金井忠一/長野県知事選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う長野県知事選挙(2022年7月21日告示、8月7日投開票)で、金井忠一氏が出馬の意向を表明しました。
こちらのページでは、金井忠一氏の

・経歴
・家族
・年収
・公約
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

金井忠一/長野県知事選挙の経歴は?

名前 金井忠一(かないちゅういち)
生年月日 1950年7月14日
出身地 上田市
最終学歴 上田東高等学校卒業
職業(前職) 元上田市議会議員
趣味 読書、旅行、映画鑑賞

金井忠一氏は1950年上田市に生まれました。6歳の時に、父親を亡くし、農業を手伝いながら母親と暮らしていたそうです。

1970年から、上田市役所に25年間勤務しました。その後、1995年に上田市議会議員に当選し、5期を務めました。

2016年から、長野県生活と健康を守る会連合会会長を務めてまいます。

金井忠一・明るい県政をつくる会2022ホームページ

スポンサーリンク

金井忠一/長野県知事選挙の学歴は?

金井忠一氏の学歴は上田東高等学校になります。

出身高校は?

金井忠一氏の出身校は上田東高等学校です。

上田東高等学校は、1892年創設の由緒ある学校です。上田東高等学校の教育目標には、社会の変化に対応し、課題を積極的に解決していく力を養うとあります。

ここでの学びが、県政における課題解決にも活かされているのかもしれません。

出身大学は?

大学には進学していないようです。

金井忠一/長野県知事選挙の家族は?

金井忠一氏の家族は、息子2人の5人家族です。

スポンサーリンク

金井忠一/長野県知事選挙の年収は?

金井忠一氏は、現在農業をされているようです。

農家の年収は、300〜600万円が多く、平均年収は450万円です。

金井忠一氏の年収は、450万円くらいと予想されます。

金井忠一/長野県知事選挙の実績や評判は?

金井忠一氏の実績は、2014年から2018年に1万食の給食センターの見直しを実現しました。

評判についてですが、「忠ちゃん」の愛称で、地元の方から親しまれているようです。

金井忠一/長野県知事選挙の公約は?

金井忠一氏は公約として、

・少子化対策として学校給食日の無償化
・リニア中央新幹線工事の即時中止
・コロナ対策の根本的な強化

の3つの公約を発表しました。

金井忠一/長野県知事選挙の立候補した理由は?

金井忠一氏は、立候補した理由についての情報は得られませんでした。

明るい県政を作る県民の会のYouTubeチャンネルにおいて、

「県民に寄り添った、あたたか県政をつくる」

と語っています。

金井忠一/長野県知事選挙の選挙結果は?

金井忠一氏は、

・上田市議会選挙に7回出馬
・上田市長選挙に2回出馬
・長野県知事選挙に1回出馬

しています。結果は以下の通りです。

上田市議会選挙
(1995年4月23日投票)
投票率69.70% 1,883票(当選)
上田市議会選挙
(1999年4月25日投票)
投票率68.71% 1,672票(当選)
上田市議会選挙
(2003年4月27日投票)
投票率 不明 2,170票(当選)
上田市議会選挙
(2006年4月9日投票)
投票率64.12% 2,346票(当選)
上田市議会選挙
(2010年3月28日投票)
投票率62.04% 2,929票(当選)
上田市長選挙
(2014年3月30日投票)
投票率56.87% 27,829票(落選)
上田市長選挙
(2018年3月25日投票)
投票率58.14% 17,459票(落選)
長野県知事選挙
(2018年8月5日投票)
投票率43.28% 110,930票(落選)

金井忠一/長野県知事選挙の引退の可能性は?

金井忠一氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

金井忠一氏は、高齢ですので、落選をきっかけに引退する可能性があるかもしれません。

まとめ

金井忠一氏は、多くの市町村に出向き、県民に寄り添うあたたか県政を目指して活動してきました。

今回で、2度目の長野県知事選挙への出馬となります。

2018年は落選という結果でしたが、今回の長野県知事選挙では、どこまで得票数を伸ばせるかが注目されます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
知事
選挙立候補者研究所