釜井敏行/伊賀市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果についても!

スポンサーリンク

任期満了に伴う伊賀市長選挙(11月1日告示、11月8日投開票)に日本共産党の伊賀市委員会副委員長でパート職員の釜井敏行氏が新人として立候補する意向を表明されましたので釜井氏に関する情報をまとめています。

釜井敏行氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

 
 

スポンサーリンク

釜井敏行/伊賀市長選挙の経歴や評判は?


釜井敏行氏の経歴は次の通りです。

名前:釜井 敏行(かまい としゆき)
生年月日:不明
出身地:三重県
出身校:皇學館大社会福祉学部卒業
趣味:不明

生年月日、趣味に関する情報はありませんでした。新たに情報が入り次第、追記いたします。

大学卒業後は同大院社会福祉学研究科修士課程を中退。

現在は社会福祉法人が運営する障害者就労支援施設で職業指導員として勤務していますが、市長選に立候補のため10月末に退職する予定です。
 
 

スポンサーリンク

釜井敏行/伊賀市長選挙の家族は?

釜井敏行氏の現在の家族については記載は見当たりません…

釜井氏が30歳代前後半ということを考えると、結婚していたとすれば、お子様がいらっしゃるかもしれません。

釜井敏行/伊賀市長選挙の年収は?

釜井氏は2017年から社会福祉法人伊賀昴会に勤めているようです。

民間企業なので詳細はわかりませんが、社会福祉法人伊賀昴会はハローワークで月給16.8万円の求人を出していたので釜井氏の給料もこれをベースに決められている可能性があります。

釜井敏行/伊賀市長選挙の選挙結果は?

詳細な情報が入り次第追記します。
ちなみに前回の伊賀市長選挙の投票率は57.78%でした。

まとめ

伊賀市長選には他に、現職の岡本栄市長と新人の森川徹元市議が立候補を表明されています。

釜井氏は岡本市政に対して「南庁舎の移転問題や川上ダムの建設の強行など住民の反対の声が起こっているにも関わらず、まともに耳を貸さず強権的に事業を行ってきた」と批判し、

同和事業の廃止や待機児童の解消などを掲げて戦う考えを示しいる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所