金平茂紀の妻や結婚は?評判や経歴も!

スポンサーリンク

今回は、「報道特集」のメインキャスターとして長く活躍してきた、金平茂紀氏について記事をまとめていきたいと思います。

金平茂紀氏の

・学歴
・経歴
・年収
・家族
・評判

などの情報を調べていきます。

金平茂紀の経歴や学歴は?

金平茂紀氏の経歴や学歴についてまとめていきます。

金平茂紀の経歴は?

名前 金平茂紀(かねひらしげのり)
生年月日 1953年12月18日
身長 非公表
出身地 北海道旭川市
最終学歴 東京大学卒
職業 ジャーナリスト

金平茂紀氏は北海道旭川市の出身です。

1977年にTBSへ入社し、報道局社会部記者として、警視庁記者クラブ、司法記者クラブ、文部省記者クラブに勤務。

司法記者クラブでは、ロッキード事件での田中角栄氏の1審裁判などを担当。

1986年より報道番組のディレクターやプロデューサーを務め、1989年より番組が終了する1990年まで『JNNニュースコープ』副編集長も務めています。

1991年から1994年までの間はJNNモスクワ支局長としてソ連の崩壊などを取材。

1991年のクーデター事件後にミハイル・ゴルバチョフ氏やボリス・エリツィン氏に対して、単独インタビューを海外メディアの中で初めて行ったことで注目を集めています。

帰国した1994年から2002年までの間、「筑紫哲也NEWS23」の編集長を務め、筑紫哲也氏の右腕的存在として阪神・淡路大震災やアメリカ同時多発テロなど数々の報道を経験。

その後は2002年よりJNNワシントン支局長、2005年5月15日より編成制作本部報道局長、2006年6月22日より取締役、2008年6月19日よりTBSアメリカ総局長・TBSインターナショナル副社長となり、ニューヨークへ転出。

2010年9月に帰国し、TBSテレビ執行役員報道局付に就任し、10月2日より日下部正樹氏と共に「報道特集」のメインキャスターを2022年9月まで務めてきました。

現在は特任キャスターという肩書に変わっており、取材活動を行いつつ、随時出演という形を取っています。

金平茂紀の本名は?

金平茂紀氏は本名であると考えられます。

一時期、韓国との関係性が悪化していた時期に金平茂紀氏が韓国寄りの発言を繰り返したことから、韓国籍なのではないかという噂が流れたことがあるようです。

しかしながら、特にこれといった根拠があるものではないようで、一般的には日本人であるという見方が強いようです。

金平茂紀の学歴は?

金平茂紀氏の学歴ですが、都立西高等学校卒東京大学文学部卒になります。

金平茂紀の出身高校は?

金平茂紀氏は都立西高等学校を卒業しています。

都立西高等学校は偏差値73とされていることから、金平茂紀氏がかなり学業に秀でた生徒であったことが伺えます。

元々は出身地である北海道旭川東高等学校に通っており、途中転入であったようですが、金平茂紀氏がいつ頃上京し、転入したのかなどは、情報がありませんでした。

金平茂紀氏の父親が地方銀行勤務であったらしく、転勤に伴う引っ越しなどが多かったとされる説があるようですが、こちらもはっきりとした情報は見つかっていません。

金平茂紀の出身大学は?

金平茂紀氏は、東京大学文学部社会学科を卒業しています。

高校の時点ですでに高い学力を有していましたが、東京大学へ進まれていました。

東京大学の偏差値は67.5~72.5とされており、イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」による最新の世界大学ランキングでは東京大学は39位に位置しており、これは日本の大学では最高位となっています。

スポンサーリンク

金平茂紀の仕事は?

金平茂紀氏の仕事はジャーナリストであり、キャスターディレクターも務めてきました。

また、早稲田大学大学院政治学研究科の客員教授でもあります。

キー局でキャスターを務める中で、金平茂紀氏はかなりの頻度で被災地での現場取材などを積極的にこなしています。

TBSオウム事件、阪神・淡路大震災、アメリカ同時多発テロ事件などの重要な報道に携わってきて、結果的に局内での地位も高まりましたが、現場へ足を運ぶ主義であるのでしょう。

「報道特集」のメインキャスターからは降板しましたが、最後の出演回では

僕は特任キャスターという役割で、より深く、より広く、より長く取材をして、皆さんと随時お目にかかりたいと思っております。本当にありがとうございました

といった趣旨のコメントを残されていることから、これからも現場にこだわって取材を続けていくものと思われます。

金平茂紀氏は著作も多く

●『抗うニュースキャスター』かもがわ出版、2016年9月16日
●『漂流キャスター日誌』七つ森書館、2018年7月31日
●『筑紫哲也『NEWS23』とその時代』講談社、2021年11月4日

上記のほか、1990年代より定期的に発表しています。

金平茂紀の家族は?

金平茂紀氏の家族については、恐らく、何一つ公表されていません。

ただ、金平茂紀氏は報道に全力を注いで走り続けてきた印象があるので、推測に過ぎませんが、家庭を持つことに関心を向けなかった可能性は考えられます。

もちろん、プライベートと仕事を切り分けて両立されている可能性もあります。

芸能人ではないことから、公表する理由もありませんし、家族を大切にしているのかもしれません。

スポンサーリンク

金平茂紀の年収や月収は?

金平茂紀氏はジャーナリストですが、所属はTBSとなります。

平均年齢38歳、13年勤続とした場合、賞与も加わって年収は1834万円程度となるようです。(参照:ジャーナリストの気になる?年収・給料・収入)

金平茂紀氏の場合はさらにキャリアが長く、賞与などに反映されている可能性があることから、2000万円台には間違いなく達しているのではないでしょうか。

金平茂紀の評判は?

金平茂紀氏の評判は、賛否両論が絶えないといった印象になりますが、やや否定論が強いかと思われます。

前述の韓国寄りな発言に、政権批判などが多いことから、韓国が好きで現政権に不満を持つ人々からは賞賛を集める一方で、支持派からは批判する以外何もないと、全く逆の評価を与えられているようです。

しかし、そうした好き嫌いを抜きに、ここ最近の金平茂紀氏への評価は急上昇しています。

2022年9月22日の旧統一教会の記者会見の場で、新聞社の記者から当たり障りのないような質問しか飛ばない中、金平茂紀氏だけが鋭く切り込み続け、会見をテレビで見ていた視聴者たちを喜ばせました。

その姿勢からは、金平茂紀氏のジャーナリズム精神が溢れており、今も称賛の声はSNSで数多く見られます。

まとめ

今回の記事では、金平茂紀氏について記事をまとめてみました。

金平茂紀氏は、やや偏った発言も目立ってしまいますが、嫌われるということは、それだけご自身の意見を忌憚なく、はっきりと主張していることの現れでもあります。

注目されれば、それだけ敵が増えてしまうのもまた、必然でしょう。

好かれるために、耳障りの良い言葉だけしか話さないようでは、逆に信頼もされません。

レギュラー出演ではなくなりましたが、金平茂紀氏のコメントを待っている視聴者は大勢いることでしょう。

今後の発言にも、期待していきたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
人物
選挙立候補者研究所