金田淳美/悟空のきもちの経歴や学歴は?年収や家族についても!

スポンサーリンク

今回の記事では、日本初の頭の揉み解し専門店である「悟空のきもち」を運営する、株式会社ゴールデンフィールドで代表を務める金田淳美氏について記事をまとめたいと思います。

金田淳美氏の

・高校や大学
・経歴
・年収
・家族

などの情報を調べてみたいと思います。

金田淳美の経歴や学歴は?

金田淳美氏の経歴や学歴についてまとめていきます。

金田淳美の経歴は?

名前 金田淳美(かねだあつみ)
生年月日 非公表
身長 非公表
出身地 滋賀県
最終学歴 同志社大学卒業
職業 株式会社ゴールデンフィールド・代表

金田淳美氏は、幼少の頃より、経営者になることを夢としていたのだそうです。

とはいえ、最初からやりたいことが明確に決まっていたわけではなく、働きながら自分のビジネスを考えようと、大学を卒業後は大手監査法人に入社。

公認会計士として働きながら、経営を学ぶ目的があったようです。

資格取得と2年間の実務経験をもって、正式に登録される公認会計士の職を、金田淳美氏は2年を目前とした1年と10ヵ月で退職しています。

あと2ヵ月を会計士として過ごしてしまったら、自分がこの先、会計士として生きていくことが出来るようになってしまう。

金田淳美氏は、会計士としての勤務時代には、すでに現在のビジネスモデルを思い描いていたと言います。

当時はデジタル化が進んでいく真っ只中で、これからは頭の疲れを取る時代が来る、という確信を持ったのだそうです。

また、自身が仕事中、やる気はあるのに睡魔に襲われる経験などをしたことから、睡眠の問題に取り組むようになり、その勉強を通して、頭の疲れを取るマッサージがいいのではないか、と思うに至ります。

ただ、その一方で前例がないだけに、なかなか踏み出せないでいる自分自身の退路を、自らの判断で断ち切ることで、ここから起業へと集中。

正解なき研究と技術研鑽、試行錯誤を繰り返しつつ、2008年11月に、京都に1号店をオープン

現在では国内・国外で6店舗を展開しています。

金田淳美の本名は?

金田淳美氏は、本名である可能性が高いです。

しかし、これまでのところ、ご本人が明言されたことはないようでした。

金田淳美の学歴は?

金田淳美氏の学歴ですが、出身高校は非公表、同志社大学卒になります。

金田淳美の出身大学は?

金田淳美氏は、2005年に同志社大学を卒業しています。

同志社大学は1875年創設の、京都府にある私立大学で、関西の文系私立大学ではトップの偏差値・レベル・難易度を誇る難関大学とされています。

また、学生およそ3万人を擁する大規模大学としても知られています。

スポンサーリンク

金田淳美の仕事は?

金田淳美氏は、「悟空のきもち」を運営する、株式会社ゴールデンフィールドの代表を務めます。

日本初であった頭の揉み解しを専門とした「悟空のきもち」を口コミで広めていき、予約は常にキャンセル待ち状態であり、多いときは66万人待ちをも記録するほどに。

頭を揉み解すというコンセプトは利用客の反響に合わせて常に改良を取り入れており、睡眠に誘う施術に取り組んだことから爆発的な支持者を獲得しています。

国内のみならず、ニューヨークに出店しているほか、畳の上で施術を行う、移動式の旅する畳店など、他では見ない独自の取り組みも目立ちます。

その他、快適な睡眠に誘うためのグッズ開発なども手掛けており、食事中のスタッフの呟きがきっかけとなって開発された「睡眠用うどん」は、寝具としてよりもうどんに寄せることにこだわるという個性的な商品ながらに、3億を超える売り上げを記録するなど、寝具業界にも旋風を起こしています。

金田淳美の家族は?

金田淳美氏は、ご家族に関する情報を公表していません。

結婚されているのか、ご両親の詳細など、今のところ明らかにはなっていないようです。

スポンサーリンク

金田淳美の年収や月収は?

金田淳美氏は、会社経営者です。

株式会社ゴールデンフィールドは、従来の会社的な要素に縛られない会社であることがわかっています。

経営計画もなければ、役職すら存在しないと言いますので、報酬体系も異なる可能性があります。

株式会社ゴールデンフィールドは中小企業に当たりますので、社長の年収は600~800万円と言われていますね。(参照:社長の給料)

ただ、株式会社ゴールデンフィールドは黒字経営で無借金経営の企業でもあります。

その業態の特性上、比較的低コストでの運営が可能なこともあり、賞与などの支給で還元しているといった金田淳美氏の発言もあることから、経営状態は良好と言えるでしょう。(参照:【頭専門揉みほぐし店『悟空のきもち』代表 金田淳美が語る“人気軸”経営とは? その4】)

そうしたことから、通常の中小企業経営者の倍、1200万円くらいはあるのではないでしょうか。

まとめ

今回の記事では、金田淳美氏について記事をまとめてみました。

例えばこんなサービス、あんな商品があれば良いのに、とは誰しも1度は考えたことがあると思います。

が、それが今存在しないのであれば、自分でやろう、となるのが金田淳美氏の強みなのではないでしょうか。

これからも是非、独自の道を切り拓いていってほしいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
人物
選挙立候補者研究所