

金子勝寿/塩尻市長選挙の実績や評判は?

金子勝寿氏は、

・議会改革特別委員長
・産業建設委員長
・政策部会長
・市監査委員
全国若手市議会議員の会、事務局次長

などの実績があります。

具体的な政策では、赤羽誠治議員と共に、2022年2月にJR東日本みどり湖塩尻間の側道拡幅を実現したようです。

参考:金子勝寿氏 Facebook

塩尻市長選挙の演説には、箕輪町議会議員の寺平シュウコウ氏が駆けつけていました。

変化時期である塩尻市には、金子勝寿氏が必要であると訴えていました。

金子勝寿氏の、

・若い力であること
・即戦力であること
・民間出身であること

を高く評価していました。

金子勝寿氏は、分水嶺公園の清掃ボランティアに何度か参加しているようです。

ボランティアを通じて市民の声を聴く機会になっていますので、市民の意見を市政に活かしてくれる方だと思います。

金子勝寿/塩尻市長選挙の公約は?

金子勝寿氏は、公約として以下のことを重視しているようです。

やさしく・つよく・いきいきとこれからの塩尻を目指して

子育て世代にやさしく
子育て世帯を応援
・給食費の無料化推進
1歳までおむつ無料化
・0〜2歳児の待機児童への支援金支給

高齢者に優しく
・医療機関と連携し、看取られる体制を作る
・口腔ケアによる健康増進
のるーと、地域振興バスのカバー率100%を目指す
・移動販売車の支援

経済をつよく
・塩尻発の創業を支援
・中小企業の事業継承支援
・新規事業サポート
映画、アニメ、デジタルを活用した知名度UPとブランド力強化

災害とまちづくり・道路をつよく
通学路、生活道路の安全確保災害時の補給路確保(用地買収専門部署設置)
国道19号、20号の4車線化
・国道153号両小野バイパス事業化
・片丘バイパスの事業化
・洗馬地区の県道拡充整備

女性もいきいきと活躍する
女性副市長を設置
 医療、福祉、教育施策を推進
・女性参画会議の設置
テレワークの導入を支援し、子育てと仕事の両立を実現

いきいきと働ける
・就労のミスマッチをなくす講習会やサーポート人材の供給
テレワークを進める会社を支援
高齢者雇用推進プランナーによるサポート

子どもをいきいきと育む
・ひとり親、貧困家庭の子育てを支援する職員と体制の拡充
オンラインの学習サービスを提供
スタディーアプリ無料提供
・市独自の奨学金の拡充

金子勝寿氏の公約は、各世代に対する支援が考えられていて内容が充実しています。

おむつ代1歳まで無償化についてですが、おむつは大体2、3歳まで必要で、金額としては月に2,000円から3,000円の家庭が多いようです。

おむつ代1歳まで無償化は子育て世代にとって嬉しい支援ではないでしょうか。

塩尻市は今後、少子化により学校の統廃合は続くと予想されます。

金子勝寿氏は、教育機会が減るのを防ぐためオンライン授業を推奨したいと考えているようです。

道路事業としては、国道19号・20号の4車線化を進めるようです。

塩尻市は、長野県の中部に位置し交通の要所となっています。

国道を整備することで塩尻市の発展につながると思われます。

金子勝寿/塩尻市長選挙の立候補した理由は?

金子勝寿氏は、立候補した理由について以下のように語っていました。

「塩尻市の前途に思いを巡らし、私の全てを捧げて、塩尻市の発展と市民の安全・安心な生活守るべく次期市長選に挑戦したい」
引用元:金子勝寿氏 出馬表明

金子勝寿氏は、

・塩尻市民を誰ひとり取り残すことのない塩尻市をつくって欲しい
民間企業の経験を活かして市政を行って欲しい

という支援の声も後押しとなり、立候補を決意したようです。

金子勝寿/塩尻市長選挙の選挙結果は?

金子勝寿氏の選挙結果は以下の通りです。

塩尻市議会議員選挙
(2007年4月22日投開票)
投票率64.37% 1,386票(当選)
塩尻市議会議員選挙
(2011年4月17日投開票)
投票率56.16% 1,438票(当選)
塩尻市議会議員選挙
(2015年4月19日投開票)
投票率52.81% 1,662票(当選)
塩尻市議会議員選挙
(2019年4月14日投開票)
投票率47.88% 1,501票(当選)

金子勝寿氏は、2007年に塩尻市議会選挙に出馬し、初当選しています。

その後、4期15年と4ヶ月ほど塩尻市議会議員を務めています。

金子勝寿/塩尻市長選挙の引退の可能性は?

金子勝寿氏の、引退に関する情報は見つかりませんでした。

金子勝寿は、40代という若さですのでこれからまだまだ活躍してくれると思いますので引退の可能性は低いと思われます。

まとめ

金子勝寿氏は、2007年から塩尻市議会議員を4期務めています。

2022年に塩尻市長選挙に初出馬となります。

今回の選挙は、小口利幸市長が引退を表明したため、金子勝寿氏を含む新人3名が立候補しています。

金子勝寿氏は、

・40代という若さ
・塩尻市議会議員4期の実績
・民間出身

を武器に選挙戦に挑みます。

新人3名の選挙戦ということ、金子勝寿氏の強みを考えると当選も期待できるのではないでしょうか。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所