金沢秀三郎/雲仙市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果についても!

スポンサーリンク

任期満了に伴う雲仙市長選挙(12月20日告示、12月27日投開票)に現職の金沢秀三郎氏が3期目を目指して立候補する意向を表明されましたので金沢氏に関する情報をまとめています。

金沢秀三郎氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

 
 

スポンサーリンク

金沢秀三郎/雲仙市長選挙の経歴は?

名前:金沢 秀三郎(かなざわ ひでさぶろう)
生年月日:1960年11月24日
出身地:長崎県小浜町(現・雲仙市)
出身校:青雲高等学校卒業
趣味:読書、風呂

大学卒業直後の職業は不明ですが、2000年に菓子製造販売を行う小浜食糧株式会社の代表取締役に就任されています。

2007年には長崎県議会議員選挙に初当選され2011年に2期目の当選をされています。

2012年に前雲仙市長の奥村慎太郎氏の辞職に伴う市長選への立候補を表明し、翌年の雲仙市長選挙に無投票で初当選。

2016年の雲仙市長選挙も無投票で再選されています。

 
 

スポンサーリンク

金沢秀三郎/雲仙市長選挙の家族は?

金沢氏の現在の家族については記載は見当たりません…

金沢氏が60歳代前半ということを考えると、結婚していたとすれば、30代ぐらいのお子様やお孫さんまでいらっしゃるかもしれません。

金沢秀三郎/雲仙市長選挙の年収は?

雲仙市のホームページによると

87.5万円(月収)×12ヶ月=1050万円
1050万円+期末手当293万円(3.35ヶ月)=1343万円(年収)

さらに1期勤め上げる毎に退職金として2100万円が支給されます。

金沢秀三郎/雲仙市長選挙の選挙結果は?

詳細な情報が入り次第追記します。
前回の雲仙市長選挙は無投票でした。

まとめ

雲仙市長選挙には現在のところ他に出馬を表明されている方はいらっしゃらないようです。

金沢氏は人口減少対策や地方創生、第2子の保育園無償化を国の施策より前に行い、子育て世代を応援してきたことなどを実績に挙げています。

さらに会見では「市民の皆様に雲仙市に住んで良かったと思ってもらえるようなそういう市政に努力していきたい」と話されています。

現在2期連続で無投票により市長を務めている金沢氏ですが、このまま3期目も無投票選挙となってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所