鎌田靖/ひるおびの妻子供や家族は?病気や年収も! | 選挙立候補者研究所

鎌田靖/ひるおびの妻子供や家族は?病気や年収も!

スポンサーリンク
人物

今回の記事では「ひるおび」に出演しているジャーナリストの鎌田靖氏について記事をまとめていきます。

鎌田靖氏の

・経歴
・学歴
・年収
・家族

などについて記事をまとめていきます。

スポンサーリンク

鎌田靖/ひるおびの経歴や学歴は?

鎌田靖氏の経歴や学歴についてまとめていきます。

鎌田靖/ひるおびの経歴は?

名前 鎌田靖(かまだやすし)
生年月日 1957年5月5日
身長 不明
出身地 福岡県嘉穂町(かほまち)
最終学歴 早稲田大学政治経済学部卒
職業 ジャーナリスト

鎌田靖氏は1957年5月5日に福岡県嘉穂町(かほまち)に生まれました。

幼い頃は、新聞記者になりたいという思いはなかったようです。

大学生の頃に、進路について考えるようになりました。

弁護士を目指したこともあったようですが、断念しています。

社会を良くしたいという思いから、ジャーナリストに興味を持つようになったようです。

1981年に早稲田大学政治経済学部を卒業しました。

NHKに入社し、事件記者として働いています。

社会部などを経て、神戸放送局に配属され、1995年に阪神淡路大震災がありました。

今まではスクープを取ることを重視していましたが、被災地の取材をするうちに、人々にメッセージを伝える重要性に気付いたようです。

震災を経験したことが鎌田靖氏にとっての転機となったのかもしれませんね。

2005年から「週間こどもニュース」二代目お父さん役を務めました。

初代お父さん役を務めたのは池上彰氏ですので、プレッシャーがあったかもしれませんね。

2017年に60歳を向かえNHKを退社しました。

その後、フリーのジャーナリストとして活動されています。

鎌田靖/ひるおびの本名は?

鎌田靖氏は、本名で活動されているようです。

鎌田靖/ひるおびの学歴は?

鎌田靖氏の学歴ですが、福岡県立嘉穂高等学校卒、早稲田大学政治経済学部卒になります。

鎌田靖/ひるおびの出身高校は?

鎌田靖仕事の出身高校は、福岡県立嘉穂高等学校です。

福岡県立嘉穂高等学校は、1902年設立の中高一貫校です。

「質実剛健・自主創造」を教育理念としています。

各学年に研修やセミナーが行われていて、自分の興味を深めたり、グローバルな感覚を身につけることができます。

参考:福岡県立嘉穂高等学校 ホームページ

鎌田靖/ひるおびの出身大学は?

鎌田靖氏の出身大学は、早稲田大学です。

早稲田大学は、1882年設立の私立大学です。

「学問の独立」を掲げ、権力に影響を受けず、学ぶ精神を尊重しています。

学内奨学金の100%が、給付の奨学金(2023年現在)です。

奨学金以外にも就職支援など生徒が学びやすいサポート体制が充実しています。

参考:早稲田大学 ホームページ

鎌田靖/ひるおびの仕事は?

鎌田靖氏は、元新聞記者で、現在はジャーナリストとしてお仕事をされています。

大学卒業後、1981年にNHKに入社し、新聞記者になりました。

新聞記者として、

・リクルート事件
・東京佐川急便事件
・KSD事件

などを取材してきました。

NHK退社後は、ジャーナリストとして活動されています。

鎌田靖氏は、

TBS「ひるおび」
CBC「チャント」

などに出演しています。

NHKで「週間こどもニュース」の2代目を務めた経験から、ニュースをわかりやすく伝える事を心がけているようです。

易しい言葉を使うことで、多くの人にニュースを伝えられるように努力されています。

鎌田靖/ひるおびの家族は?

鎌田靖氏の家族は、がいるようです。

奥さんは一般の方ですので、詳しい情報は見当たりませんでした。

お子さんについの情報も見当たりませんでした。

年齢的にはお子さんがいる可能性は高そうです。

「週間こどもニュース」のイメージもあり、良いお父さんなのかもしれませんね。

鎌田靖/ひるおびの年収や月収は?

鎌田靖氏の年収はおよそ950万円と予想しました。

年収を予想した根拠について解説していきます。

 

鎌田靖氏は

・ジャーナリスト
・コメンテーター

などから収入があると思われます。

 

ジャーナリストの平均年収は590万円ほどのようです。

鎌田靖氏のジャーナリストとしての年収はおよそ590万円と予想しました。

 

コメンテーターの出演料は5万円ほどのようです。

月に6回ほど出演していると仮定して計算します。

月収 5万円×6回/月=30万円
年収 30万円×12ヵ月=360万円

鎌田靖氏のコメンテーターとしての年収はおよそ360万円と予想しました。

 

ジャーナリスト 590万円
コメンテーター 360万円
年収 590万円+360万円=950万円

 

以上の結果から、鎌田靖氏の年収はおよそ950万円と予想しました。

 

参考:【2023年版】ジャーナリストの年収|フリー・戦場・国際ジャンル別に解説!

参考:テレビコメンテーターのギャラの相場はいくら?

鎌田靖/ひるおびの病気は?

鎌田靖氏は、大腸がんだったようです。

2015年頃に、大腸がんの手術を受けたと思われます。

その後再発などの情報はないことから、現在は治療していないと思われます。

再発していないか検査するために、定期的に通院している可能性はありそうです。

まとめ

今回の記事では、鎌田靖氏について記事をまとめてみました。

阪神淡路大震災を経験し、何かを伝えたいという思いが強くなったようです。

「週間こどもニュース」の2代目を務めたことでわかりやすい伝え方を意識するようになりました。

いろいろな経験をして、今の鎌田靖氏があるのですね。

これからもジャーナリストとしての活躍を期待しています。

ここまでお読みいただきありがとうございます。