香川武文/志木市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果についても!

スポンサーリンク

今回ご紹介する方は就任当時「県内最年少市長」として新聞に取り上げられた香川武文氏についてです。

香川武文氏が市長に就任されてから県内初の試みなど、様々な事に力を入れてくださっている香川武文氏の事を調べてみました。

香川武文氏の

・経歴
・学歴
・家族
・年収
・実績や評判
・選挙の公約
・選挙の結果
・引退の可能性

などについて記事をまとめていきます。

 
 

スポンサーリンク

香川武文/志木市長選挙の経歴は?

名前 香川武文(かがわたけふみ)
生年月日 1972年12月15日
出身地 志木市
最終学歴 玉川大学院文学研究科修士課程修了
職業(前職) 志木市長
趣味 不明

香川武文氏は2000年に志木市議会議員選挙初当選されます。

その後、2003年に政治倫理条例制定特別委員会副委員長に就任、2004年には2期目当選され、議会運営委員長に就任されます。

2006年には志木市議会議長に就任され、就任当時33歳最年少議長としてマスコミなどから注目されます。

議長としては議員定数削減に務められ、結果当時埼玉県下最少人数15名の定数に改善されます。

2008年には三期目当選、議会運営委員長に就任されて議会改革に進めていきます。2012年に四期目当選、志木市監査委員(議会選出)総務委員会委員長に就任されます。

2013年には志木市長選挙に出馬、初当選されます。就任当時40歳ということで、埼玉県内最年少市長として新聞にも取り上げられていました。

2017年に2期目当選、2021年3期目を目指される予定です。

香川武文/志木市長選挙の学歴は?

香川武文氏は明星高校玉川大学文学部を卒業されています。

出身高校は?

明星高校は東京都府中市にある男女共学の私立高で、学校法人明星学苑が運営する学校になります。

高校入学前に行われた試験の成績優秀者が集まる難関大学の入学を目指す選抜クラスや、また習熟度別に授業を行い大学受験の合格を目指すクラスに分かれるそうです。

明星高校の卒業後はほとんどの生徒が私立大学へ進学とか。

2年生までの希望者を対象に「わくわく理科実験講座」が行われます。こちらの授業ではユニークなテーマを扱うために論理的思考やコミュニケーションの力が鍛えらると評判になっているそうです。

スポーツの部活動では、女子ハンドボール部や陸上部が関東大会へ出場を果たしています。

卒業生のの有名人としては、モデルで俳優の坂口健太郎さんが有名です。

出身大学は?

玉川大学は東京都にある私立大学で、通称は「玉川大」と呼ばれています。

1947年に「全人教育」を教育信条として開学した玉川学園を母体として、1947年に開学しました。

また、日本で初めての通信教育による教職課程を設置したことでも有名な学校でもあります。

学部は「文学部」「農学部」「工学部」「教育学部」があり、2013年4月には「観光学部」が新設され、玉川大学には全部で8つの学部があります。

学校内にチャペルがあり、1年生の時には必修科目として礼拝の時間があります。紺色が学校のカラーで、校章は玉をイメージした円と川を表現する3本線で校名の「玉川」を表現されています。

 
 

スポンサーリンク

香川武文/志木市長選挙のの家族は?

香川武文氏の家族の情報ですが、奥様息子さんがいることをご自身の公式HPで公表されています。

ご家族についての詳細な情報は得ることが出来ませんでした…

プロフィール | 志木市長|香川たけふみ|公式サイト
ご訪問いただきありがとうございます。香川たけふみは市民の方々と一緒になって志木市のまちづくりを考えます。

香川武文/志木市長選挙の年収は?

香川武文氏の年収に関する過去のデータがあり月収が86.8万円という情報があり、12ヶ月かけると以下のような感じになります。

86,8万円(月収)×12ヶ月=1041,6万円

市長にも期末手当というものがあるそうなのですが、期末手当に関する情報は得られませんでした…

他の地域の期末手当を参考にするると、2〜3ヶ月分とうことなので、1041.6万円にプラスすると約1215.2万円〜1302万円ぐらいになります。

香川武文氏の予想される年収は約1215.2万円〜1302万円と思われます。

香川武文/志木市長選挙の選挙の実績や評判は?

香川さんの実績としては、新たなまちづくりのスローガン「“市民力”再発見!夢と未来を語れる ふれあいあふれる志木」を掲げています。

市民にも分かりやすい「3つの基本理念、5つの行動指針、7つの柱」を基本とした「まちづくり35の実行計画」では平成29年6月時点で32事項を達成されています。

掲げた目標の大事項を達成された香川さんの評判は市民の皆様に笑顔、気配り、変わらない姿勢で接してくれるそうです。

市民の方から感謝の手紙が届くとの事で香川さんの人柄が良いのが想像できます。

香川武文/志木市長選挙の選挙の公約は?

「市民力でつくる未来へ続くふるさと志木市」の実現に4つの戦略に基づく「まちづくり新35」を展開し「志木市にずっと住み続けたい、住んでみたい」と思ってもらえるようなまちづくりを目標にしているそうです。

4つの戦略プロジェクト

➀市民の健康づくりプロジェクト
➁子育て世代定住プロジェクト
➂暮らしやすさ向上プロジェクト
➃魅力発信プロジェクト

上記のような施策に全力で取り組んでいきたいと香川さんは語っています。

香川武文/志木市長選挙の選挙の立候補した理由は?

新型コロナウイルス等の不安定な状況の中で幾多の課題や岐路を前に途中で投げだすことなく「安心して暮らせる市民生活を守り抜き」、コロナに負けない「元気で活気あふれる志木市を取り戻す」こと、胸を張って後世に引き継げる志木市の実現に向けて舵取り役としての使命を果たしたいとの決意を語っています。

香川武文/志木市長選挙の選挙結果は?

2021年の選挙結果はまだ出ていませんが、参考までに過去の志木市長選挙結果を紹介します。

2013年に志木市長に初当選されたときの投票率が42.75%で、2期目の投票率は33.45%でした。

あまり高い数字とは言えませんが、対立候補がいる中で当選されるのは相当な実力があると思われます。

香川武文/志木市長選挙の引退の可能性は?

今のところ、香川武文氏の引退に関する情報は見当たりませんでした。

未来の実現に向けて日々発信している香川さんから引退の可能性は低いと予想されます。

まとめ

「有言実行」の言葉が似合う香川武文氏。

老若男女まんべんなく力を注いでくれる姿に市民も安心して住むことができるのではないかと感じました。

今現在、新型コロナウイルスにより不安な毎日を誰もが感じていることだと思います。

その不安な日々の中で自分の住んでいる市長が安心できる方だとどれだけ心が救われることか。香川武文氏の今後にも注目です。