門田隆将の妻や息子は?経歴や年収も!

スポンサーリンク
人物

今回の記事では、門田隆将さんについて記事をまとめていこうと思います。

門田隆将さんの

  • 身長
  • 高校や大学
  • 年収
  • 家族

などの情報について記事をまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

門田隆将さんの経歴や学歴は?

門田隆将さんの経歴や学歴についてまとめていきます。

門田隆将さんの経歴は?

名前 門田隆将(かどたりゅうしょう)
生年月日 1958年6月16日
身長 不明
出身地 高知県
最終学歴 中央大学
職業 作家、ジャーナリスト

門田隆将さんは、大学卒業後に新潮社に入社し雑誌「週刊新潮」の出版に携わることになります。

週刊新潮では自信で連載を行い、またそれらを加筆した著書も刊行されており、ジャーナリストとして活躍されています。

また「甲子園への遺言」をはじめとする数々のノンフィクションの書籍も執筆され、作家としても精力的に執筆活動されています。

近年でも政治、経済、国際など様々な分野で言論を展開し、ジャーナリストとしての存在を放っています。

門田隆将さんの本名は?

門田隆将さんの本名は、門脇護(かどわきまもる)です。

「門田」と「門脇」が少し似てますね。

門田隆将さんの学歴は?

門田隆将さんの学歴についてまとめました。

門田隆将さんの出身高校は?

門田龍昇さんは高知県にの土佐中学・高等学校を卒業されています。

土佐中学・高等学校は、中高一貫教育の私立の学校であり、高知県高知市に所在を置きます。

高等学校では、外部から進学してきた編集組を「NP」(New Power)、中学からの生徒は「OP」(Original Power)と呼ばれる、ちょっと変わった学校です。

この学校を卒業された著名人は数多く、歌手、作家、学術者、政治家、経済家、スポーツ選手、アナウンサーなど多岐にわたります。

門田隆将さんの出身大学は?

門田隆将さんは中央大学を卒業されています。

中央大学は東京都の複数個所にキャンパスを置く大学です。門田さんが所属していた法学部は茗荷谷キャンパスになります。

中央大学は、複数の法律家によって設立された法学部を軸とした大学です。

そのため、中央大学法学部は偏差値が60以上の高いレベルの学部であり、難関大学と言えます。

門田隆将さんの仕事は?

門田隆将さんは、作家、ジャーナリストを主な仕事としています。

作家としては、主にノンフィクション作家として執筆を行っており、これまでに文化庁芸術祭賞や山本七平賞などの賞を受賞するだけでなく、「甲子園の遺言」などはテレビドラマ化もされており、一流作家と言えます。

ジャーナリストという肩書も持つためか、作品の中には「裁判」「戦争」「事件」「政治」といったジャンルの作品が数多く見られます。

ジャーナリストとしては、政治や国際、事件などについて数多くの持論を展開したことがあり、それが原因で訴訟に発展した事例が複数あります。

門田さんの持論は決して、万人向けという発言ではなく、自己の主張を貫く発言だったことがうかがえますね。

門田隆将さんの家族は?

門田隆将さんは既婚者です。門田さんは新潮社に在籍している間に、現在の奥様と出会い結婚されています。

少し面白い話ですが、門田さんは結婚指輪をしないことで有名です。この理由は、というと、ジャーナリストという職業であるため、取材先によっては身の危険が及ぶことも可能性としてあり、その際に結婚指輪があると家族構成を調査されることがあるため、ということです。

何とも門田さんらしい持論ですね。

お子さんがいるかについて調べてみましたが、残念ながらその情報はみつかりませんでした。

門田隆将さんの年収や月収は?

門田隆将さんの年収や月収に関する情報は見つかりませんでした。

ジャーナリストや作家の年収を調べてみても、年収等に関しては一概に言えるものではありませんでした。

しかし、新潮社の年収を調べてみると、平均で700万円程度ということが分かりました。

門田さんはそこから独立し、ジャーナリストとしてだけではなく、作家としても数々の名作をの残していることから、1000万円は軽く超えていることが予想されます。

まとめ

今回の記事では、門田隆将さんについて記事をまとめてみました。

門田隆将さんは新潮社から独立した、ジャーナリストおよびノンフィクション作家として活躍する男性です。

作家としては数々の受賞作品を生み出していることから、今後もたくさん名作を生み出していくことでしょう。

門田さんの今後の活躍に期待できますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物