十中大雅/久留米市長の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う久留米市長選挙(2022年1月16日告示、2022年1月23日投開票)に福岡県議会議員の十中大雅氏が立候補する意向を表明されましたので十中氏に関する情報をまとめていいます。

十中大雅氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

十中大雅/久留米市長の経歴は?

名前 十中大雅(じゅうなかだいが)
生年月日 1953年7月11日
出身地 福岡県久留米市
最終学歴 福岡大学卒業(学部不明)
職業(前職) 福岡県議会議員(副議長)
趣味 ソフトボール

十中氏は福岡大学を卒業後、当時参議院議員であった古賀雷四郎氏の秘書となります。

その後1983年の久留米市議会議員選挙に当選後、2005年まで久留米市議として務められ議長や監査委員などを歴任します。

その後2007年から2021年までは福岡県議員として務めておられます。

長年にわたって政治家として地元のために活動してこられた十中氏ですが、今回の久留米市長選挙へは初出馬となります。

十中大雅/久留米市長の学歴は?

十中大雅氏の学歴は、南筑高等学校卒福岡大学卒となります。

福岡大学の何学部を卒業されているのかについての情報は見つかりませんでした。

出身高校は?

南筑高等学校は福岡県久留米市にある公立高校で、2022年には創立100周年を迎える歴史ある学校です。

学科は全日制の普通科のみですが、特別進学クラス選択進学クラススポーツキャリアクラスと分かれており、各クラスによって独自の教育や進学支援が行われています。

また部活動においてはソフトテニス部が有名で、県大会出場などの実績があります。

出身大学は?

福岡大学は福岡県福岡市に本拠を置く私立大学で、1949年に設置されました。

人文学部法学部経済学部商学部理学部工学部医学部薬学部スポーツ科学部9学部で構成されており、西日本では最大級の規模をもつ私立の総合大学となっています。

また学生の多くが九州地方出身者となっており、就職先としては警察官や自衛官、消防官などが多いようです。

スポンサーリンク

十中大雅/久留米市長の家族は?

十中大雅氏の家族に関する情報は見つかりませんでした。

ただ十中氏は現在60代後半ですので、もしご結婚されていてお子さんもいらっしゃればお孫さんがいてもおかしくないですね。

十中大雅/久留米市長の年収は?

十中大雅氏の年収について調べてみました。

福岡県の公式サイトによると福岡県議会議員(副議長)の年収は以下の通りになります。

月給:98万円×12ヶ月=1176万円
期末手当:333万2000円
年収:1176万円+333万2000円=1509万2000円

上記より、十中氏の年収は約1500万円と推測されます。

十中大雅/久留米市長の実績や評判は?

十中大雅氏の実績についてですが、主に地域経済の活性化福祉の充実災害対策に力を入れてこられたようです。

・久留米農産物のブランド化やバイオ産業の創出・育成
・子育て支援、高齢者の雇用創出
・渇水対策などの治水事業の推進

災害対策工事の現場などへも直接足を運んでおられるようで、現場の声を形にすることを重要視している印象を受けます。

十中大雅/久留米市長の公約は?

十中大雅氏の公約について、以下に簡単にまとめてみました。

・コロナ対策からアフターコロナへ
・災害に強いまちづくり
・幼児教育の充実と義務教育のレベルアップ
・持続性のある街でSDGs実現を目指す
・道路ネットワークの整備

幼児教育の充実やまちを挙げてSDGsに取り組もうとしている点など、上記の公約が実現すれば久留米市が先進的なまちとなりそうですね。

十中大雅/久留米市長の立候補した理由は?

十中大雅氏が今回の久留米市長選挙へ立候補した理由について、以下のように述べられています。

「久留米のリーダーの役割を担いたい。副議長や県議の辞職について各方面の理解を求めたい」
引用元:https://www.nishinippon.co.jp/item/n/829731/

十中氏は現在、福岡県議会議員で副議長も務められている立場です。
したがって、県議を辞職しての市長選への出馬は賛否が分かれるところとなっているようです。

今回のこの十中氏の決断が良い方向へ向かうことを期待したいですね。

十中大雅/久留米市長の選挙結果は?

さて、ここでは十中大雅氏のこれまでの選挙結果についてまとめていきます。

まず1983年に行われた久留米市議会議員選挙への初出馬で初当選を果たします。

その後2007年まで20年以上にわたって久留米市議を務められ、市議会議長監査委員も歴任します。

そして、2007年4月8日の福岡県議会議員選挙へ新人として出馬し、見事当選。
その後も2011年、2015年、2019年と4期にわたり安定して連続当選しています。

久留米市議20年、福岡県議14年という経歴は素晴らしいですね。

十中大雅/久留米市長の引退の可能性は?

十中大雅氏の引退の可能性について調べてみましたが情報は見つかりませんでした。

しかし十中氏は年齢こそ60代ではありますが、これまで市議会議員県議会議員と長年にわたって務めてこられ、今回初めて市長選挙への出馬となっています。そのため十中氏の地方政治への志や向上心はまだまだ高く、引退の可能性は低いのではないかと考えられます。

まとめ

十中大雅氏は40年近くも福岡県や久留米市の政治に携わってこられ、議長なども歴任しています。
この経験や実績は十中氏の強みですね。

福岡県議会議員、さらには副議長という立場上、県議を辞職しての今回の選挙への出馬は混乱をきたしてしまったようではありますが、市長選への出馬意欲の高さとも捉えられます。

ぜひ今回の決断が良い結果となることを期待したいですね。