神代繁近/箕面市議会議員選挙の経歴や家族は?年収についても!

スポンサーリンク

2020年8月23日に箕面市議会議員選挙が開催されます。

箕面市議会議員選挙には多数の方が立候補されていますが、そんな候補者の一人の神代繁近さんについて記事を書こうと思います。

神代繁近さんの


・経歴
・家族
・年収

について記事をまとめてみます。

 
 

スポンサーリンク

神代繁近/箕面市議会議員選挙の経歴や年齢は?

箕面市議会議員選挙候補の神代繁近さんの経歴は以下の通りです。

名前:神代繁近(かみしろ しげちか)
生年月日:1958年(月日不明)
在住:大阪府箕面市
出身地:大阪府箕面市
出身校:
追手門学院高校、追手門学院大学
部活:バスケットボール部
職歴:箕面市議会議員、JCI、日本青年会議所

神代繁近さんはFacebookにてスポーツ、音楽、映画、本、テレビ番組など数々のものをプロフィールと紐付けているところを見るとかなり多趣味であることがうかがえます。

最近だと、手作りでアマビエのアクセサリーを作っていたりもしています。

また、『愛してます!箕面』神代しげちかのブログ2というブログを運営しています。

ブログ名にもなっている『愛してます!箕面』はスローガンらしいです。

箕面市議会議員選挙には2016年に2104票をとって当選しています

 
 

スポンサーリンク

神代繁近/箕面市議会議員選挙の家族や結婚についても!

神代繁近さんの家族に関する情報は見つかりませんでした。

神代繁近さんの年齢が60代ということを考えれば、結婚していたとすれば、お子さんが30代のぐらいになられていて、お孫さんがいる可能性があるかもしれませんね。

ひょっとして、独身の可能性もあるかもですね。

神代繁近/箕面市議会議員選挙の年収は?

職歴に記載の日本青年会議所事務局員と箕面市議会議員の年収について調べてみました。

日本青年会議所事務局員の年収は、 約700万くらいだそうです。

箕面市議会議員の平均年収は、577,700円(月額)×12+577,000円×4.15ヶ月(賞与)=932万9895円だそうです。

まとめ

本記事では神代繁近さんのプロフィール、家族、年収について触れていきました。

結構多趣味な神代繁近さん、ブログでの情報発信の他、アクセサリー作りなどものづくりもできることから、地域振興の為の様々な趣向をこらすことができそうです。

音楽やスポーツなど、交流も取り入れていくとより活動の幅が広まるかもしれませんね。

いろいろな候補者のいろいろな背景や考えを聞いて、今の日本の現状を知って、候補者も主権者の箕面市民や大阪府民ももちろん大阪府以外に住んでいる方も有意義な選挙運動、政治への関心へとつなげていってくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市議会議員
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所