金田峰生/兵庫県知事選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

令和3年7月1日告示同月18日投開票の任期満了に伴う兵庫県知事選は、告示を前に、分裂自民という波乱含みのスタートとなりました。

27日、自民党県連は分裂の危機に際し、神戸市内において、推薦候補の支援を確認する会合を開催。

次世代のエネルギーとして期待が寄せられている液化水素の貯蔵施設を視察に来ていた党本部の二階幹事長も会合に駆け付け、党の結束を強く呼びかけました。党は前大阪府財政課長である斎藤元彦氏の推薦を決定し、その方針に異を唱える自民党県議の一部は前副知事の金沢和夫氏を支援しています。

県政史上初の保守分裂選挙を何とか回避したかったというところでしょう。加えて、維新の会の勢力が大阪を飛び出て兵庫にまで及ぶのを、なんとか阻止したいという思いも赤裸々です。

元県議の金田峰生氏は、共産党の推薦を受けての出馬です。共産党は、県議の中での勢力図からみても、最小会派。

かなりの苦戦が強いられることは必然であり、もし当選を果たしたとしても、敵対県議との闘いの日々が待っています。

どっちにしても茨の道なのですが、ここでは、そんな金田峰生氏の

・経歴
・学歴
・ご家族
・年収
・実績や評判
・公約
・その他

についてお伝えいたします。

この度の兵庫知事選は、5人の立候補者がしのぎを削りますが、5人の立候補は過去を見ても最多で、1974年にあったっきりです。
47年間、5人が立候補することはありませんでした。

共産党推薦の金田峰生氏、自民分裂の渦中にある斎藤元彦氏と金沢和夫氏、維新は金沢和夫氏を応援します。そして中川暢三氏は、完全無党派立場を貫き、服部修氏は無所属と言えど東京都知事選立候補時はホリエモン新党員としていました。

野党第1党である立憲民主党は、この兵庫県知事選において、党県連は金沢氏の支援を決めながらも推薦は見送り。野党対与党の構図を回避しました。
国民民主党の対応も、似たようなものです。

公明党は、「心情的には金沢氏」という声を党内で多く聞きつつ、自主投票としました。

斎藤元彦氏と金沢和夫氏に内外の注目が集まる中、金田峰生氏はどのようなラストスパート仕掛けるのでしょう。

スポンサーリンク
知事
選挙立候補者研究所